117件中 61 - 70件表示
  • 東洋経済新報社

    東洋経済新報社から見た格差社会格差社会

    基本的に資本主義や市場経済を前提とする編集姿勢であるが、財界・経営者寄りに偏ることはなく『日経ビジネス』や『週刊ダイヤモンド』と比較した場合、近年の新自由主義や格差社会に対する批判的な視点から、また、社会全体の公益・公共善の立場から記事が書かれることが多いため、リベラルな記事が目立つ。クリスタルグループの偽装請負問題や、トヨタ自動車において近年多数発生している諸問題(リコール発生・隠しなど)などを積極的に取り上げている。東洋経済新報社 フレッシュアイペディアより)

  • ヘイトスピーチ

    ヘイトスピーチから見た格差社会格差社会

    ヘイトスピーチ(憎悪発言、)は、個人や集団をその人種、民族、国籍、宗教・思想、性別、性的指向、性自認、障害、職業、社会的地位・経済レベル、外見などを理由に貶めたり、暴力や誹謗中傷、差別的行為を煽動したりするような言動のことである。ただし、その定義自体に論争がある。ヘイトスピーチ フレッシュアイペディアより)

  • 社会階層と社会移動全国調査

    社会階層と社会移動全国調査から見た格差社会格差社会

    個人の経歴にそって不平等の形成過程を分析する。不平等研究の領域で、半世紀にわたって比較分析の可能なデータを蓄積してきた例は世界でもめずらしい。1995年までは回収率もよく、海外での出版や成果発表もあり、日本の社会科学において、国際的に通用する数少ない研究成果といえる。1995年調査以降、不平等社会に関する本がベストセラーとなり、マスコミや国会での格差社会論争につながるなど、日本の社会学の研究成果が、現実社会や政策に影響を与えた数少ない例である。 職業や社会的地位は男性中心という見方が学会で主流であり、現実に無職女性が多かったため、当初は男性のみが調査対象だったが、1985年以降は女性も対象となった。1955, 1975, 1995年には職業威信に関する調査も行われた。社会階層と社会移動全国調査 フレッシュアイペディアより)

  • サラリーマン川柳

    サラリーマン川柳から見た格差社会格差社会

    しかし最近では企業のリストラ進行や景気低迷によるうつ病や自殺の増加、「勝ち組」「負け組」の言葉に代表される格差社会の拡大、税負担のさらなる増加やホワイトカラーエグゼンプションなどサラリーマンをさらに苦しめる政策、熟年離婚の増加またはそれを推進させるような年金分割化などから、ユーモアといえなくなり、度を越えたブラックユーモアだ、残酷すぎるとの声もある。事実マスコミでは川柳を通して、サラリーマンを晒し者にするような報道をしている。(例:読売新聞2005年(平成17年)5月9日付記事)。また中日新聞2005年(平成17年)2月8日付のサラリーマン川柳を報じる記事では子守をする夫を嘲笑していたが、同紙は一貫して男女共同参画を支持しその一環として「男性の子育て」を主張しており、マスコミのダブルスタンダードが現れた報道との見方もある。サラリーマン川柳 フレッシュアイペディアより)

  • 藤末健三

    藤末健三から見た地域格差格差社会

    2009年6月 中小企業に対する信用保証の料率と金利の地域格差の是正を主張した。例として、「岐阜市と沖縄県では3倍近くの格差がある」という事を挙げた。藤末健三 フレッシュアイペディアより)

  • 高校入試 (テレビドラマ)

    高校入試 (テレビドラマ)から見た格差社会格差社会

    英語教科主任。一高出身。娘も名門である一高の卒業生で、結婚相手も一高を卒業していないと格差が生じ、結婚生活も長く続かないと思っている。一流企業に勤めているというキャリアよりも一高を卒業しているという事実が大事と考える人物である。電卓が悪いと言い訳にした採点ミスや採点結果のパソコン入力ミスなど、坂本は入試採点の際に様々なトラブルを引き起こしてきた。高校入試 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ディストピア

    ディストピアから見た格差社会格差社会

    社会の担い手と認められた市民階級の下に、人間扱いされない貧困階級が存在し、事実上は貧富の差が激しい社会となっている(格差社会)。ディストピア フレッシュアイペディアより)

  • マスゴミ

    マスゴミから見た格差社会格差社会

    テレビ局は、電波の使用に関して事実上寡占固定化であり、電波の使用競争が一切無いことが特に問題視されている。たとえばサラリーマンの平均年収は440万円程度であるが、広告収入が落ちて赤字になってもキー局社員の平均年収は1000万円超えを崩さない理由として、日本では総務省が電波を新たに割り当てない限り新規メディアが参入できない既得権益があり、公務員的な部分があるためとも指摘される。おおむね、大手テレビ局(主にキー局)は政府関係者などの「権益」について批判的立場で報道をする一方、自らの「権益」については触れようとはしない。また、キー局社員の収入と、その下請け会社および地方系列テレビ局では、極端な給与格差が存在する一方で、「格差社会」を批判的に報道しても自らの業界の格差には触れることはない。格差を批判しつつ自らは権益のもと格差社会の頂点に立つが、上場企業平均収入ランキング1位となった朝日放送は夕刊フジの取材に「コメントは差し控えさせていただく」と回答をしなかった。マスゴミ フレッシュアイペディアより)

  • 岡本厚

    岡本厚から見た格差社会格差社会

    1996年から2012年4月まで『世界』の編集長を務める。朝鮮半島問題や教育問題・格差社会問題などの講演会も、司会進行やパネリストとして関わっている。1980年代には、JVC(日本国際ボランティアセンター)の創設にも関わっている。岡本厚 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本自動車産業労働組合総連合会

    全日本自動車産業労働組合総連合会から見た格差社会格差社会

    選挙での政党支援以外でも、自動車総連は政策提言などを行っている。自動車総連の顧問・政策顧問は民主党国会議員との間で「政策フォーラム」を設立している。格差社会是正などで民主党や連合の方針に同調するが、揮発油税などによるガソリン税の道路特定財源制度の廃止(一般財源化)には自動車業界と共に反対し、そのための署名活動も展開していて、民主党の方針とは違う立場にある。全日本自動車産業労働組合総連合会 フレッシュアイペディアより)

117件中 61 - 70件表示