255件中 111 - 120件表示
  • 格差社会

    格差社会から見た一億総中流

    日本社会が平等かつ均質で、一億総中流と言われていた時期(高度成長期からその後の安定成長期頃まで)においては、所得面での格差社会が問題になることはなかった(ただし、経済学者の橘木俊詔は諸外国と比較すると1980年代の日本の収入格差は大きかったという指摘している)。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た社会

    格差社会(かくさしゃかい)とは、収入や財産によって人間社会の構成員に階層化が生じ、階層間の遷移が困難である状態になっている社会のことである。このことは社会的地位の変化が困難、社会移動が少なく閉鎖性が強いことを意味している。格差社会は社会問題の一つとして考えられている。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た刈谷市

    エコノミストの藻谷浩介は、地域格差については「東京はにぎわっているが、地方は停滞している(実際には、東京都の中でもさらに自治体によって格差がある)」「名古屋は、日本で一番栄えている(デンソー、アイシン精機など多数の自動車関連工場があるにもかかわらず、それらのイメージとは裏腹にシャッター通りが増加するなど街自体が低迷状態に置かれている刈谷市や、一人当たりの所得は高いはずなのに、床面積当たりの売上が低迷している名古屋市など、必ずしも好況とは言い難い)」など、実態と乖離したイメージで語られることが非常に多いと指摘している。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た平民

    貴族、平民、奴隷(西欧諸国および米国)格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見たエリート

    また、国立学校については、学費は公立と同様に安いが、入学者の選抜には学力試験があるため、その入試に向けて教育熱心であり、学習塾等の費用をまかなえる経済力のある家庭の優秀な子弟が集まる傾向にあり、特に都市部においては私立名門校と同じようにエリート校化している。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見たジニ係数

    1997年(平成9年)のアジア金融危機を契機として始まった正社員削減、サービス業製造業における現業員の非正規雇用への切り替えにより、就職難(就職氷河期)に喘ぐ若年層の中から登場した、安定した職に就けないフリーターや、真面目に働きながら貧困に喘ぐワーキングプアといった存在が、注目されるようになったこと、ジニ係数の拡大や、ヒルズ族など、セレブブームに見られる富裕層の豪奢な生活振りが、盛んに報道される様になった事等を契機として、日本における格差社会・格差拡大が主張されるようになった。また同時に盛んに報じられるようになった言葉に「ニート」がある(参照)。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た武士

    武士・百姓・町人(江戸時代。ただし弾左衛門のように権勢を極めた被差別民が存在する一方、実権を持たず内職無しには食えない公家・武士も存在するなど権力・貧富の格差と身分の格差には著しいズレがあった)格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た富の再分配

    学問的には、社会学における社会階層研究や、教育社会学における不平等や地位達成研究(進学実績、教育志望、職業志望研究)、経済学における所得や資産の再分配研究と関連している。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た教育社会学

    学問的には、社会学における社会階層研究や、教育社会学における不平等や地位達成研究(進学実績、教育志望、職業志望研究)、経済学における所得や資産の再分配研究と関連している。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た市場原理主義

    池田信夫は「格差拡大の原因は、市場原理主義・構造改革ではなく、バブル崩壊後の長期不況である」と指摘している。格差社会 フレッシュアイペディアより)

255件中 111 - 120件表示

「格差社会」のニューストピックワード