255件中 91 - 100件表示
  • 格差社会

    格差社会から見た企業

    企業の収益について見ると、各産業間の好不況に加えて、企業規模によっても収益力に格差が生じている。中小企業は、大企業に比べ収益の増加がそれほどでもない。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た住民税

    なお、低所得者にはほとんどメリットがないと言われていた所得税と個人住民税の定率減税(1999年より実施)は、2005年度から段階的に廃止されている。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た就職氷河期

    1997年(平成9年)のアジア金融危機を契機として始まった正社員削減、サービス業製造業における現業員の非正規雇用への切り替えにより、就職難(就職氷河期)に喘ぐ若年層の中から登場した、安定した職に就けないフリーターや、真面目に働きながら貧困に喘ぐワーキングプアといった存在が、注目されるようになったこと、ジニ係数の拡大や、ヒルズ族など、セレブブームに見られる富裕層の豪奢な生活振りが、盛んに報道される様になった事等を契機として、日本における格差社会・格差拡大が主張されるようになった。また同時に盛んに報じられるようになった言葉に「ニート」がある(参照)。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た夕張メロン

    夕張市を例に挙げれば、夕張メロンという特産品があるにもかかわらず、関連商品の企業を市内に持たなかった(例えば夕張メロンゼリーで有名な株式会社ホリは砂川市にある。夕張メロンの生産に必要な道具等も、市内に企業等はないという)。その結果、夕張メロンが売れてもその利益が市や地元に還元されない状況となった。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た倒産

    2006年(平成18年)には北海道夕張市が財政再建団体(事実上の自治体の“倒産”)に転落し、深刻な地方自治体の財政状況が明らかになった。自民党内部には「夕張市の破綻は自己責任」とする主張も根強いが、中央集権の行財政システムを背景とする中央政府の責任転嫁ではないかとの指摘も出されている。なお、その後夕張市以外にも日本各地に複数の“転落予備軍”の自治体が確認されており、「第2の夕張」の懸念がなされている。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見たフリーター

    1997年(平成9年)のアジア金融危機を契機として始まった正社員削減、サービス業製造業における現業員の非正規雇用への切り替えにより、就職難(就職氷河期)に喘ぐ若年層の中から登場した、安定した職に就けないフリーターや、真面目に働きながら貧困に喘ぐワーキングプアといった存在が、注目されるようになったこと、ジニ係数の拡大や、ヒルズ族など、セレブブームに見られる富裕層の豪奢な生活振りが、盛んに報道される様になった事等を契機として、日本における格差社会・格差拡大が主張されるようになった。また同時に盛んに報じられるようになった言葉に「ニート」がある(参照)。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た九州

    森永卓郎は「首都圏・中京圏といった都会と、北海道・東北・九州などの地方では、平均給料・失業率・人口増加率などほとんどの分野で差が出ている」と指摘している。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た上海

    鄧小平時代に改革開放がすすめられ、国家資本主義経済が導入された。沿岸部、特に歴史的に早くから開かれていた上海や、改革開放当初に経済特区とされた14沿海都市などでは裕福層が多い。一方で内陸部、特に各自治区では非常に貧しく、民工とよばれる出稼ぎ労働者への賃金格差や、人身売買もされる黒孩子などの社会問題が発生している。上海・北京・広州などの大都市・沿海部の4億人の地域と、内陸農村部の9億人の地域で経済格差が存在する(2010年時点)。上海などの主要都市部と内陸農村部の賃金格差は、10倍以上あるとされている(2009年時点)。栄養不足人口は1億人以上となっている(2010年時点)。1989年の天安門事件は、沿岸部の経済特区と内陸部の農村地帯の激しい所得格差を背景として起きた。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た子供

    老人になると、収入が増える機会が激減する一方で、健康を害するなどリスクが高まる。さらに「子供がいる・いない」「家がある・無い」「蓄えがある・無い」といった状況の違いが人によってあるため、格差が生じやすくなる。高齢者の所得・貯蓄水準は実に様々であり、高齢者を一括りにすることは現実的ではない。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た藻谷浩介

    エコノミストの藻谷浩介は、地域格差については「東京はにぎわっているが、地方は停滞している(実際には、東京都の中でもさらに自治体によって格差がある)」「名古屋は、日本で一番栄えている(デンソー、アイシン精機など多数の自動車関連工場があるにもかかわらず、それらのイメージとは裏腹にシャッター通りが増加するなど街自体が低迷状態に置かれている刈谷市や、一人当たりの所得は高いはずなのに、床面積当たりの売上が低迷している名古屋市など、必ずしも好況とは言い難い)」など、実態と乖離したイメージで語られることが非常に多いと指摘している。格差社会 フレッシュアイペディアより)

255件中 91 - 100件表示

「格差社会」のニューストピックワード