68件中 31 - 40件表示
  • 根元俊一

    根元俊一から見た高濱卓也

    は、ルーキーの中村奨吾の加入や高濱卓也の台頭により、出場機会はさらに減少した。打率は前年より持ち直したもが、守備では一塁手や指名打者での出場が多くなり、62試合の出場に終わった。根元俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 根元俊一

    根元俊一から見た塀内久雄

    は井口資仁の入団で出番が減少し、井口や西岡の負傷離脱時も結果を残すことが出来ず打率.174に終わり、西岡離脱の穴を埋めた早坂圭介やこの年初めて3割を記録した塀内久雄に多少遅れをとってしまった。守備面でもイップスを発症し安定した送球ができなくなり、克服のための苦難が始まった。根元俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 根元俊一

    根元俊一から見たONE☆DRAFT

    「ワンダフルデイズ」ONE☆DRAFT(2010年)根元俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 根元俊一

    根元俊一から見た花咲徳栄高等学校

    花咲徳栄高で3年時に主将としてチームを牽引し第83回全国高等学校野球選手権大会に出場。また、高校生時代はチームのキャプテンであるだけではなく、学校の生徒会長でもあった。根元俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 根元俊一

    根元俊一から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    は春先から好調を維持。4月13日の対北海道日本ハムファイターズ戦では、10回裏に武田久からプロ入り初のサヨナラ安打を放った。また、7月11日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で、球団新記録となるチーム今季4本目のランニングホームランを放ち、こちらも球団新記録となる高卒ルーキー5勝目をあげた唐川侑己と共にヒーローインタビューを受けた。打率は3割台前半を推移していたが、8月に調子を落とし、最終的には打率.296と3割を切ってしまった。しかし、110試合に出場し、プロに入ってからは最高となる成績を収めた。なお、この年から2010年まで姓が同じ読みの根本朋久が在籍したため、「ねもとしゅんいち」とアナウンスされている(スコアボード表記は「根元」のまま。千葉マリンスタジアムでのベンチ入りメンバー紹介の時だけ「根元俊」と表記。ちなみに根本朋久は「根本朋」と表示される)。根元俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 根元俊一

    根元俊一から見た埼玉西武ライオンズ

    8月21日の対西武戦で、牧田和久から自身3年ぶりのサヨナラ安打を放った。根元俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 根元俊一

    根元俊一から見た千葉ロッテマリーンズ

    根元 俊一(ねもと しゅんいち、1983年7月8日 - )は、東京都西多摩郡瑞穂町出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。千葉ロッテマリーンズ所属。根元俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 根元俊一

    根元俊一から見た広島東洋カープ

    初先発出場:2006年5月12日、対広島東洋カープ1回戦(千葉マリンスタジアム)、9番・二塁手で先発出場根元俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 根元俊一

    根元俊一から見た日本大学

    東北福祉大学へと進学して、の第53回大学野球選手権で1番打者として優勝に大きく貢献した。6月16日の決勝戦では日本大学の先発・那須野巧から3打数1安打という成績を残している。根元俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 根元俊一

    根元俊一から見たイースタン・リーグ

    は5月10日に初めて一軍に昇格し、5月11日に代走で初出場。5月12日に「9番・二塁手」で初めてスタメン出場を果たし無安打だったが、5月13日は休養の西岡剛に代わり「1番・遊撃手」でスタメン出場。この日も4打数無安打だったが、10回裏二死二塁の場面でプロ初安打よりも先にプロ初敬遠を記録する珍しい事態が発生した(試合は福浦和也がサヨナラ安打を放ち勝利)。5月14日に黒田博樹からプロ初安打を放った。最終的には31試合に出場するも打率1割台、三振率は4割を超えるなど結果を残せず、昇格してからちょうど1か月後に二軍落ちした。二軍では左方向への安打を量産し、打率.343でイースタン・リーグ首位打者を獲得し、1年目から二軍の主力選手として活躍した。二塁打24本も同リーグ1位。11盗塁を決めたが盗塁失敗12回も記録した。5月25日の阪神タイガース戦で、3-2と1点リードの9回表無死三塁のピンチで、4番・金本知憲のセンター前に抜けるような当たりを前進守備ながらもダイビングキャッチで好捕し、一塁に送球する前にずれた帽子を一瞬で直すという新人離れの余裕を見せた(根元自身は無意識だったと話している)。このプレーが相手に傾きかけた流れを阻み、試合に勝利した(このプレーは好プレーなどプロ野球の好珍プレー番組で何度か紹介された)。5月27日の対巨人戦では代走から途中出場し、10回表無死一塁で打席についた。ここで、ボビー・バレンタイン監督からバスターエンドランを指示されると、福田聡志が低めに投じたストレートをセンター前に弾き返し、直後の福浦の決勝適時打を呼び込んだ。本人の最も印象に残っている試合・プレーとしてあげている1。根元俊一 フレッシュアイペディアより)

68件中 31 - 40件表示