132件中 101 - 110件表示
  • 責任

    責任から見た格差社会格差社会

    奥谷禮子のように、格差社会・過労死を肯定する根拠に用いる経営者も存在する。貧困格差は労働者の怠慢、過労死は労働者の自己管理の失敗による当人の自己責任であるから、経営者側に責任や救済義務はないとする主張である。責任 フレッシュアイペディアより)

  • 静かなるドン

    静かなるドンから見た格差社会格差社会

    連載当初は普通のサラリーマンといった感じだったが、一向に給料が上がらず、家庭の状況はかなり厳しい状態である。それを受けて最近では格差社会の負け組代表のようなサラリーマンになってしまっている。遅刻が多く、デザイナーとしての実力に疑問符がつく静也を目の敵にしている。河合社長の腰巾着だが、身代わりにヤクザに殴られる、リストラの一環として人間監視カメラにされてしまうなどロクな目にあっていない。しかしそれでも会社を辞めなかった。静かなるドン フレッシュアイペディアより)

  • 塚本正治

    塚本正治から見た格差社会格差社会

    同時に精神保健の啓発活動に音楽を取り入れ、1995年、当事者によるフォークバンド「ハルシオン」を結成(2004年解散)。現在は教育現場での精神保健の啓発活動に取り組んでいる。またシンガーソングライターの一面も持ちオリジナルアルバムの制作やライブ活動も行っている。NHK福祉情報番組きらっといきるのエンディング曲として2007年から2012年3月まで自身の楽曲「春夏秋冬-さらしながら-」が採用された。社会的入院の悲しさを歌ったメッセージソング 檻の庵、格差社会の難儀を訴えたトロピカルソング 生活保護の唄にはコアなファンが存在する。2014年6月26日ハルシオンを再結成した。ソロのオリジナルCDは「生命の輝き」「僕らの合言葉はDPI」(DPI日本会議公式応援歌)「瓢箪山の麓にて」「唄にして」「希望の唄」「この町から」をリリースしている。2017年7月ベストアルバム「明日を照らすものは」をリリースした。2010年逝去した歌手のシルヴィアに提供した楽曲である「唄」も収録されている。塚本正治 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日大学

    朝日大学から見た格差社会格差社会

    2007年の世界同時不況以降、急激に景気後退が進む中、経済的理由で歯学部進学を諦める若者をなくすため、その門戸を広げようと2011年度から学費の大幅減額改定を実施した。学費改定は、学校法人の健全な経営基盤を背景にしたもので、新入生だけでなく在学生にも適用され、姉妹校の明海大学と並び、私立歯科大学の中で最も低い学費を実現している。また、格差社会の到来にいち早く対応し、全国の大学に先駆け2007年度より法学部・経営学部入学生を対象に、アメリカなどで長年制度化されている、経済的な理由により大学進学が困難な学生に対して援助する奨学金 (needs-based grant)「修学支援奨学金制度」を導入。他にも、学業奨励奨学金(高校在学中の成績優秀者対象)・スポーツ奨励奨学金(高校在学中、スポーツで活躍した学生対象)がある。どの奨学金も返還不要であることに加えて、給付人数に上限を設けていないという特長がある。放送大学で取得した単位を卒業に要する単位として認定することができる。朝日大学 フレッシュアイペディアより)

  • 中谷巌

    中谷巌から見た格差社会格差社会

    著書『資本主義はなぜ自壊したのか〜「日本」再生への提言』(集英社、2008年、まえがきや)、論文「小泉改革の大罪と日本の不幸 格差社会、無差別殺人─すべての元凶は「市場原理」だ』(『週刊現代」12月27日・01月03日号、2008年12月15日発売)の中で、過去に自分が行っていた言動(アメリカ流の新自由主義、市場原理主義、グローバル資本主義に対する礼賛言動、構造改革推進発言など)を自己批判し、180度転向したことを宣言した上で、小泉純一郎・竹中平蔵・奥田碩の三人組が実行した聖域なき構造改革を批判し、ベーシック・インカムの導入等の提言を行っている。労働市場についてはデンマーク・モデルを理想としている。中谷巌 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯順子

    佐伯順子から見た格差社会格差社会

    『愛と経済のバトルロイヤル 経済×文学から格差社会を語る』橘木俊詔対談(青土社、2016年)佐伯順子 フレッシュアイペディアより)

  • 社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党 (日本 1996-)から見た格差社会格差社会

    社会的な規制による公正な市場経済 - 自由主義経済の是認、格差対策、公共サービスの重視など。社会民主党 (日本 1996-) フレッシュアイペディアより)

  • 吉本隆明

    吉本隆明から見た格差社会格差社会

    また同年には、『蟹工船』が60万部のベストセラーになったことに関連して、情報技術の興隆、格差社会、ワーキングプアについて論じ、「物事や人間を党派に分けて判断するという感じ方が、全般的に崩れ」たことを評価し、しかし同時に「いいものはいいし、悪いものは悪いという原則もなくなった」「この社会に生きることのどこにいいところがあるのか、と言われたら、どこにもないよと言うより仕方がない。もし、もっといい方向を探し出そうとするなら、変化の兆候をよく見極めることが重要」と述べた。吉本隆明 フレッシュアイペディアより)

  • 反米保守

    反米保守から見た格差社会格差社会

    小泉内閣の政策に対しては、郵政民営化をはじめとする新自由主義政策や皇室典範改正など、日本の社会・伝統を破壊するものが多分に含まれているという理由で否定的である。対米従属強化を警戒し、日本の真の独立(自主独立)として、憲法を廃止し“自主憲法の制定”を志向している。郵政民営化に反対したため、2005年の解散・総選挙で小泉自民党執行部に「刺客」候補を送り込まれて落選した城内実は自らの立場を「真正保守主義」、「革新的な保守主義者」であるとして 1、「最近の規制緩和路線、市場原理主義、株式至上主義の行き着くところはアメリカ型の格差社会である。格差が広がりつつあることは、現場の声を聞けば明らかである」2と小泉内閣を激しく批判し、月刊『現代』2006年7月号誌上で平沼赳夫、関岡英之との鼎談「アメリカ崇拝政治を排し、保守を再生せよ!」を行っている 3。また、郵政民営化に反対した綿貫民輔、亀井静香、小林興起らは国民新党を結成した。反米保守 フレッシュアイペディアより)

  • カウンターストライク

    カウンターストライクから見た格差社会格差社会

    軍需産業、医療を中心とした企業群が、次々と他の企業を併呑した、世界規模の超巨大企業。全世界の貧困街等を買収し、これを統治して、人々の羨望を集めていた。だが、自社製の生体機械の存在が発覚、それによる世界各国の介入から逃れるべく、自分の勢力下の都市を閉鎖する。そのことから、NEOが全世界の貧困街等を買収したのは、現在よりも格差が広がっている社会のなかでの『弱者救済』としての一面もあったが、それ以上に、生体機械の実験も兼ねていたものと思われる。軍需産業でもある為、開戦当初、圧倒的な技術力、軍事力でCSFを圧倒していたときもあった。カウンターストライク フレッシュアイペディアより)

132件中 101 - 110件表示

「格差社会」のニューストピックワード