216件中 31 - 40件表示
  • 格差社会

    格差社会から見た中西輝政

    格差については、「格差は、頑張った人が報われた結果生じるもので、格差がある社会自体は否定されるべきではない」というように肯定的に捉える論者も多い。2000年以降、小泉純一郎、安倍晋三、中西輝政、竹中平蔵、奥田碩、宮内義彦、御手洗冨士夫、鈴木修、三浦朱門、八代尚宏など(つまり新自由主義・新保守主義を奉じる人々)が肯定的な発言をしている。また、「格差論は甘えです」(奥谷禮子)、「格差は能力の差」(篠原欣子)などの発言もある。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た宮本みち子

    宮本みち子『若者が《社会的弱者》に転落する』(『新書』)、洋泉社、2002年11月。ISBN 4-89691-678-6格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た橘木俊詔

    橘木俊詔『格差社会-何が問題なのか』(『岩波新書』新赤版1033)岩波書店、2006年9月。ISBN 4-00-431033-4格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た鄧小平

    鄧小平時代に改革開放がすすめられ、国家資本主義経済が導入された。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見たマハトマ・ガンディー

    一方で、「『勝ち組』と聞くと近年の金融ファンドなどヒルズ族・デイトレーダーがネット端末の前に座ったままクリック一つのマネーゲーム(投機)で楽に利益を追求する株式・証券投資などのイメージが強いが、実際は、投資には投資対象や投資タイミングを見極めるための才能や多くの時間と労力・資金が必要である。また『勝ち組』の中にも一生懸命働いて儲けを手に入れている人もおり、安易に『アリとキリギリス』の論理で勝ち組を批判するのは早計である」という意見も出されている。鳩山由紀夫首相は施政方針演説においてガンジーの言葉を引用し、マネーゲームを「労働無き富」として社会的大罪であると批判したが、逆に鳩山自身の祖父や母からの多額の生前贈与こそが「労働なき富」であると批判された。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た安倍晋三

    格差については、「格差は、頑張った人が報われた結果生じるもので、格差がある社会自体は否定されるべきではない」というように肯定的に捉える論者も多い。2000年以降、小泉純一郎、安倍晋三、中西輝政、竹中平蔵、奥田碩、宮内義彦、御手洗冨士夫、鈴木修、三浦朱門、八代尚宏など(つまり新自由主義・新保守主義を奉じる人々)が肯定的な発言をしている。また、「格差論は甘えです」(奥谷禮子)、「格差は能力の差」(篠原欣子)などの発言もある。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た大竹文雄

    大阪大学社会経済研究所教授大竹文雄の「賃金格差拡大に耐えられる社会に」の中では次のように著述されている。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た山田昌弘

    山田昌弘や苅谷剛彦は、「努力が報われる社会」以前に、「格差社会においては、努力する環境に格差が生じている(親の収入・教育水準・教育に対する意識等の家庭環境、子供のやる気等)」と、また湯浅誠は自著『貧困襲来』で「努力が報われる・報われない」以前に「貧困が存在する事」自体が問題であると指摘している。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た弾左衛門

    武士・百姓・町人(江戸時代。ただし弾左衛門のように権勢を極めた被差別民が存在する一方、実権を持たず内職無しには食えない公家・武士も存在するなど権力・貧富の格差と身分の格差には著しいズレがあった)格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た公立学校

    また、受験競争の過熱もあって、塾や予備校などが普及し、小・中・高校における公立学校の地位は国立学校・私立学校に比べて低下しており、一般に一流と言われるような難易度や社会的評価の高い大学に進学するには、義務教育や公立校によってなされる授業のみでは難しくなっており、保護者にある程度の資力がないと教育に要するコストを十分負担することが出来なくなっている。格差社会 フレッシュアイペディアより)

216件中 31 - 40件表示