117件中 51 - 60件表示
  • 日本の犯罪と治安

    日本の犯罪と治安から見た格差社会格差社会

    日本の暴力犯罪に関して、一部の報道機関・著作家・評論家・個人は、日本の社会保障・福祉・所得再分配の整備不十分、非正規雇用の増加、貧富の格差の増大、競争社会、新自由主義経済政策などの社会的状況が、人々から希望を奪い、人々に絶望を与え、人々の精神を荒廃させ、前記の社会的状況や人々の精神状況が原因となって、凶悪犯罪・暴力犯罪(または少年の凶悪犯罪・暴力犯罪)が増加している(著しく増加していると表現されることもある)との認識を表明している。事実としては、日本の暴力犯罪は強制わいせつを除いて、殺人、略取・誘拐、強姦、傷害、強盗、放火、逮捕・監禁の各罪種の発生率は1920年代後半?1930年代前半に1926年以後または第二次世界大戦終結前の最多を記録し、1940年代後半?1960年代前半(罪種により最多の年度は異なる)に1926年以後または第二次世界大戦終結後の最多を記録し、その後は単年度や短期間の増加はあるが30年・40年・50年・60年・70年・80年の時間単位では減少傾向であり、1990年代以後?2007年は最多を記録した年度より統計上有意に顕著に減少しているから、日本で凶悪犯罪・暴力犯罪(または少年の凶悪犯罪・暴力犯罪)が長期的に増加している(または著しく増加している、激増している)事実は存在しない。長期的な推移を無視して単年度や短期間の複数年間の増加だけを指摘して、凶悪犯罪が増加していると断定することは、増加しているとの主張に都合がいい統計値だけを意図的に選択し、都合がわるい統計値は意図的に無視した情報操作である。前記の理由により、2007年度までの統計によれば、凶悪犯罪・暴力犯罪が増加しているとの認識と、その原因と指摘されている社会的状況や精神的状況(日本国民や日本に在住する人々の多数派が絶望しているとの証明も無い)と凶悪犯罪・暴力犯罪の増加との因果関係もまた証明が無い。日本の犯罪と治安 フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・コンセンサス

    ワシントン・コンセンサスから見た格差社会格差社会

    また、ワシントン・コンセンサスの実現によって格差社会が世界中に広がっているという批判が経済学者ジョセフ・E・スティグリッツなどから寄せられている。ワシントン・コンセンサス フレッシュアイペディアより)

  • キリスト教社会主義

    キリスト教社会主義から見た格差社会格差社会

    格差問題や、経済的不均衡による社会的疎外階層と貧困階層問題を解決する為の、神学的模索と宣教的実践を追い求めなければならない。キリスト教社会主義 フレッシュアイペディアより)

  • 第14循環

    第14循環から見た格差社会格差社会

    この景気拡大期では、六本木ヒルズ族やワーキングプアに代表される、いわゆる格差社会論争が沸き起こった。また、デジタルカメラ、DVDレコーダー、薄型テレビのいわゆる「デジタル三種の神器」の需要が急速に伸び始めたことから、景気回復基調が鮮明となってきた2003年春頃から暫くの間はデジタル景気と呼ばれ、マスコミの注目を浴びた。第14循環 フレッシュアイペディアより)

  • 浅野健一

    浅野健一から見た格差社会格差社会

    2007年6月 「表現の自由を奪う動きに抗する市民運動を」、(福島瑞穂・編)『憲法を手に格差と戦争をくいとめよう 福島みずほ対談集』明石書店、ISBN 978-4750325804に所収浅野健一 フレッシュアイペディアより)

  • 暴走老人

    暴走老人から見た格差社会格差社会

    老人の貧困化・・格差社会によって貧しい老人が多く出現してきた。生活保護を断られて役所に怒鳴り込むのはこのケース。暴走老人 フレッシュアイペディアより)

  • ユグドラシル宇宙

    ユグドラシル宇宙から見た格差社会格差社会

    枝世界の一つ。太古にアルフから与えられた高度な科学文明を持つ世界であるが、奈落の侵食により自然災害が多発しており、人類は科学技術に依存して、過酷な環境に適応するために肉体や精神を改造することで辛うじて生き延びている。経済力が権力に直結する世界でもあり、一種の格差社会ないしは階級社会と言える。イデアは巨大錨【ビッグアンカー】。ユグドラシル宇宙 フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・B・ライシュ

    ロバート・B・ライシュから見た格差社会格差社会

    1991年に発表した ' (邦訳『ザ・ワーク・オブ・ネーションズ』)で、アメリカの富の大部分は人口における二割にすぎない「シンボリック・アナリスト'''」なる階層のものとなり、それ以外の階層である「対人サービス業者」「ルーティン肉体労働者」との断絶が激しくなるとの見通しを発表して、格差社会の到来を予言した。なお、シンボリック・アナリストとは、「象徴分析者」と和訳できるが、知識労働者と同じような意味である。問題を発見し、必要な人材、モノ、資金、情報などを集め、問題を解決する、という行動パターンで富を得る人たちである。ロバート・B・ライシュ フレッシュアイペディアより)

  • 秀嶋賢人

    秀嶋賢人から見た格差社会格差社会

    10年程前から多岐に亙った活動を整理し、主に映画監督の仕事や講演シンポジウム、自身が主宰するミニシンポの勉強会「MOVE」を通じて、社会へ変革の行動を呼びかけ、そのコンセプトを現在のNPO活動につないでいる。社会派といわれる作品が多く、人権啓発については、人権を公民権の視点から捉え直し、同和差別や在日差別など人権差別を個別に議論し、描くのではなく、人間共通の問題として広い視座から人権や差別をみつめる。格差問題によって生まれた新たな人権侵害についての情報と現状分析は屈指と言える。こうした格差の背景にコミュニケーション弱者がいることを指摘。その象徴的なものとして、いじめ・不登校・引きこもりなど思春期問題や少年犯罪をとらえ、親子・家庭・地域共同体の新生を唱えている。子育て支援、家庭教育についての作品も多い。秀嶋賢人 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊ポスト

    週刊ポストから見た格差社会格差社会

    ただし、近年における格差拡大については批判的であり、それを推し進めたとされる日本経団連および時の会長・御手洗冨士夫(キヤノン会長)を批判する旨の記事を多数掲載している。週刊ポスト フレッシュアイペディアより)

117件中 51 - 60件表示