前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
216件中 1 - 10件表示
  • 格差社会

    格差社会から見た正社員

    1997年(平成9年)を頂点に始まった正社員削減、サービス業製造業における現業員の非正規雇用への切り替えにより、就職難にあえぐ若年層の中から登場した、安定した職に就けないフリーターや、真面目に働きながら貧困に喘ぐワーキングプアといった存在が注目されるようになったこと、ジニ係数の拡大や、ヒルズ族などセレブブームに見られる富裕層の豪奢な生活振りが盛んに報じられるようになったことなどを契機として、日本における格差社会・格差拡大が主張されるようになった。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た奥田碩

    格差については、「格差は、頑張った人が報われた結果生じるもので、格差がある社会自体は否定されるべきではない」というように肯定的に捉える論者も多い。2000年以降、小泉純一郎、安倍晋三、中西輝政、竹中平蔵、奥田碩、宮内義彦、御手洗冨士夫、鈴木修、三浦朱門、八代尚宏など(つまり新自由主義・新保守主義を奉じる人々)が肯定的な発言をしている。また、「格差論は甘えです」(奥谷禮子)、「格差は能力の差」(篠原欣子)などの発言もある。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た竹中平蔵

    格差については、「格差は、頑張った人が報われた結果生じるもので、格差がある社会自体は否定されるべきではない」というように肯定的に捉える論者も多い。2000年以降、小泉純一郎、安倍晋三、中西輝政、竹中平蔵、奥田碩、宮内義彦、御手洗冨士夫、鈴木修、三浦朱門、八代尚宏など(つまり新自由主義・新保守主義を奉じる人々)が肯定的な発言をしている。また、「格差論は甘えです」(奥谷禮子)、「格差は能力の差」(篠原欣子)などの発言もある。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た鳩山由紀夫

    一方で、「『勝ち組』と聞くと近年の金融ファンドなどヒルズ族・デイトレーダーがネット端末の前に座ったままクリック一つのマネーゲーム(投機)で楽に利益を追求する株式・証券投資などのイメージが強いが、実際は、投資には投資対象や投資タイミングを見極めるための才能や多くの時間と労力・資金が必要である。また『勝ち組』の中にも一生懸命働いて儲けを手に入れている人もおり、安易に『アリとキリギリス』の論理で勝ち組を批判するのは早計である」という意見も出されている。鳩山由紀夫首相は施政方針演説においてガンジーの言葉を引用し、マネーゲームを「労働無き富」として社会的大罪であると批判したが、逆に鳩山自身の祖父や母からの多額の生前贈与こそが「労働なき富」であると批判された。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た小泉純一郎

    格差については、「格差は、頑張った人が報われた結果生じるもので、格差がある社会自体は否定されるべきではない」というように肯定的に捉える論者も多い。2000年以降、小泉純一郎、安倍晋三、中西輝政、竹中平蔵、奥田碩、宮内義彦、御手洗冨士夫、鈴木修、三浦朱門、八代尚宏など(つまり新自由主義・新保守主義を奉じる人々)が肯定的な発言をしている。また、「格差論は甘えです」(奥谷禮子)、「格差は能力の差」(篠原欣子)などの発言もある。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た内田樹

    これに関連して、内田樹格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た三浦朱門

    格差については、「格差は、頑張った人が報われた結果生じるもので、格差がある社会自体は否定されるべきではない」というように肯定的に捉える論者も多い。2000年以降、小泉純一郎、安倍晋三、中西輝政、竹中平蔵、奥田碩、宮内義彦、御手洗冨士夫、鈴木修、三浦朱門、八代尚宏など(つまり新自由主義・新保守主義を奉じる人々)が肯定的な発言をしている。また、「格差論は甘えです」(奥谷禮子)、「格差は能力の差」(篠原欣子)などの発言もある。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た湯浅誠

    山田昌弘や苅谷剛彦は、「努力が報われる社会」以前に、「格差社会においては、努力する環境に格差が生じている(親の収入・教育水準・教育に対する意識等の家庭環境、子供のやる気等)」と、また湯浅誠は自著『貧困襲来』で「努力が報われる・報われない」以前に「貧困が存在する事」自体が問題であると指摘している。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見たワーキングプア

    1997年(平成9年)を頂点に始まった正社員削減、サービス業製造業における現業員の非正規雇用への切り替えにより、就職難にあえぐ若年層の中から登場した、安定した職に就けないフリーターや、真面目に働きながら貧困に喘ぐワーキングプアといった存在が注目されるようになったこと、ジニ係数の拡大や、ヒルズ族などセレブブームに見られる富裕層の豪奢な生活振りが盛んに報じられるようになったことなどを契機として、日本における格差社会・格差拡大が主張されるようになった。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た東京放送ホールディングス

    あるいは、「そもそも格差社会を率先して批判しているマスコミ業界自体が一部の企業の会長社長、取締役など管理職とその他の社員との格差が大きいとされているので恵まれた境遇の「勝ち組」が格差社会を批判していても形式的に過ぎず、このように報道することで逆に負け組の不満から来る社会的不満を抑制しているというのではないか?」という意見がある。現に、2008年に発表された上場全社の有価証券報告書をもとにした平均年収ランキングでは、1位朝日放送大阪(平均年収1556.7万円)、2位TBS、3位はフジ・メディア・ホールディングス、6位日本テレビ放送網と、トップ3をはじめとした上位陣はテレビ局などメディアが独占している。サラリーマンの平均年収は440万円程度であるが、広告収入が落ちて赤字になってもテレビ局社員の平均年収は1000万円超えを崩さない理由として、日本では総務省が電波をわりあてないと参入できないという既得権益があり公務員的な部分があるためとも指摘されており、また、大手テレビ局社員の収入と、その下請け会社では、極端な給与格差が存在するが、「格差社会」を批判的に報道しても自らの業界の格差には触れることはない。こうした自らは格差社会の頂点に立ちながら格差を喧伝・批判することについてランキング1位の朝日放送は夕刊フジの取材に「コメントは差し控えさせていただきます」と回答をしなかった。ただし、日本テレビでは「生き残りをかけた戦略」の一環として2010年に大半の社員の年収が大幅ダウン確実な新賃金制度に移行したり、テレビ朝日やTBSでも新賃金制度を労働組合に提示、フジテレビも社員の年収を支えた数多くの手当が廃止・削減されたりする動きがあるなど、大手マスコミの社員の年収も確実に減少の途を辿っている。更に、上述の「免許事業で参入障壁が高い」という発想もインターネットなど新規のメディアが台頭してきた現在ではなくなりつつあり、広告のパイそのものが激減した現在では新規参入以前に民放5大系列体制すら維持が困難となりつつある。このような状況下、テレビ局などのメディアが2000年代以前のような「勝ち組」とは一様に言えない状況となっている。格差社会 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
216件中 1 - 10件表示