161件中 71 - 80件表示
  • 核兵器

    核兵器から見た遠心分離

    ウラン濃縮には大電力を消費する遠心分離法ではなく、レーザー法では低消費で済むという見方もあるが、核先進国のフランスでは今でも遠心分離法を採用しているため、レーザー法の消費電力の真偽は不明である。仮にレーザー法が低消費であっても、高度技術の導入が必要なのは確かである。この方法は実験室では可能であることが証明されているが、兵器の工業的生産手段としての量的な実用性に欠ける。核兵器の大量生産はできない。なお、天然ウラン中のウラン235はわずか0.7%であり、兵器用には少なくとも80%以上(濃縮率)、実用的には90%が望ましい。他方発電燃料の濃縮率は3%から5%であり、濃縮の程度等根本的に異なり、全くと言ってよいほどの別物である。この濃縮率の大きな違いは特定国家のウランの核技術研究開発が平和目的であるか、軍事目的であるかを知る上で大切である。核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見た中性子

    1930年代、中性子による原子核の分裂が連鎖的に行われれば、莫大なエネルギーが放出されると仮説が立てられていた。1939年にウランによる核分裂の連鎖反応が実験実証されると各国で原子炉の開発が開始された。当初は必ずしも兵器目的ではなかったが、この年の9月に第二次世界大戦が勃発すると、核分裂の巨大エネルギーを兵器として利用する原子爆弾の可能性が活発に議論されることになる。原爆の秘密裏の検討は連合国側・枢軸国側ともに行われていたとされる。核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見たイラン

    核兵器保有または開発の疑惑国 - イラン、シリア、ミャンマー核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見た在日本アメリカ合衆国大使

    1958年に山田久就外務事務次官は「防御的な」核兵器を保有するオプションについて外務省内で検討していると在日本アメリカ合衆国大使のダグラス・マッカーサー2世に伝えていた。この核兵器はソビエト連邦からの侵攻に対する備えとして地対空ミサイルに搭載するとされていた。大使はジョン・フォスター・ダレス国務長官への電報において、日本世論の強い反核感情を考慮すると首相の岸信介と外相の藤山愛一郎は現時点では政策の変更をする段階にないだろうとコメントしている。核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見たユダヤ人

    この時代で原爆開発を組織的に最も推進できたのはアメリカ合衆国であった。当時のアメリカにはドイツのナチスのユダヤ人迫害から逃れてアメリカに移民した優秀な科学者が大勢おり、その一人のレオ・シラードが1939年8月にアインシュタインの署名を得て、ルーズベルト大統領に核連鎖反応の実現への協力とヒトラーの核保有の危険性を訴える手紙を送った。これがアメリカの原爆開発に至る最も早いきっかけとなった。その後、1941年10月にウラン爆弾が実現可能であることを伝える報告書がイギリスのMAUD委員会からもたらされ、1942年6月に原子爆弾の秘密開発プロジェクト、マンハッタン計画が開始された。核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見た日米核持ち込み問題

    日本は日米安保条約に基づきアメリカによる核の傘を提供されている。また非核三原則の一つである「核兵器を持ち込ませず」については検証する手段がなく、日米両政府は秘密裏に核兵器持ち込みを認めていたこともわかっている(日米核持ち込み問題)。核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見たチューレ空軍基地米軍機墜落事故

    冷戦期には核兵器管理に関連してブロークン・アロー(核兵器の紛失事故)も問題となった(パロマレス米軍機墜落事故やチューレ空軍基地米軍機墜落事故を参照)。核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見た魚雷

    核兵器は核分裂を主とする原子爆弾と核融合を主とする水素爆弾の大きく二つに分類される。原子爆弾は大威力化に限界があり、水素爆弾の方が最大威力は大きくすることができる。また、兵器の形態としても、開発当初は大型航空爆弾のみであったが、プルトニウム型の場合高度な製造技術を必要とする反面、小型化が可能でありミサイルや魚雷の弾頭、砲弾までも様々なものが開発されている。核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見たスイス

    過去の核兵器開発国 -日本(大日本帝国)、ドイツ(ナチス・ドイツ)、中華民国、大韓民国、イラク、スイス、スウェーデン、ブラジル、アルゼンチン、リビア核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 核兵器

    核兵器から見た反核運動

    核兵器の恐怖や核戦争のリスク、放射線による殺傷の残酷さなどは知識人、作家、政治家、政治活動家、一般市民など多くの人々の関心を呼んだ。そのため反核運動が生まれた。一方で、核兵器を廃絶することで通常兵器による戦争が誘発されるため、平和のために核抑止力を維持すべきとの主張もみられる。核兵器 フレッシュアイペディアより)

161件中 71 - 80件表示

「核兵器」のニューストピックワード