132件中 91 - 100件表示
  • 全日本自動車産業労働組合総連合会

    全日本自動車産業労働組合総連合会から見た格差社会格差社会

    選挙での政党支援以外でも、自動車総連は政策提言などを行っている。自動車総連の顧問・政策顧問は民主党国会議員との間で「政策フォーラム」を設立している。格差社会是正などで民主党や連合の方針に同調するが、揮発油税などによるガソリン税の道路特定財源制度の廃止(一般財源化)には自動車業界と共に反対し、そのための署名活動も展開していて、民進党の方針とは違う立場にある。全日本自動車産業労働組合総連合会 フレッシュアイペディアより)

  • 宇都宮健児

    宇都宮健児から見た格差社会格差社会

    同年11月9日、人にやさしい東京をつくる会からの支援を受けて東京都知事選に立候補表明。五輪招致反対、脱原発、福祉の充実、格差是正などを訴えた。宇都宮健児 フレッシュアイペディアより)

  • セックスワーカー

    セックスワーカーから見た格差社会格差社会

    国際連合の専門機関である世界観光機関は、セックスツーリズムを「観光分野、もしくは観光分野ではないがその構造とネットワークを利用して、目的地の住人と旅行者が営利的な性的関係を持つことを主目的に行われる旅行」と定義している。国連は旅行者の自国と旅行先国の双方への健康的・社会的・文化的影響を理由にセックスツーリズム、とりわけ旅行先国での性別・年齢や社会的・経済的格差を悪用した状況でのそれに反対している。セックスワーカー フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・B・ライシュ

    ロバート・B・ライシュから見た格差社会格差社会

    1991年に発表した ' (邦訳『ザ・ワーク・オブ・ネーションズ』)で、アメリカの富の大部分は人口における二割にすぎない「シンボリック・アナリスト'''」()なる階層のものとなり、それ以外の階層である「対人サービス業者」「ルーティン肉体労働者」との断絶が激しくなるとの見通しを発表して、格差社会の到来を予言した。なお、シンボリック・アナリストとは、「象徴分析者」と和訳できるが、知識労働者と同じような意味である。問題を発見し、必要な人材、モノ、資金、情報などを集め、問題を解決する、という行動パターンで富を得る人たちである。ロバート・B・ライシュ フレッシュアイペディアより)

  • 諸君!

    諸君!から見た格差社会格差社会

    元統一協会員の仲正昌樹が斎藤貴男らを批判した「サヨクの最後の砦 - 「格差社会」「愛国心」「共謀罪」ハンタイ」(2006年8月号)に2ページでいいから反論させろと要求したところ、「読者投稿欄なら」との編集部の回答に失望したという。数ページにわたる批判記事への言論人の反論には2ページ割いて反論を載せるのは従来『諸君!』の伝統であって、石井英夫のそれに対しても俵孝太郎は2ページ反論する機会を与えられている。斎藤は結局、投稿欄への反論を行わなかった。また、以前は本多勝一が投書欄への反論すら拒絶されたことで、訴訟沙汰となっている。掲載された本多への批判の論説は、本多が書いた記事の曲解に基づくものであり、読者に誤解をさせるから名誉毀損であるとし、本多は発行元の文芸春秋社を提訴した。判決は、掲載された文に本多の記事が引用されているため読者には元の文がわかるとして請求棄却であった。諸君! フレッシュアイペディアより)

  • 第1次安倍内閣 (改造)

    第1次安倍内閣 (改造)から見た格差社会格差社会

    2006年(平成18年)9月26日に成立した第1次安倍内閣では発足直後から、複数の閣僚による不適切発言と「政治とカネ」の問題、杜撰な実態が発覚した年金記録問題、小泉改革の負の遺産といわれる格差社会の深刻化の問題などが噴出し続け、安倍の対応ぶりがそのたびに大きく注目された。第1次安倍内閣 (改造) フレッシュアイペディアより)

  • エリジウム

    エリジウムから見た格差社会格差社会

    アカデミー賞4部門にノミネートされた『第9地区』(2009年)のニール・ブロムカンプが脚本、監督を務めている。前作では出身地の南アフリカ共和国に残る人種差別問題をSFエンターテインメント作品に仕立て上げたが、本作でも現代の格差社会を地上と宇宙、ディストピアとユートピアに二極化した近未来世界に投影している。エリジウム フレッシュアイペディアより)

  • サタデー・ナイト・フィーバー

    サタデー・ナイト・フィーバーから見た格差社会格差社会

    裕福な住人も多い華やかな都会的なマンハッタンと、ブルックリン橋を渡ったらすぐの位置にある、労働者の街であるブルックリンとが対比して描かれており、単なる娯楽映画ではなく当時のアメリカの格差社会を風刺した映画でもある。サタデー・ナイト・フィーバー フレッシュアイペディアより)

  • 福嶋浩彦

    福嶋浩彦から見た格差社会格差社会

    格差社会の解消を目指す。労働者派遣の歯止め、非正規労働者への社会保険拡大、同一労働・同一賃金を推進する。地域の農林水産業と中小企業・創業を支援。TPPの全容を徹底して検証する。TPPを速やかに批准することに反対。地域の小規模農業を持続できる支援策を強める。所得や資産の多い人に対する課税を強化することに賛成。企業に課す法人税率を引き下げるべきであることにどちらかと言えば反対。福嶋浩彦 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済史

    日本の経済史から見た格差社会格差社会

    2005年(平成17年)6月に商法が会社法に変わり、企業の透明性、社会的責任がより求められるようになり、上場企業はこれまで以上の株主を重視した経営が求められるようになった。契約社員、派遣労働に象徴される非正規雇用の低賃金労働者が増加した一方で、ヒルズ族が持てはやされたこともあり、格差社会が話題となった。好景気であるといわれていた東京でも低所得層が増加し、2006年(平成18年)末に東京都が実施した福祉保健基礎調査によると、年収500万円未満の世帯が初めて過半数を突破した。ただし、OECDの推計によると、2002年(平成14年)以降の景気回復により、貧困率は低下したという結果が出ている。日本の経済史 フレッシュアイペディアより)

132件中 91 - 100件表示

「格差社会」のニューストピックワード