前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
132件中 1 - 10件表示
  • 恒心

    恒心から見た格差社会格差社会

    世界中で急激な信用収縮が発生して、日本では平成20年代から人口減少社会に入り、就職氷河期が再来して、派遣切りなど非正規雇用者の解雇が相次ぎ、ゆとり世代の新卒者の就職率も低下した。格差社会が問題となり、小泉内閣の聖域なき構造改革などの新自由主義政策への批判もあった。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た格差社会格差社会

    世界中で急激な信用収縮が発生して、日本では平成20年代から人口減少社会に入り、就職氷河期が再来して派遣切りなど非正規雇用者の解雇が相次ぎ、ゆとり世代の新卒者の就職率も低下した。格差社会が問題となり、小泉内閣の聖域なき構造改革などの新自由主義政策への批判もあった。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 聖・ポール・武藤

    聖・ポール・武藤から見た格差社会格差社会

    彼は、格差社会に喘ぐ者、鬱病患者、および自殺者の守護聖人である。聖・ポール・武藤 フレッシュアイペディアより)

  • 過少消費説

    過少消費説から見た格差社会格差社会

    この学説を根拠に、近年の日本の大企業は労働者にリストラや賃金の抑制を強いたり、派遣労働や中小企業・下請け企業への過度のコスト削減圧力を推し進める事により、一時的に商品の販売価格が抑えられて消費が回復して業績が回復が図れるものの、アメリカのように格差(格差社会)が拡大することにより消費は抑制され、やがては不景気が長く続いて経済は長期低迷に陥るだろうと危惧する識者もいる。過少消費説 フレッシュアイペディアより)

  • キーボードウォリアー

    キーボードウォリアーから見た格差社会格差社会

    各国のメディアでは、騒ぎの発端は米国産牛肉の輸入緩和によるものだが、格差社会に募る不満を利用したアジテーター達によって、多種の問題を複合的に重なり合わしていると見ている。キーボードウォリアー フレッシュアイペディアより)

  • 人材サービスゼネラルユニオン

    人材サービスゼネラルユニオンから見た格差社会格差社会

    ワーキングプア、ネットカフェ難民という格差社会の後押しをした派遣法改正は、派遣会社によって「労働賃金を3〜4割ハネる」ことを正当化させ、派遣業の跳梁跋扈を促進させることになった。急増する派遣労働者による組合活動資金増収の可能性に目を付けたUIゼンセンは、JSGUという名ばかりの「労働組合」を結成することで、これら派遣業界の違法・不当な行為に手を貸し、組織の集金力拡大を自己目的化した。結果的には格差社会という歪みを派遣業界経営陣と両輪の輪のごとく共謀して推進させたという誹りはまぬがれないだろう。人材サービスゼネラルユニオン フレッシュアイペディアより)

  • トンヒルのクソの役にも立たないラジオ!

    トンヒルのクソの役にも立たないラジオ!から見た格差社会格差社会

    この番組は自称『格差社会の風雲児』ことトンヒルが色々な事に物申したり、様々な事に挑戦したりする10分間のトークバラエティ番組として11月から10月まで2年間放送した。トンヒルのクソの役にも立たないラジオ! フレッシュアイペディアより)

  • 社会階層

    社会階層から見た格差社会格差社会

    日本ではバブル崩壊以前の時期、少なくとも高度成長期からその後の安定成長期までは、GDPはほぼ毎年増大し、社会が豊かになっていったため、人々が将来への希望を持ち、政治や社会への不満につながりにくかったと言われている(今田参照)。欧米各国では大都市部の貧困層の若者が右翼化しネオナチ支持や右翼政党の台頭につながった。最近は、日本でも東京都知事選挙などにおいて、右翼的人物が大量得票を得るようになった。これは、格差が拡大すると、都市部貧困層の不満が右翼支持として表れるという、先進諸国でよく見られる社会現象と言ってよい。しかし自民党は、農村部への利益配分を増やすことにより格差社会に対応しようという姿勢が強く、都市部貧困層への配慮は少ない。麻垣康三すべてが農村部選挙区から出ていることを見れば分かるように、自民党有力者の多くは、農村部を支持基盤としているからである。戦後日本の総理大臣は、小泉純一郎以外は、ほぼ全てが農村部の選挙区出身である。米国でも、最近の大統領はすべて南部から出ている。共和党は主に、農村部や産業化の遅れた南部が支持基盤であるように、先進諸国で地域間対立も強くなっている。つまり、職業を基準とした階層間対立だけでなく、地域間対立も、社会学において重要な研究対象となっているのである。社会階層 フレッシュアイペディアより)

  • DeSeCo

    DeSeCoから見た格差社会格差社会

    グローバル化に伴う持続可能な経済成長を求める反面、自然環境や社会環境に及ぼす影響とともに、格差社会の増大をもたらす不安に繋がった。この課題を受け止めると、教育への取組みに高い関心が持たれるのは必然的なことで、国際機関を初めとする教育機関は、教育分野の国際比較及び指標作成に努め、個々の国では積極的に教育調査を実施した。これら教育調査の指標は、自国内における生徒の知識や技能の発達概念を測定しているものであり、国際的に比較することによって、学校教育の方向性等に反映するものである。国際調査の結果、従来通りのカリキュラムを基礎にした知識や技能のみでは、人間的、社会的発達あるいは経済的な活動にとって十分な教育結果をもたらしていない事も認められてきた。DeSeCo フレッシュアイペディアより)

  • 奥谷禮子

    奥谷禮子から見た格差社会格差社会

    格差社会を批判する意見そのものを「甘え」と否定する一人である(後述の「週刊東洋経済インタビュー騒動」参照)。2006年10月24日に開催された第66回労働政策審議会労働条件分科会に使用者側の委員として参加し、過労死の問題について、「自己管理の問題。他人の責任にするのは問題(=自己責任論)」「労働組合が労働者を甘やかしている」と発言し、さらに週刊東洋経済のインタビューで「労働基準監督署も不要」「祝日もいっさいなくすべき」と発言し論議を呼んだ。奥谷禮子 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
132件中 1 - 10件表示

「格差社会」のニューストピックワード