132件中 31 - 40件表示
  • 日本の、これから

    日本の、これからから見た格差社会格差社会

    第1回放送(4月3日)「格差社会日本の、これから フレッシュアイペディアより)

  • 社会階層と社会移動全国調査

    社会階層と社会移動全国調査から見た格差社会格差社会

    個人の経歴にそって不平等の形成過程を分析する。不平等研究の領域で、半世紀にわたって比較分析の可能なデータを蓄積してきた例は世界でもめずらしい。1995年までは回収率もよく、海外での出版や成果発表もあり、日本の社会科学において、国際的に通用する数少ない研究成果といえる。1995年調査以降、不平等社会に関する本がベストセラーとなり、マスコミや国会での格差社会論争につながるなど、日本の社会学の研究成果が、現実社会や政策に影響を与えた数少ない例である。職業や社会的地位は男性中心という見方が学会で主流であり、現実に無職女性が多かったため、当初は男性のみが調査対象だったが、1985年以降は女性も対象となった。1955, 1975, 1995年には職業威信に関する調査も行われた。社会階層と社会移動全国調査 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本厚

    岡本厚から見た格差社会格差社会

    1996年から2012年4月まで『世界』の編集長を務める。朝鮮半島問題や教育問題・格差社会問題などの講演会も、司会進行やパネリストとして関わっている。1980年代には、JVC(日本国際ボランティアセンター)の創設にも関わっている。岡本厚 フレッシュアイペディアより)

  • 東洋経済新報社

    東洋経済新報社から見た格差社会格差社会

    他の経済誌と同じく、基本的には資本主義や市場経済を積極的に肯定する編集姿勢であるが、一般的な経済誌のように財界・経営者寄りに偏ることはなく、大衆の立場から書かれることも比較的多いため、近年の格差社会や労働法制の規制緩和に対しては、批判的な記事も多い。東洋経済新報社 フレッシュアイペディアより)

  • 環境経済学

    環境経済学から見た格差社会格差社会

    これら2つのグループの専門家は、2分野の支持する哲学がちがうという問題から、しばしば異なった見解を示す。多くの生態学者は、義務論の倫理的問題を示し、環境経済学者は目的論の倫理的問題を示している。どちらに是非があるのかここで断ずることはできないが、環境経済学者がプログラム的である経済政策を示すのに対し、生態経済学者は理想主義的である。グローバリゼーションは、価格を下げるために生物多様性を無視し、規制と保護主義、格差社会を作り出すという傾向をもっている。そこでの経済発展と格差社会は、交互に自然資本に加える継続した弱体化、すなわち、水質汚染、伝染病、砂漠化、その他の経済的活動の所産を生み出すことから、持続可能な発展と政治的な反グローバル化運動とを結びつける。環境経済学 フレッシュアイペディアより)

  • オットー (靴屋)

    オットー (靴屋)から見た格差社会格差社会

    その後、バブル崩壊後の1993年頃、不況で店の経営がうまくいかず、社長の竹部がすがるような思いで、当時竹部自身の口癖となっていた「もうあかん やめます!」という垂れ幕を店のテント上部に掲げると、大阪では「おもろい店」として一躍話題となり、「大阪名物」や「名物靴店」などとしてメディアなどからも評されるほどになった。その後も、「いや、やっぱりやります! どっちやねんセール」「格差社会を是正せよ。身長の格差は当店で。人は見た目が9割だから!」などの垂れ幕を作成し店先に掲げることで、地元では「閉店商法」と言われ愛されながら、2016年2月まで20年以上営業を続けた。オットー (靴屋) フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の労働界

    2006年の労働界から見た格差社会格差社会

    連合系のメーデーは曜日の関係で4月29日(土曜日)に全国30ヶ所で行われる。東京・代々木公園で行われた中央大会には、主催者発表で4万4000人が出席する。連合の?木会長が「格差社会がもたらす負の側面から脱却するため、出来ることから実行していかなければならない」となど、格差社会に関心が集まった。また、労働組合と距離を置く姿勢を近年示していた民主党から小沢一郎代表も出席する。これは小沢代表が「幅広い連携」を呼びかけ、労働組合との関係修復の姿勢を見せていることと関連している。2006年の労働界 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の労働界

    2007年の労働界から見た格差社会格差社会

    連合の?木会長は「働き方の格差が、所得の格差を生み、ワーキングプアを多数、生み出している。格差社会、二極化の是正に最低賃金の大幅な引き上げが強く求められている」となど、格差社会に関心が集まった。また来賓には、昨年に引き続き民主党の小沢一郎代表も出席し、他にも社民党の福島瑞穂党首や柳沢伯夫厚生労働大臣らも出席。2007年の労働界 フレッシュアイペディアより)

  • 世界で最も美しい村

    世界で最も美しい村から見た格差社会格差社会

    上記の雑誌企画における最も美しい村選定に関しては、途上国のインターネット上で「先進国のエゴである」との批判が多数ある。実際に美しい村連合に加盟するのは先進国のみで、どれだけ辺鄙なところへ行こうとも最低限のインフラが整備されており、旅行者は田舎暮らしの疑似体験を望むだけで、利便性や快適さを求めずにはいられないという揶揄である。また、「美しい」の基準もあくまで西洋基準主体であり、サービスや衛生状態なども評価対象としており、こうした制度は観光地としても格差社会を助長すると主張する。先進国側の視点では、無機質な都市化・近代化が進む中で、失われゆく牧歌的な空間を保護し、精神衛生向上に役立てたい目的もあるが、公的文化施策ではなく利害関係が生じる観光業では理解が進みにくいことは事実である。世界で最も美しい村 フレッシュアイペディアより)

  • アイヌ文化

    アイヌ文化から見た格差社会格差社会

    また近年、アイヌ社会が極端な富の偏在を伴う格差社会だったのではないかとの説が発表されている。瀬川拓郎は文献資料や墓の発掘調査結果などから、近世アイヌ社会はカモイと呼ばれる首長、その下の階層であるニシパ、平民、そして隷属民であるウタレという4つの階層に分かれており、カモイに富が集中していたのではないかと指摘している。アイヌ文化 フレッシュアイペディアより)

132件中 31 - 40件表示

「格差社会」のニューストピックワード