216件中 41 - 50件表示
  • 格差社会

    格差社会から見た厚生労働省

    2000年代に格差社会がテーマとして取り上げられている際は、一定の景気回復を前提とした上で、企業利益・賃金の増加のアンバランスないしは、その陰で進行している不具合という視点が取られることが多い(1997年から2007年の間に、企業の経常利益は28兆円から53兆円に増加したが、従業員給与は147兆円から125兆円に減少している)。厚生労働省の2010年(平成22年)版『労働経済白書』では「大企業では利益を配当に振り向ける傾向が強まり、人件費抑制的な賃金・処遇制度改革が強められてきた側面もある。こうした中で、正規雇用者の絞り込みなどを伴う雇用形態の変化や業績・成果主義的な賃金・処遇制度が広がり、賃金・所得の格差拡大傾向が進んできた」と指摘している。マスコミや野党などは、当初、単に格差社会を指摘するものであったが、次第に格差の拡大、世襲化という点を強調する傾向が強まっている。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見たカードローン

    個人の破産のうち、半数以上の原因は医療費負担だという(なお、アメリカは先進国で唯一、全国民に加入義務が課されている医療保険制度がない(2010年時点))。これはカードローンによる破産より多い。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た男子

    アジア通貨危機以降慢性的に不況・雇用不足が続いている上、伝統的な男女格差・地域対立・学歴崇拝が存在しそれが大きな社会格差を生み出している。但し韓国の場合大学進学率は9割を超え、格差は学歴間というよりは学校間が主たる問題となりつつある。また男女間格差については韓国においては男子のみに兵役義務があり、この分除隊後の男性を優遇せざるを得ないという主張が性別格差擁護派からは主張されている。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た移民

    フランスは経済は好調(2007年時点)なものの、雇用格差(若年層、移民の失業率が高い)が大きく、2005年パリ郊外暴動事件が起こるなど社会問題となっている。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た小学校

    また、受験競争の過熱もあって、塾や予備校などが普及し、・中・高校における公立学校の地位は国立学校・私立学校に比べて低下しており、一般に一流と言われるような難易度や社会的評価の高い大学に進学するには、義務教育や公立校によってなされる授業のみでは難しくなっており、保護者にある程度の資力がないと教育に要するコストを十分負担することが出来なくなっている。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た所得税

    なお、低所得者にはほとんどメリットがないと言われていた所得税と個人住民税の定率減税(1999年より実施)は、2005年度から段階的に廃止されている。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た中学校

    また、受験競争の過熱もあって、塾や予備校などが普及し、小・・高校における公立学校の地位は国立学校・私立学校に比べて低下しており、一般に一流と言われるような難易度や社会的評価の高い大学に進学するには、義務教育や公立校によってなされる授業のみでは難しくなっており、保護者にある程度の資力がないと教育に要するコストを十分負担することが出来なくなっている。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た芸能界

    国内において最大の所得格差が存在するのはスポーツ界、芸能界であり、大リーグに渡ったプロ野球選手の巨額年俸が毎年マスコミを賑わす。しかしながらこの問題については報道ワイドショー等においては出演者によって問題を提起されてもコメンテーターの対応は「夢があっていいじゃないですか」といったお茶を濁す形で受け流され殆ど議論が進められることはない。何より日本人大リーガーは功成り名遂げたエリートであり、戦力外通告を受けた二軍選手、またJリーガーの置かれた深刻な状況については問題が未解決のままである。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た経済協力開発機構

    経済協力開発機構(OECD)は2008年に「Japan could do more to help young people find stable jobs(日本は若者が安定した仕事につけるよう、もっとやれることがある)」と題した報告書の中で、「正規・非正規間の保護のギャップを埋めて、賃金や手当の格差を是正せよ。すなわち、有期、パート、派遣労働者の雇用保護と社会保障適用を強化するとともに、正規雇用の雇用保護を緩和せよ」と勧告を行っている。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た大阪大学

    大阪大学社会経済研究所教授大竹文雄の「賃金格差拡大に耐えられる社会に」の中では次のように著述されている。格差社会 フレッシュアイペディアより)

216件中 41 - 50件表示