117件中 91 - 100件表示
  • 朝日大学

    朝日大学から見た格差社会格差社会

    世界同時不況以降、急激に景気後退が進む中、経済的理由で歯学部進学を諦める若者をなくすため、その門戸を広げようと2011年度から学費の大幅減額改定を実施した。学費改定は、学校法人の健全な経営基盤を背景にしたもので、新入生だけでなく在学生にも適用され、姉妹校の明海大学と並び、私立歯科大学の中で最も低い学費を実現している。また、格差社会の到来にいち早く対応し、全国の大学に先駆け2007年度より法学部・経営学部入学生を対象に、アメリカなどで長年制度化されている、経済的な理由により大学進学が困難な学生に対して援助する奨学金 (needs-based grant)「修学支援奨学金制度」を導入。他にも、学業奨励奨学金(高校在学中の成績優秀者対象)・スポーツ奨励奨学金(高校在学中、スポーツで活躍した学生対象)がある。どの奨学金も返還不要であることに加えて、給付人数に上限を設けていないという特長がある。朝日大学 フレッシュアイペディアより)

  • トーキョーN◎VA

    トーキョーN◎VAから見た格差社会格差社会

    行政は住民を押し付けはしても福利厚生はほとんど行わない。行政サービスに代わるものとして企業がさまざまな福利厚生を有償で行っている。金がないと最低限の生命維持も行えない格差社会である。トーキョーN◎VA フレッシュアイペディアより)

  • サタデー・ナイト・フィーバー

    サタデー・ナイト・フィーバーから見た格差社会格差社会

    ニューヨークの、ブルックリン橋をへだてただけの、庶民的な町であるブルックリンと、華やかな都会的な町マンハッタンとが対比して描かれており、単なる娯楽映画ではなく当時のアメリカの格差社会を風刺した映画でもある。サタデー・ナイト・フィーバー フレッシュアイペディアより)

  • 竹中平蔵

    竹中平蔵から見た格差社会格差社会

    郵政民営化など、竹中が進めた経済政策について、「アメリカのいいなりの経済政策を行っている」(対米従属)という批判に対し、竹中は「民間でできることは民間でやることが国民や国全体のためになるという思いでやっている」(官から民へ)、「アメリカのためにやるなどと考えたこともない」などと答弁した。また、「規制緩和で既得権を失う人たちが、私のことを憎いと思って、そういう感情的なレッテルを無理矢理貼っている。これは抵抗勢力の常套手段です」とも発言している。ノーベル賞経済学者ジョセフ・E・スティグリッツから寄せられた批判では、ワシントン・コンセンサスの実現によって「格差社会」が世界中に広がっているとされ、その中で竹中の経済政策も槍玉に挙げられた。竹中平蔵 フレッシュアイペディアより)

  • ゴッサム・シティ

    ゴッサム・シティから見た格差社会格差社会

    様々な犯罪組織が暗躍し、主人公であるバットマン自体が自警団的な活動をしている事からも伺えるが、シリーズほぼ全てにおいて治安状況は凄惨を極め、格差社会が激しくなっており、まさに犯罪都市と化している。治安維持を担っているのはゴッサム市警であるが、多発する犯罪に対し効果は薄く、同時に腐敗も多く起こっており正常に機能しているとは言い難い。原作『バットマン: イヤーワン』、同作品の実写映画化作品である『バットマン・ビギンズ』および続編の『ダークナイト』において、多くの警察官が賄賂で生計を立てる汚職警官であり、行政機関の上層部までもマフィアとの癒着で成り立っていると言う描写があり、治安は極めて深刻な状況にあると言える。登場人物の一人であるジェームズ・ゴードンはゴッサム市警所属であり、数少ない潔白の警察官である。さらに、ザ・バットマンではガーゴイルズのエリサ・マーザを元にしたキャラクターである刑事のエレン・インが登場しており、インもまたゴードンと同様にかつてエリサがそうであったように潔白で正義感溢れる刑事であり、後にゴードンの後継者となり本部長の跡を継いでいる。ゴッサム・シティ フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済史

    日本の経済史から見た格差社会格差社会

    2005年6月に商法が会社法に変わり、企業の透明性、社会的責任がより求められるようになり、上場企業はこれまで以上の株主を重視した経営が求められるようになった。契約社員、派遣労働に象徴される非正規雇用の低賃金労働者が増加した一方で、ヒルズ族が持てはやされたこともあり、格差社会が話題となった。好景気であるといわれていた東京でも低所得層が増加し、2006年末に東京都が実施した福祉保健基礎調査によると、年収500万円未満の世帯が初めて過半数を突破した。ただし、OECDの推計によると、2002年以降の景気回復により、貧困率は低下したという結果が出ている。日本の経済史 フレッシュアイペディアより)

  • 労働者派遣事業

    労働者派遣事業から見た格差社会格差社会

    派遣社員の状況については、退職した後の就業機会など希望して派遣社員としての働き方を選択する人間が多いとの調査結果もありはするが他に選択肢がないためやむにやまれず派遣社員となったケースも存在する。なお、厚生労働省『就業形態の多様化に関する総合実態調査』によると派遣社員を選択した理由として最も多かったのは「正社員として働ける会社が無かったから」であり、派遣社員の51.6%が「他の就業形態に変わりたい」と回答、うち91.6%は正社員を希望している。正規雇用が減少する中で、派遣社員の雇用が増えていることなどから、格差社会の元凶との指摘もさかんにされるようになっている。労働者派遣事業 フレッシュアイペディアより)

  • 安倍晋三

    安倍晋三から見た格差社会格差社会

    格差はいつの時代もあるわけであって、格差を全くなくすことはこれは不可能であろう」、「努力した人が報われる社会をつくっていく、汗を流した人、頑張った人が、知恵を出した人が報われる社会をつくっていかなければいけない」、「結果平等の社会をつくろうとは全く思っていない」、「格差においては、これは不公平、不公正な競争の結果であってはならないし、また、社会的にこれはやはり容認できないという格差であってはならない」、「格差が固定化されてはならない」と述べている。安倍晋三 フレッシュアイペディアより)

  • 大学通信教育

    大学通信教育から見た格差社会格差社会

    学費は、各大学によってまちまちであるが、一般的な私立大学の通学課程に比べると格段に安い。大学通信教育は現時点では「生涯学習」という性格が強いが、日本の格差社会化、そして所得水準の低下などで子弟に対する学費負担が重くなり大学の通学課程での高等教育を受けられない層の増加が懸念される中、学費が低廉な通信教育課程は通学課程と同じく学士の学位が取得できるため、将来高等教育の重要な柱となる可能性もあると言える。大学通信教育 フレッシュアイペディアより)

  • 環境経済学

    環境経済学から見た格差社会格差社会

    これら2つのグループの専門家は、2分野の支持する哲学がちがうという問題から、しばしば異なった見解を示す。多くの生態学者は、義務論の倫理的問題を示し、環境経済学者は目的論の倫理的問題を示している。どちらに是非があるのかここで断ずることはできないが、環境経済学者がプログラム的である経済政策を示すのに対し、生態経済学者は理想主義的である。グローバリゼーションは、価格を下げるために生物多様性を無視し、規制と保護主義、格差社会を作り出すという傾向をもっている。そこでの経済発展と格差社会は、交互に自然資本に加える継続した弱体化、すなわち、水質汚染、伝染病、砂漠化、その他の経済的活動の所産を生み出すことから、持続可能な発展と政治的な反グローバル化運動とを結びつける。環境経済学 フレッシュアイペディアより)

117件中 91 - 100件表示

「格差社会」のニューストピックワード