117件中 21 - 30件表示
  • ノンセクト・ラジカル

    ノンセクト・ラジカルから見た格差社会格差社会

    最近では、格差社会問題に力を入れたり、海外の反グローバリズム団体と連帯するなどして組織の拡大に取り組んでいる。ノンセクト・ラジカル フレッシュアイペディアより)

  • 新家増美

    新家増美から見た格差社会格差社会

    (日本住宅会議)『格差社会の居住貧困―住宅白書 2009‐2010』ドメス出版、2009年新家増美 フレッシュアイペディアより)

  • ジョヴァンニ安東

    ジョヴァンニ安東から見た格差社会格差社会

    脚本家、演出家、影絵作家として演劇活動、作詞家、歌手、自ら演奏する音楽活動、詩人、写真家、教育家、童話作家、エッセイスト、熱帯魚やエビ(動く芸術作品)のブリーダー等、その顔は美術家や芸術家では表現しきれない「サイバーゲージツ家」という新しいジャンルを生んだ。現代の宮沢賢治的生き方を目指し、ペットや芸術活動を通して人と人のつながり、地域連帯、現代の羅須地人協会的精神「ほんとうのさいわい」を広めようと活動する。具体的には「格差社会の是正」を求めて政治的言動もブログで積極的に発信している。ジョヴァンニ安東 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の労働界

    2006年の労働界から見た格差社会格差社会

    連合系のメーデーは曜日の関係で4月29日(土曜日)に全国30ヶ所で行われる。東京・代々木公園で行われた中央大会には、主催者発表で4万4000人が出席する。連合の?木会長が「格差社会がもたらす負の側面から脱却するため、出来ることから実行していかなければならない」となど、格差社会に関心が集まった。また、労働組合と距離を置く姿勢を近年示していた民主党から小沢一郎代表も出席する。これは小沢代表が「幅広い連携」を呼びかけ、労働組合との関係修復の姿勢を見せていることと関連している。2006年の労働界 フレッシュアイペディアより)

  • 努力

    努力から見た格差社会格差社会

    後藤道夫,吉崎祥司, 竹内章郎『格差社会とたたかう: 〈努力・チャンス・自立〉論批判』2007努力 フレッシュアイペディアより)

  • 日本型社会主義

    日本型社会主義から見た格差社会格差社会

    この呼称が使われる場合は「ソ連型社会主義とは異なり自由と民主主義を保ちながらも社会的格差の少ない集団的な社会を築いた」という肯定的な評価や、「国家や政府が経済に過剰な規制・介入を行っており、非効率で停滞している」という新自由主義者からの否定的な評価が込められる事がある。あるいは、社会主義を標榜する国家が、実際には日本よりも格差・不平等が大きいという現状に対する批判として用いられる場合も多い。この意味で用いる場合は、日本の事を「世界で最も成功した共産国」と皮肉をこめて呼ぶ場合もある。日本型社会主義 フレッシュアイペディアより)

  • とてつもない日本

    とてつもない日本から見た格差社会格差社会

    教育問題や格差社会など、暗い話ばかりを喧伝するメディアの姿勢に対して、日本は本当にそんなに駄目な国なのだろうかと国家を見つめなおした書。著者の麻生は、「普段見聞きした建設的で元気に溢れた話に自分の見解を付け加えた本」であると述べている。とてつもない日本 フレッシュアイペディアより)

  • 第15飛行隊 (陸上自衛隊)

    第15飛行隊 (陸上自衛隊)から見た地域格差格差社会

    急患空輸では、南西諸島各離島で発生した急病患者が、島内での救命治療が困難な場合、役所など行政機関が所管県庁(この場合、沖縄県または鹿児島県)の防災課を通し、各県知事が自衛隊による災害派遣を法根拠に第15旅団へ要請する。離島での地域格差や医療格差などが深刻化する中、第15飛行隊の急患空輸任務は増加の一途をたどっており世界中の軍隊・警察・消防が運用する航空機レスキューの出動回数と比較しても出動回数は多い。民間運用のドクターヘリと違い、24時間体制でスタンバイしているため夜間の出動も多く、またいかなる天候状況でも飛ばなければならない状況にあるため、パイロットや航空機関士、管制官などを担当する隊員たちの練度と意識は高いといわれている。第15飛行隊 (陸上自衛隊) フレッシュアイペディアより)

  • 中公新書

    中公新書から見た格差社会格差社会

    姉妹シリーズとして中公新書ラクレが、2001年(平成13年)3月に創刊した。第1冊目は「中央公論」編集部編『論争・中流崩壊』である。2008年(平成20年)12月に300冊を数えた。同じく姉妹シリーズとして、「中公PC新書」が1996年(平成8年)に創刊されたが、中央公論社から中央公論新社になる際に刊行を終えた。中公新書 フレッシュアイペディアより)

  • 下流の宴

    下流の宴から見た格差社会格差社会

    普通に教育を受けて、平穏な家庭で成長した主婦・由美子。しかし、その息子は中学校までの義務教育を修了しながら、定職に就かず、格差社会に悩んでいる。下流の宴 フレッシュアイペディアより)

117件中 21 - 30件表示