132件中 51 - 60件表示
  • 国民新党

    国民新党から見た地域格差格差社会

    国民一人一人が教育の機会を平等に保証されるよう必要な改革を進め、所得格差による教育格差・地域格差の固定化を打破する。国民新党 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤貴男

    斎藤貴男から見た格差社会格差社会

    主に時事、社会、経済、教育問題等に関して、格差社会や新自由主義、政府による情報統制に対する批判などで知られている。斎藤貴男 フレッシュアイペディアより)

  • 極左

    極左から見た格差社会格差社会

    日本については、学生運動が多発した時代から下って安定成長期、バブル景気といった時代を経て、国民の多くは経済的に有史以来の豊かさを手に入れたため、極左勢力の支持はほとんどなくなっていた。ところが、21世紀に入って以降の格差社会・貧困層の拡大と東日本大震災での原発事故を受けた社会不安の拡大は、極左勢力の若干の復調を生み出している。日本の極左過激派勢力は原発事故を機に本来の組織名や党派性を隠して積極的にオルグを進めているとされる。具体的な情勢では、2014年現在、中核派や革労協が活動家の数を減らしている一方で、革マル派が勢力を拡大しているという情報がある。ただ、格差や貧困が広がり続けているとされる2015年現在の日本でも、警察が極左の動向を厳しく監視していることもあり、極左勢力による大規模騒乱事件などは起きていない。極左 フレッシュアイペディアより)

  • 新党改革

    新党改革から見た格差社会格差社会

    格差がなく、将来に希望が持て、安全で安心な社会を実現する。新党改革 フレッシュアイペディアより)

  • 創造都市ネットワーク

    創造都市ネットワークから見た格差社会格差社会

    都市においても消滅可能性都市や産業化なき都市化といった都市問題があり、中国では創造都市においても城中村(スラム)の存在があり創造産業の恩恵を受けられない格差問題もある。創造都市ネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • 第15ヘリコプター隊

    第15ヘリコプター隊から見た地域格差格差社会

    急患空輸では、南西諸島各離島で発生した急病患者が、島内での救命治療が困難な場合、役所など行政機関が所管県庁(この場合、沖縄県または鹿児島県)の防災課を通し、各県知事が自衛隊による災害派遣を法根拠に第15旅団へ要請する。離島での地域格差や医療格差などが深刻化する中、第15飛行隊の急患空輸任務は増加の一途をたどっており世界中の軍隊・警察・消防が運用する航空機レスキューの出動回数と比較しても出動回数は多い。民間運用のドクターヘリと違い、24時間体制でスタンバイしているため夜間の出動も多く、またいかなる天候状況でも飛ばなければならない状況にあるため、パイロットや整備、運航管理などを担当する隊員たちの練度と意識は高いといわれている。第15ヘリコプター隊 フレッシュアイペディアより)

  • 下流の宴

    下流の宴から見た格差社会格差社会

    普通に教育を受けて、平穏な家庭で成長した主婦・由美子。しかし、その息子は中学校までの義務教育を修了しながら、定職に就かず、格差社会に悩んでいる。下流の宴 フレッシュアイペディアより)

  • 新党大地 (2012-)

    新党大地 (2012-)から見た格差社会格差社会

    党の基本理念として「自然との調和」「格差の是正」「公平公正」を掲げている。個別政策では貧困の根絶、立ち遅れた地方の振興など反新自由主義的な理念を持つ。新党大地 (2012-) フレッシュアイペディアより)

  • ブルジョア民主主義

    ブルジョア民主主義から見た格差社会格差社会

    第二次世界大戦後、古典的自由主義による市場経済を再評価する立場から新自由主義(ネオ・リベラリズム)が主張され、規制緩和や民営化が行われ、その結果としての社会的格差の拡大や恒常化(格差社会)が課題となっている。ブルジョア民主主義 フレッシュアイペディアより)

  • 市場の失敗

    市場の失敗から見た格差社会格差社会

    失業、貧困、犯罪率増加、自殺などの社会問題や格差社会の発生は、従来の定義では経済的な「公平性」が達成されていない現象に属し、定義の上からは市場の失敗とは別の分類であるとされた。しかしアマルティア・センらの研究などにより社会的費用の拡張が試みられ失業や貧困などの社会問題が経済成長などに大きく寄与することとなると貧困などの社会問題が市場の失敗と見なされるようになっている。市場の失敗 フレッシュアイペディアより)

132件中 51 - 60件表示

「格差社会」のニューストピックワード