199件中 111 - 120件表示
  • 核兵器

    核兵器から見たイスラエル

    核兵器保有が確実視されている国 - イスラエル(疑惑国と分類する場合もある)核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見た中華人民共和国国土資源部

    中華人民共和国国土資源部中国地質調査局は、公式ウエブサイトに2015年9月6日付けで、『ずたずたになった山河、ちりぢりにされた金――歴史資料から見た地質分野における日中戦争』と題して、「1939年から1940年、日本は中国の遼寧省鞍山市海城地区でウラン鉱を発見し、その後日本で核兵器を製造して実験を進め、ウラン鉱の盗掘と東京への空輸を始めた。」ということを掲載している。核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見たラテンアメリカ及びカリブ核兵器禁止条約

    また、ある地域において核兵器の実験・使用・製造・生産・取得・貯蔵・配備等を禁止する条約が締結されることがあり、この条約を結んだ地域は非核地帯と呼ばれる。こうした非核化条約の嚆矢となったのは1967年にメキシコシティでラテンアメリカ諸国によって締結されたラテンアメリカ及びカリブ核兵器禁止条約(トラテロルコ条約)であり、以後1985年には南太平洋非核地帯条約(ラロトンガ条約)がオセアニア諸国間で、1995年には東南アジア非核兵器地帯条約(バンコク条約)が東南アジア諸国間で、1996年にはアフリカ非核兵器地帯条約(ペリンダバ条約)がアフリカ諸国間で、そして2006年には中央アジア非核兵器地帯条約(セメイ条約)が中央アジア諸国間でそれぞれ締結され、南半球を中心に広大な非核地帯が地球上に広がることとなった。核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見たファットマン

    世界初の原子爆弾の実使用は、1945年8月6日午前8時15分に広島に対して濃縮ウラン型原爆リトルボーイのB-29(エノラ・ゲイ)からの投下で実行された。ついで1945年8月9日午前11時2分には長崎に対してプルトニウム爆縮型原爆ファットマンがB-29(ボックスカー)から投下された。核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見た核爆発

    核兵器の大量使用の後には、地表は放射性物質で汚染され、また放射性物質を含む灰(放射性降下物)が降ることになる。巻き上がった灰によって日光が遮られ、地表の気温が低下し、植物が枯れ、人間が生存できない環境になることが指摘された。このような状態は核の冬と呼ばれる。この核の冬を生き延びるための手段は用意されなかった。爆心からある程度離れた地点で、核爆発時の熱、爆風、放射線を逃れ、核爆発後の放射能の減衰を待つための核シェルターと呼ばれる地下施設が考案されたのみである。このように核兵器を使用すること自体が人類の絶滅に直結するため、核兵器の使用につながる戦争を抑止できるとされる。核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見た連鎖反応 (核分裂)

    この時代で原爆開発を組織的に最も推進できたのはアメリカ合衆国であった。当時のアメリカにはドイツのナチスのユダヤ人迫害から逃れてアメリカに移民した優秀な科学者が大勢おり、その一人のレオ・シラードが1939年8月にアインシュタインの署名を得て、ルーズベルト大統領に核連鎖反応の実現への協力とヒトラーの核保有の危険性を訴える手紙を送った。これがアメリカの原爆開発に至る最も早いきっかけとなった。その後、1941年10月にウラン爆弾が実現可能であることを伝える報告書がイギリスのMAUD委員会からもたらされ、1942年6月に原子爆弾の秘密開発プロジェクト、マンハッタン計画が開始された。核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見た機関紙

    1945年8月12日、日本軍は小型の船艇に核弾頭を載せ、咸興(ハムフン)沖で爆破すると直径1?の火球が天空に燃え、巨大なキノコ雲が上ったということをロシア政府系通信社スプートニクが報じている。また、朝鮮民主主義人民共和国の指導政党である朝鮮労働党中央委員会の機関紙「労働新聞」も、2018年2月9日付の『U.S. Is Chief Culprit of Nuclear Proliferation』(米国は核兵器拡散の主犯)の題する記事に、「日本は、敗戦直前まで咸興の興南沖水域で核爆発実験を実施して捨てばちの努力をした、将来核犯罪を犯す予備軍である。」ということを記している。核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見たミサイル

    核兵器は核分裂を主とする原子爆弾と核融合を主とする水素爆弾の大きく二つに分類される。原子爆弾は大威力化に限界があり、水素爆弾の方が最大威力は大きくすることができる。また、兵器の形態としても、開発当初は大型航空爆弾のみであったが、プルトニウム型の場合高度な製造技術を必要とする反面、小型化が可能でありミサイルや魚雷の弾頭、砲弾までも様々なものが開発されている。核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見た中央アジア非核兵器地帯条約

    また、ある地域において核兵器の実験・使用・製造・生産・取得・貯蔵・配備等を禁止する条約が締結されることがあり、この条約を結んだ地域は非核地帯と呼ばれる。こうした非核化条約の嚆矢となったのは1967年にメキシコシティでラテンアメリカ諸国によって締結されたラテンアメリカ及びカリブ核兵器禁止条約(トラテロルコ条約)であり、以後1985年には南太平洋非核地帯条約(ラロトンガ条約)がオセアニア諸国間で、1995年には東南アジア非核兵器地帯条約(バンコク条約)が東南アジア諸国間で、1996年にはアフリカ非核兵器地帯条約(ペリンダバ条約)がアフリカ諸国間で、そして2006年には中央アジア非核兵器地帯条約(セメイ条約)が中央アジア諸国間でそれぞれ締結され、南半球を中心に広大な非核地帯が地球上に広がることとなった。核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見た地下核実験

    核実験の制限には、1963年の部分的核実験禁止条約があるが、地下核実験を含め禁止する1996年の包括的核実験禁止条約 (CTBT) は、2010年現在でも発効していない。ただし臨界前核実験はいずれの条約でも禁止されていない。核兵器 フレッシュアイペディアより)

199件中 111 - 120件表示

「核兵器」のニューストピックワード