132件中 121 - 130件表示
  • スポ根

    スポ根から見た格差社会格差社会

    一方、1990年代後半から少年漫画の世界では機転や才能を伴った作品が主流となっており、スポーツ漫画においても努力自体が勝敗を決するのではなく、機転や才能を伴ってはじめて効果を発揮するものとして描かれる傾向があるという。精神科医の熊代亨はその代表例として、2007年から『週刊少年マガジン』で連載されたテニス漫画『ベイビーステップ』(勝木光)を挙げているが、この作品では主人公が「努力を効率化させる才能」を持つ人物として描かれるなど、努力の位置づけが従来のスポ根とは異なっている。そのため、熊代は機転や才能に裏付けられたものでない愚直な努力のみでは、成長なき格差社会の下で育った読者には説得力を持ち得なくなっていると指摘している。こうした傾向について精神科医の斎藤環は「これまでの反動なのか、努力の新しい捉え方が広がりつつある。努力に代わる言葉として宿命論や精神論とほど遠い言葉にすれば受け入れやすいのか」としている。スポ根 フレッシュアイペディアより)

  • 三重短期大学

    三重短期大学から見た格差社会格差社会

    三重短期大学の学費は日本で最も安い学費(法経科2部の学費と津市民の入学費はさらに安くなっている)である。設立当初はマルクス経済学を教えていたが、現在では教育内容が変わり小さな政府を目指す古典派経済学や新自由主義では格差社会を招くので大きな政府を目指すケインズ経済学を教えていて、公共事業による公共投資の増大で生まれる経済効果の必要性と福祉によって格差を縮小する政策を主流とする民主社会主義理論を教育している。三重短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • マスゴミ

    マスゴミから見た格差社会格差社会

    テレビ局は、電波の使用に関して事実上寡占固定化であり、電波の使用競争が一切無いことが特に問題視されている。たとえばサラリーマンの平均年収は440万円程度であるが、広告収入が落ちて赤字になってもキー局社員の平均年収は1000万円を超え、幹部になれば数千万円をも崩さない理由として、日本では総務省が電波を新たに割り当てない限り新規メディアが参入できない既得権益があり、公務員的な部分があるためとも指摘される。おおむね、大手テレビ局(主にキー局)は政府関係者などの「権益」について批判的立場で報道をする一方、自らの「権益」については触れようとはしない。また、キー局社員の収入と、その下請け会社および地方系列テレビ局では、極端な給与格差が存在する一方で、格差社会を批判的に報道しても自らの業界の格差には触れることはない。格差を批判しつつ自らは権益のもと格差社会の頂点に立つが、上場企業平均収入ランキング1位となった朝日放送は夕刊フジの取材に「コメントは差し控えさせていただく」と回答をしなかった。そのほか、東日本大震災による電力危機の際、野村総研が「テレビを消すことによる節電効果はエアコンの1.7倍」という試算を出したが、テレビ局は報道しなかった。マスゴミ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・ドリーム

    アメリカン・ドリームから見た格差社会格差社会

    また、アメリカでも時代を経るに連れて格差の拡大、および固定化が進んでおり、これを不満に思った市民による「ウォール街を占拠せよ」などの大規模な抗議活動が起こっている。また、オタワ大学の調査によると、子の世代が親の世代の階層から抜け出せないまま同じ階層にとどまる確率は、主要先進国の中ではイギリスとイタリアが最も高く、次いでアメリカとなっており、アメリカンドリームの実現は、実際には日本やドイツ、オーストラリアよりも難しいとされている。アメリカン・ドリーム フレッシュアイペディアより)

  • アベノミクス

    アベノミクスから見た格差社会格差社会

    経済アナリストの森永卓郎は、アベノミクスを「アベノリスク」と呼び、安倍政権によって悪夢のような格差社会、利権社会がやってくるとしている。森永は「2013年7月の参議院選挙後、アベノミクスに沸く中、静かに進む社会変革。その動きは一気に加速する。安倍政権が目指すのは、超弱肉強食、かつ強烈な利権社会である。「そんなこと、おとぎ話だ、妄想だ」と躍起になって否定する人は多いだろう。体制側にいる人ならなおさらである。しかし、庶民にとっての悪夢が現実となってからでは遅いのである」と主張している。アベノミクス フレッシュアイペディアより)

  • 2011年

    2011年から見た格差社会格差社会

    9月17日 - 貧困と格差社会の解決を求めるウォール街の一角の占拠が開始される(「ウォール街を占拠せよ」)。2011年 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤勝信

    加藤勝信から見た格差社会格差社会

    2003年の第43回衆議院議員総選挙では、比例中国ブロック単独3位で自民党から出馬し、初当選。当選後は橋本龍太郎が会長を務める平成研究会に入会する。2005年の第44回衆議院議員総選挙では再度岡山5区からの出馬を党本部に強く希望したものの、党本部は村田吉隆を公認。加藤に対しては郵政民営化法案に反対した平沼赳夫の選出選挙区である岡山3区からの出馬を要請したが、加藤はこれを拒否し、無所属での出馬を表明した。しかし、共倒れを危惧した党本部が仲裁に入り、コスタリカ方式による出馬で決着させて保守分裂選挙を回避し、村田、加藤のいずれも当選した。2007年、第1次安倍改造内閣で内閣府大臣政務官(経済財政政策、食品安全、地方分権改革、道州制、地方・都市格差是正)に任命され、福田康夫内閣でも再任。加藤勝信 フレッシュアイペディアより)

  • 終末のハーレム

    終末のハーレムから見た格差社会格差社会

    上記の結果、日本ではUW日本支部の職員たちやコールドスリープ中の男性の家族たちが限りある資源を優先的に回されて整備された環境で悠々とした生活を、一般市民の女性たちが配給制に頼る貧しい環境で淡々とした生活をそれぞれ送るといった、格差社会が世界に浸透している。また、セックスによる子作り・メイティングを推進する方針やそれに励む女性たちの態度から、一夫一婦制はもとより婚姻制度そのものを撤廃したことがうかがえるほか、男湯・女湯の概念すらなくなっているうえ、男性の死滅によって芸能人や風俗嬢の需要は激減している模様。同様の理由による影響は男性専用の公共施設にも現れており、慶門市の駅構内男子トイレなどは荒廃したまま放置されている。終末のハーレム フレッシュアイペディアより)

  • 鳥越俊太郎

    鳥越俊太郎から見た社会格差格差社会

    2008年7月、頻発する無差別殺傷事件について、「日本の社会格差が広がり、ワーキングプアが増えている。小泉構造改革の名の下に進められた変化が、こういう犯罪を産み出していると思えてならない」という見解を示した。鳥越俊太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のタクシー

    日本のタクシーから見た格差社会格差社会

    なお、近年の規制緩和によりタクシー台数が急増し、一部地域では過当競争が発生し、乗務員の労働環境を低下させている見方がある。乗務員の平均年収は全労働者の地域別最低賃金の平均年収を大きく下回っている地域もある。最低賃金格差社会問題の一端が表れていると、マスメディアでこのことが取り上げられることもしばしばある。日本のタクシー フレッシュアイペディアより)

132件中 121 - 130件表示

「格差社会」のニューストピックワード