前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示
  • 塀内久雄

    塀内久雄から見た根元俊一根元俊一

    2008年、2年ぶりの本塁打を放ったものの、根元俊一や田中雅彦の台頭により40試合の出場にとどまり、打率も.153と下げてしまった。また、8月12日のオリックス戦(京セラドーム大阪)では、6回表にサブローの適時二塁打で、三塁走者としてホームインする際に、折れたバットが頭を直撃して怪我を負い、担架で運ばれ16針縫った。また、秋季キャンプ中の11月7日には外野でキャッチボールをしている最中に打球が頭を直撃し頭蓋骨骨折している。塀内久雄 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ベイル

    ジョン・ベイルから見た根元俊一根元俊一

    も開幕直後は守護神として活躍していたが、5月13日の対千葉ロッテマリーンズ戦で大塚明への5球目を投じた時に雨で足を滑らせ左足内転筋を負傷した(代わった林昌樹が福浦和也にサヨナラ安打を打たれ敗戦。根元俊一の項参照)。そのため、永川勝浩が代わりに守護神を務めることになった。怪我からの復帰後は先発に戻り、まずまずの成績を残すも、長期離脱と高年俸100万ドルがネックとなり10月18日に戦力外通告を受ける。ジョン・ベイル フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の日本プロ野球

    2012年の日本プロ野球から見た根元俊一根元俊一

    千葉ロッテマリーンズの根元俊一の背番号を32から2に変更。2012年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺正人

    渡辺正人から見た根元俊一根元俊一

    根元俊一が遊撃手に定着したこともあり、自己最少の2試合の出場にとどまった。10月7日に戦力外通告を受けた。渡辺正人 フレッシュアイペディアより)

  • 野村克則

    野村克則から見た根元俊一根元俊一

    は正捕手・藤井彰人に次ぐ2番手捕手として先発出場の機会を増やし、オールスターゲームにもノミネートされるが、ファン投票最終結果で4位となり出場は果たせなかった。当初はも現役続行を希望していたが、同年9月28日に二度目の戦力外通告を受けた。これを機に現役引退を表明し、同年10月1日の対千葉ロッテマリーンズ戦(フルキャストスタジアム宮城)で引退試合が行われた。この試合に捕手として先発出場し、打撃面では安打を記録したが、守備面では6個の盗塁(平下晃司・西岡剛・サブロー・青野毅:各1、根元俊一:2)を全て許してしまうなど散々な内容の引退試合となった。試合後、同じく現役引退を表明した飯田哲也と共にセレモニーが実施され、チームメイトから胴上げをされた。野村克則 フレッシュアイペディアより)

  • Good Coming

    Good Comingから見た根元俊一根元俊一

    「桜、咲き誇れ」-千葉ロッテマリーンズ 根元俊一選手使用Good Coming フレッシュアイペディアより)

  • 乾真大

    乾真大から見た根元俊一根元俊一

    初奪三振:同上、3回裏に根元俊一から空振り三振乾真大 フレッシュアイペディアより)

  • 星野大地

    星野大地から見た根元俊一根元俊一

    初奪三振:2013年6月30日、対千葉ロッテマリーンズ12回戦(QVCマリンフィールド)、7回裏に根元俊一から空振り三振星野大地 フレッシュアイペディアより)

  • 田中雅彦

    田中雅彦から見た根元俊一根元俊一

    ''には、オープン戦での好調を買われて、自身初の開幕一軍入りを果たした。この年の捕手陣は、一軍で里崎智也と橋本将を併用していたため、故障で離脱した中盤戦を除いて3番手捕手として一軍に帯同。二塁・三塁の守備要員や、代走としても出場した。打撃面では、前半戦こそ不調だったが、北京五輪期間中に根元俊一との併用で1番打者を任されるほどの成長を見せた。田中雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本シリーズ

    2010年の日本シリーズから見た根元俊一根元俊一

    内野手:2今岡誠、6井口資仁、7西岡剛、8今江敏晃、9福浦和也、16塀内久雄、32根元俊一、40渡辺正人、52金泰均、58青野毅、59細谷圭2010年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
26件中 1 - 10件表示

「根元俊一」のニューストピックワード