117件中 71 - 80件表示
  • ルサンチマン

    ルサンチマンから見た格差社会格差社会

    敵として想定される存在は、自分が無力だと感じさせる対象が選ばれる。例えば、貧しさに無力を感じるルサンチマンの敵は資本家や大企業、あるいはマスコミ(人によっては広告代理店を含む)や外国人になる。一部で格差社会化していると指摘される現代社会では、正社員、公務員、不労所得者、いわゆるセレブや「リア充」、専業主婦など、(社会的弱者から見て)「勝ち組」とされる個人が対象になる場合もある。ルサンチマン フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の労働界

    2007年の労働界から見た格差社会格差社会

    連合の?木会長は「働き方の格差が、所得の格差を生み、ワーキングプアを多数、生み出している。格差社会、二極化の是正に最低賃金の大幅な引き上げが強く求められている」となど、格差社会に関心が集まった。また来賓には、昨年に引き続き民主党の小沢一郎代表も出席し、他にも社民党の福島瑞穂党首や柳沢伯夫厚生労働大臣らも出席。2007年の労働界 フレッシュアイペディアより)

  • 中谷巌

    中谷巌から見た格差社会格差社会

    著書『資本主義はなぜ自壊したのか〜「日本」再生への提言』(集英社、2008年、まえがき)や、論文「小泉改革の大罪と日本の不幸 格差社会、無差別殺人─すべての元凶は「市場原理」だ』(『週刊現代」12月27日・01月03日号、2008年12月15日発売)の中で、過去に自分が行っていた言動(アメリカ流の新自由主義や市場原理主義、グローバル資本主義に対する礼賛言動、構造改革推進発言など)を自己批判し、180度転向したことを宣言した上で、小泉純一郎・竹中平蔵・奥田碩の三人組が実行した聖域なき構造改革を批判し、ベーシック・インカムの導入等の提言を行っている。労働市場についてはデンマーク・モデルを理想としている。中谷巌 フレッシュアイペディアより)

  • 恐竜家族

    恐竜家族から見た格差社会格差社会

    就学前の児童向けドラマではあるが、反戦運動、環境問題、ドラッグ、セクハラ、(人)種差別、格差社会、職業差別、男女共同参画社会、企業のモラルハザードなど、児童には理解しにくい面がある。また大抵のエピソードではマスメディアの問題が提起されている。テレビの報道により簡単に影響されてしまう、愚かな大衆がたびたび見受けられるのが本ドラマの特徴でもある。恐竜家族 フレッシュアイペディアより)

  • セックスワーカー

    セックスワーカーから見た格差社会格差社会

    国際連合の専門機関である世界観光機関は、セックスツーリズムを「観光分野、もしくは観光分野ではないがその構造とネットワークを利用して、目的地の住人と旅行者が営利的な性的関係を持つことを主目的に行われる旅行」と定義している。国連は旅行者の自国と旅行先国の双方への健康的・社会的・文化的影響を理由にセックスツーリズム、とりわけ旅行先国での性別・年齢や社会的・経済的格差を悪用した状況でのそれに反対している。セックスワーカー フレッシュアイペディアより)

  • 内田樹

    内田樹から見た格差社会格差社会

    格差社会論を一貫して批判し続けている。格差社会を批判することは裏返せば拝金主義であり、金のことなど気にしなければ良い、と主張している。内田樹 フレッシュアイペディアより)

  • 未来世紀

    未来世紀から見た格差社会格差社会

    地球全体の環境も環境汚染によって大きく荒廃しており、人類の居住にはあまり適さない環境となっている。そのため、世界の国家は宇宙空間にスペースコロニーを保有し、それを現在の本国としている。地球の人間は皆宇宙にあがることを切望しているが、コロニーには支配層・富裕層などの一握りの人間のみがいくことが可能で、政治・経済・軍事などはコロニーの者たちが支配し、彼らは戦争の代替手段たるガンダムファイトによって破滅的な戦争を回避することで繁栄を謳歌する。一方、地球にすむ人類の中核は貧困層であり、荒廃した都市に多くのスラム街が形成されているという、コロニー・地球間にかなり激しい地域格差の構造が作られている。またコロニー行きのチケットを巡り暴動が起こったこともある。未来世紀 フレッシュアイペディアより)

  • 保守左派

    保守左派から見た格差社会格差社会

    倫理・道徳に関しては伝統的・保守的な社会的価値観を重視する一方、経済政策に関しては富の再分配・格差社会の是正、保護貿易や大きな政府や福祉を重視する政治思想である。中道寄りの穏健なものでは欧州の社会保守主義やキリスト教民主主義がこれに近い。保守左派 フレッシュアイペディアより)

  • 諸君!

    諸君!から見た格差社会格差社会

    元統一協会員の仲正昌樹が斎藤貴男らを批判した「サヨクの最後の砦 - 「格差社会」「愛国心」「共謀罪」ハンタイ」(2006年8月号)に2ページでいいから反論させろと要求したところ、「読者投稿欄なら」との編集部の回答に失望したという。数ページにわたる批判記事への言論人の反論には2ページ割いて反論を載せるのは従来『諸君!』の伝統であって、石井英夫のそれに対しても俵孝太郎は2ページ反論する機会を与えられている。斎藤は結局、投稿欄への反論を行わなかった。また、以前は本多勝一が投書欄への反論すら拒絶されたことで、訴訟沙汰となっている。掲載された本多への批判の論説は、本多が書いた記事の曲解に基づくものであり、読者に誤解をさせるから名誉毀損であるとし、本多は発行元の文芸春秋社を提訴した。判決は、掲載された文に本多の記事が引用されているため読者には元の文がわかるとして請求棄却であった。諸君! フレッシュアイペディアより)

  • 反米保守

    反米保守から見た格差社会格差社会

    小泉内閣の政策に対しては、郵政民営化をはじめとする新自由主義政策や皇室典範改正など、日本の社会・伝統を破壊するものが多分に含まれているという理由で否定的である。対米従属強化を警戒し、日本の真の独立(自主独立)として、憲法を廃止し”自主憲法の制定”を志向している。郵政民営化に反対したため、2005年の解散・総選挙で小泉自民党執行部に「刺客」候補を送り込まれて落選した城内実は自らの立場を「真正保守主義」、「革新的な保守主義者」であるとして 1、「最近の規制緩和路線、市場原理主義、株式至上主義の行き着くところはアメリカ型の格差社会である。格差が広がりつつあることは、現場の声を聞けば明らかである」2と小泉内閣を激しく批判し、月刊『現代』2006年7月号誌上で平沼赳夫、関岡英之との鼎談「アメリカ崇拝政治を排し、保守を再生せよ!」を行っている 3。また、郵政民営化に反対した綿貫民輔、亀井静香、小林興起らは国民新党を結成した。反米保守 フレッシュアイペディアより)

117件中 71 - 80件表示