117件中 81 - 90件表示
  • 労働党 (イギリス)

    労働党 (イギリス)から見た格差社会格差社会

    これにより、保守党政権によって拡大した所得の格差に不満を持った人々や、長期政権に飽きていた有権者の支持を集めて、1997年の総選挙で地滑り的な大勝を収める。以後、「福祉のニューディール」やスコットランド議会の再開などの地方分権が進められている。この「第三の道」路線はヨーロッパ諸国の社会民主主義政党にも大きな影響を与えた。結果的に、ブレア政権下では労働党史上初となる総選挙での3期連続勝利をもたらした。労働党 (イギリス) フレッシュアイペディアより)

  • 城内実

    城内実から見た格差社会格差社会

    自らの立場を「真正保守主義」「革新的な保守主義者」であるとして、「最近の規制緩和路線、市場原理主義、株式至上主義の行き着くところはアメリカ型の格差社会である。格差が広がりつつあることは、現場の声を聞けば明らかである」と小泉・竹中構造改革路線を批判し、月刊『現代』(2006年7月号)で平沼赳夫、関岡英之との鼎談「アメリカ崇拝政治を排し、保守を再生せよ」と語っている。そのため、反米という点で城内と思想を同じくする一部の左派・リベラル派とされる論者からも評価されている。また城内自身も反郵政民営化反貧困問題等で左派系市民団体の集会で講演するなどタカ派政治家としては異例な一面も見せている。城内実 フレッシュアイペディアより)

  • 市場の失敗

    市場の失敗から見た格差社会格差社会

    失業、貧困、犯罪率増加、自殺などの社会問題や格差社会の発生は,従来の定義では経済的な「公平性」が達成されていない現象に属し、定義の上からは市場の失敗とは別の分類であるとされた。しかしアマルティア・センらの研究などにより社会的費用の拡張が試みられ失業や貧困などの社会問題が経済成長などに大きく寄与することとなると貧困などの社会問題が市場の失敗と見なされるようになっている。市場の失敗 フレッシュアイペディアより)

  • 教育

    教育から見た格差社会格差社会

    教育に関する行政を教育行政、教育に関する政策を教育政策と呼ぶ。日本の教育政策については、日本の教育政策と教育制度を参照。教育政策の課題は国によって大きく異なっているが、先進国においてはおおむね社会的格差の解消や国際的な経済競争・知識社会化への対応などが、発展途上国の多くでは識字率・就学率の向上が、求められている。教育 フレッシュアイペディアより)

  • 社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党 (日本 1996-)から見た格差社会格差社会

    社会的な規制による公正な市場経済 - 自由主義経済の是認、格差対策、公共サービスの重視など。社会民主党 (日本 1996-) フレッシュアイペディアより)

  • 吉本隆明

    吉本隆明から見た格差社会格差社会

    また同年には、『蟹工船』が60万部のベストセラーになったことに関連して、情報技術の興隆、格差社会、ワーキングプアについて論じ、「物事や人間を党派に分けて判断するという感じ方が、全般的に崩れ」たことを評価し、しかし同時に「いいものはいいし、悪いものは悪いという原則もなくなった」「この社会に生きることのどこにいいところがあるのか、と言われたら、どこにもないよと言うより仕方がない。もし、もっといい方向を探し出そうとするなら、変化の兆候をよく見極めることが重要」と述べた。吉本隆明 フレッシュアイペディアより)

  • 責任

    責任から見た格差社会格差社会

    果ては奥谷禮子のように、格差社会・過労死を肯定する口実にまで用いる経営者も存在する。過労死は労働者の自己管理の失敗によるものであるから、当人に責任があるというのである。責任 フレッシュアイペディアより)

  • マルクス主義

    マルクス主義から見た格差社会格差社会

    他方、いわゆる新自由主義的政策による格差社会の拡大や、世界金融危機など資本主義経済の不確実性も発生し、マルクス主義の見直しと同時に部分的再評価の動きも発生した。マルクス主義 フレッシュアイペディアより)

  • 左翼

    左翼から見た格差社会格差社会

    1955年からの55年体制では、革新勢力と保守勢力は二大勢力となった。特に1960年代と1970年代の安保闘争では激しい闘争が行われた。連合赤軍や日本赤軍による暴力事件、テロが盛んに行われたのもこの時代である。しかし、「左翼」内部での多数の分裂と党派抗争、公明党などの「中道」政党の躍進、世界的な共産主義勢力の停滞とソ連崩壊、環境問題などの従来の「左翼・右翼」の分類の枠内に収まらない課題の増加、民主党などへの一部合流、などもあり、1980年代以降は従来型の「左翼団体」や「左翼勢力」は縮小傾向にある。日本の戦後左翼は伝統的に他国の左派よりも平和主義に傾倒する傾向が強いが、近年は他国の左派と同様に新自由主義による格差社会や環境破壊などを主要な問題意識とする動きも強まっている。左翼 フレッシュアイペディアより)

  • 2000年代

    2000年代から見た格差社会格差社会

    格差社会が問題化。ヒルズ族をはじめとする新たな富裕層が台頭する一方、ワーキングプア、ネットカフェ難民など日本国内においても深刻な貧困問題が存在することが知られるようになった。2000年代 フレッシュアイペディアより)

117件中 81 - 90件表示

「格差社会」のニューストピックワード