132件中 21 - 30件表示
  • とてつもない日本

    とてつもない日本から見た格差社会格差社会

    教育問題や格差社会など、暗い話ばかりを喧伝するメディアの姿勢に対して、日本は本当にそんなに駄目な国なのだろうかと国家を見つめなおした書。著者の麻生は、「普段見聞きした建設的で元気に溢れた話に自分の見解を付け加えた本」であると述べている。とてつもない日本 フレッシュアイペディアより)

  • 釜ヶ崎芸術大学

    釜ヶ崎芸術大学から見た格差社会格差社会

    かつて釜ヶ崎は日雇い労働者の街として高度成長期の日本を底辺で支えてきた歴史があるが、同時に暴動なども過去に起こっており、ネガティブな印象もぬぐえない。地域外からの参加者や講師が大学で交流することが、釜ヶ崎が支えてきた現代社会や暮らしそのものを問い直す機会となるよう、また少子高齢化や格差社会の中で釜ヶ崎に古くから培われた助け合いや支援制度などに見られる仕組みや知恵を学ぶことが、他の地域でも有効であるとの考えや、釜ヶ崎では、することがない、話し相手がいない、朝から酒を飲むしかないというような行き場をなくした無目的な多くの人たちに目的や生きがいをもってもらおうと、NPO法人ココルームにより企画された。「学びたい人が集まれば、そこが大学になる」がキャッチフレーズ。釜ヶ崎芸術大学 フレッシュアイペディアより)

  • 世界社会フォーラム

    世界社会フォーラムから見た格差社会格差社会

    1999年のWTOシアトル総会に対する反対の実際行動の流れを汲んだ事から、“過激な反グローバリゼーション運動”と見られがちであるが、実際は世界の格差構造を見据えた地球規模の連帯と、民主的現実的代替案を求める世界中のNGO・NPO・社会団体による世界的ネットワークである。世界社会フォーラム フレッシュアイペディアより)

  • マグネット・スクール

    マグネット・スクールから見た格差社会格差社会

    マグネット・スクールの誕生は人種差別、公民権運動、モータリゼーション、郊外化、インナーシティ、格差社会といった社会問題と深く関係している。現在もある程度は初志を継続しているが、マグネット・スクールは本来、特定の人種に偏らない学校を作って人種分離をなくそうという希望のもとに考え出されたものである。例えば黒人の多い貧しい地区に、裕福な白人家庭が子供を通わせたくなるような魅力的な教育プログラムを作り、地元の黒人だけでなく遠方の白人も多く通うような学校がマグネット・スクールの初期モデルである。マグネット・スクール フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た地域格差格差社会

    2003年(平成15年)に国立大学法人法が制定されて、国立大学が国立大学法人となった。教員の相次ぐ性犯罪や、偏った思想に基づいた教育や言動などが問題となり、教員の資質向上のための教育改革として実施された制度が教職大学院の創設であり、それと検討されたのは教員免許更新制である。これに伴って日本の教育問題として、親の学歴・収入・家柄・職業などの経済格差と都道府県別や市町村別の地域格差を背景とした能力格差の拡大が表面化している。この原因は公教育機能が低下しているためと言われ、公教育への不信感が増大している。それを補うため、東京都を中心に公立学校選択制の導入や公立学校以外の学習塾や私立学校へ進学希望者が増加している。私立学校と教育を重視する地域などの一部学校や、文部科学省の方針で教育予算が増加されて低学年で実施されたのが、少人数授業や少人数教育を目的に「35人学級」や「30人学級」で、きめ細かい指導を導入する教育改革がされた。平成期に学校群制度が全廃されて丸坊主などの頭髪の規制を撤廃して長髪を認可したり制服のみから私服を認可して服装の自由化をするなど校則が改正される学校が増加した。公立小学校と公立中学校が義務教育期間に一体化して連携教育を行う「小中一貫教育」が広がったことから、第2次安倍内閣で中央教育審議会が提言した構想で、小中連携教育を推進するために6歳〜15歳までの9年間の小中一貫の「義務教育学校(仮称)」の新設が議論された。高校の普通科で「キャリア教育」を必修化するが検討された。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 終身雇用

    終身雇用から見た格差社会格差社会

    終身雇用者数の減少と派遣雇用者数の増加は、2000年以降の「格差社会」といった言葉が生れる土壌ともなったと指摘され、経済的影響が顕著とされる自殺者総数は、1998年以降から厚生労働省の人口動態統計において高水準で推移している。終身雇用 フレッシュアイペディアより)

  • メキシコ国立自治大学

    メキシコ国立自治大学から見た社会格差格差社会

    同校はメキシコにおけるエリート養成機関の役割を担っている。これと同時に社会格差解消の手段としても位置付けられており、政府は本校へ潤沢な財政援助を行っており授業料もほとんどかからない。特に貧困層出身者に対する手厚い支援制度があり、奨学金制度、夜間授業、食堂の補助金制度等などを充実させている (詳しくはメキシコを参照のこと)。メキシコ国立自治大学 フレッシュアイペディアより)

  • ツォツィ

    ツォツィから見た格差社会格差社会

    原作での時代設定は1960年代だったが、映画では現代へ移している。アパルトヘイト廃止から10数年経った今もなお残る差別や格差社会に苦しむスラム街のツォツィ(南部ソト語で「チンピラ」を意味するスラング)と呼ばれる主人公。そのツォツィがある出来事を契機に人間性を取り戻していく過程を描く。ツォツィ フレッシュアイペディアより)

  • ジョヴァンニ安東

    ジョヴァンニ安東から見た格差社会格差社会

    脚本家、演出家、影絵作家として演劇活動、作詞家、歌手、自ら演奏する音楽活動、詩人、写真家、教育家、童話作家、エッセイスト、熱帯魚]やエビ(動く芸術作品)のブリーダー等、その顔は美術家や芸術家では表現しきれない「サイバーゲージツ家」という新しいジャンルを生んだ。現代の宮沢賢治的生き方を目指し、ペットや芸術活動を通して人と人のつながり、地域連帯、現代の羅須地人協会的精神「ほんとうのさいわい」を広めようと活動する。具体的には「格差社会の是正」を求めて政治的言動もブログで積極的に発信している。ジョヴァンニ安東 フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・コンセンサス

    ワシントン・コンセンサスから見た格差社会格差社会

    また、ワシントン・コンセンサスの実現によって格差社会が世界中に広がっているという批判が経済学者ジョセフ・E・スティグリッツなどから寄せられている。マレーシアは勧告を拒否して国内経済の混乱を抑えた他、ラテンアメリカや欧州連合諸国は規制緩和や市場原理主義とは異なる政策を追求している。ワシントン・コンセンサス フレッシュアイペディアより)

132件中 21 - 30件表示

「格差社会」のニューストピックワード