132件中 11 - 20件表示
  • ジョグジャカルタ原則

    ジョグジャカルタ原則から見た格差社会格差社会

    性的指向並びに性同一性に関連して、我々、国際人権法専門家会議一同は、万人は尊厳と権利において自由で平等であり、性別、国籍、人種、皮膚の色、言語、宗教、政治的またはその他の意見、民族的または社会的出身、財産、出生、あるいはその他の身分によって差別されることなく人権を享受する権利があることを再確認する。性的指向や性同一性を理由とした暴力、嫌がらせ、排除、汚名、偏見は性別、人種、年齢、宗教、障碍、健康状態、経済格差による差別と相関して深刻化しており、このことにより、当事者はインテグリティ(不可侵性、健全性)と尊厳を穢され、こうした差別や弾圧を被る境遇に置かれ、自尊心や社会への帰属意識を弱められ、多くは自らの心をやむなく揉み消したり、抑圧したり、恐怖の生活や人目を忍んだ生活を余儀なくされていることに心を痛め、歴史的に同性または両性との性的関係やトランスセクシュアル、トランスジェンダー或いはインターセックスであることを理由に人々が人権を蹂躙されてきたことを認識する。性的指向とは各個人の異性、同性又は両性への深い情緒的感情、好意的感情、そして性的魅力、そして親密な関係や性的な関係に関わる事項であることを理解し、性同一性とは各個人の人格としての性別により深く感じられた内的で個人的な経験、そして身体に対する性別の感覚(自由な同意によりなされた場合は、医学的、外科学的、及びその他の方法による身体的外見や機能の変更も含む)や服装、話法、振る舞いといった人格的性の表現も含めた経験に関する事項であり、それは出生の際に(外性器により)判別される性別に対応することもあればしないこともあることを理解する。ジョグジャカルタ原則 フレッシュアイペディアより)

  • 日本労働組合総連合会

    日本労働組合総連合会から見た格差社会格差社会

    2005年10月6日、第9回定期大会で会長選挙があり、前会長が推すUIゼンセン同盟の高木剛と全国ユニオンの鴨桃代が争い、323対107、無効票42で高木が勝ち、新会長となった。ただし、組合員数がUIゼンセン同盟の約0.4%しかない全国ユニオンからの立候補で知名度も無く、労使協調路線を流用する経営側との対決路線の明示や労働者の基本権利を侵害すらする御用組合への批判など左派色の強い主張を唱えた鴨が高木の得票数の約3分の1となった投票結果は、その不意の立候補以上に波紋を広げた。これは、全国ユニオンへの加盟母体である非正規雇用労働者の待遇悪化、及びその多くが大規模組合に加盟する正社員(正規雇用)との「労働者格差」の存在を各労働組合が実感し、現場の声は連合に問題解決への対応を迫っているというメッセージとなった。高木は任期の2年の間に19%にまで低下している組織率を20%に向上させ、非正規雇用者への加盟働きかけを強化するとともに、格差社会是正の一つとしてパートタイム労働法の改正を運動方針の一つに掲げた。日本労働組合総連合会 フレッシュアイペディアより)

  • 地域格差

    地域格差から見た格差社会格差社会

    地域格差 フレッシュアイペディアより)

  • 格差国家

    格差国家から見た格差社会格差社会

    格差国家 フレッシュアイペディアより)

  • 社会格差

    社会格差から見た格差社会格差社会

    社会格差 フレッシュアイペディアより)

  • 格差固定

    格差固定から見た格差社会格差社会

    格差固定 フレッシュアイペディアより)

  • 現代用語

    現代用語から見た格差社会格差社会

    世の中のあらゆる局面において格差が拡大すること。→勝ち組・負け組・格差社会現代用語 フレッシュアイペディアより)

  • 望星

    望星から見た格差社会格差社会

    最近では学力低下問題をはじめとする教育問題や、格差社会の用語の広まりに象徴される貧困問題の深刻化について、様々な視点から論じるものが目立つ。望星 フレッシュアイペディアより)

  • 教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会

    教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会から見た格差社会格差社会

    教育基本法の改正は、国家主義を教育現場に強制し、格差社会を固定化しようとするものであり、改悪であると主張し、その阻止を目的に、全国集会・デモ、国会議員への要請、国会前座り込みなどさまざまな活動を行った。「非暴力」を原則として掲げており、会の活動は、主に「呼びかけ人」の「呼びかけ」に賛同する全国の市民団体や労働組合・法曹団体などの構成員によって展開された。教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会 フレッシュアイペディアより)

  • ちくま新書

    ちくま新書から見た格差社会格差社会

    ちくま新書(ちくま しんしょ、CHIKUMA SHINSHO)は、筑摩書房が発行している新書シリーズ。1994年9月に創刊された。装丁は間村俊一。姉妹レーベルにちくまプリマー新書がある。印刷は、精興社と三松堂印刷による。第1号は今村仁司の『貨幣とは何だろうか』。21世紀に入って、格差社会、高齢化社会、教育問題に対し問題提起を行う著作を、経済学・ルポルタージュ・社会科学・教育社会学の形などで、ほぼ毎月刊行している。2007年、業界初をうたった、他社(光文社発行の光文社新書)との新書合同フェアを催した。2009年9月、創刊15周年を記念して、新聞各紙に掲載された書評を収録した冊子「ちくま新書書評セレクション」が作成され、フェア開催書店の店頭で配布された。ちくま新書 フレッシュアイペディアより)

132件中 11 - 20件表示

「格差社会」のニューストピックワード