255件中 41 - 50件表示
  • 格差社会

    格差社会から見た苅谷剛彦

    山田昌弘や教育社会学者の苅谷剛彦は、「努力が報われる社会」以前に、「格差社会においては、努力する環境に格差が生じている(親の収入・教育水準・教育に対する意識等の家庭環境、子供のやる気等)」と指摘している。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た藤田英典

    これに対し、公立校の中にも中高一貫校があり、その学費が安いが、これについて藤田英典は「小学生が自主的に遠くの公立中高一貫校を選ぶことはありえず、親の関心・選択が優先することとなり、公立中高一貫校は教育熱心な恵まれた家庭の生徒ばかりになる」と指摘している。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た池田信夫

    「派遣労働の規制緩和が格差の原因である」という議論について、池田信夫は「原因と結果を取り違えており、派遣労働者は非正規雇用の8%に過ぎない」と指摘している(2009年時点)。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た土居丈朗

    経済学者の土居丈朗は「格差拡大への批判が世界的に起きているが、その内容は権利・機会の平等を訴える者と、結果の平等を訴えている者がいる。日本では、どちらかといえば結果の平等を訴える者が多い。これは危うい傾向である」と指摘している。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た吉川洋

    経済学者の吉川洋は「偶然に左右される分配を放置すれば、社会の安定は大きく損なう。よって『結果の平等』を求めるのはそれなりに合理性がある」と指摘している。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た加藤諦三

    加藤諦三は「現実の格差の大きさと、格差意識の深刻さとは関係ない」と主張する。加藤は「勝ち組」は日本以上に格差の大きいアメリカにもない概念であり、現代の日本社会でカレン・ホルナイの神経症的競争にとらわれた人たちが不必要に敵対意識を持ってしまっていることを示すものだとしている。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た飯田泰之

    経済学者の飯田泰之は「1990年代末、不況が深刻化する第一段階では、新卒求人の縮小という形で人員の絞込みが行われ、格差の問題を生んだ。雇用・格差の問題を考える際には、マクロ経済の悪化・デフレーションの影響に注目する必要がある」と指摘している。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た松原聡

    経済学者の松原聡は「貧富の差が激しい社会では、犯罪が発生しやすくなる」と指摘している。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見たジョセフ・E・スティグリッツ

    ノーベル経済学賞受賞者のジョセフ・E・スティグリッツは「先進経済諸国の中で、アメリカは壊滅的なマクロ経済の結果、所得と機会における格差が最悪である。アメリカのGDPはこの40年間で4倍以上となり、この25年間で倍増しているが、利益はトップに集中している。アメリカ人の間での格差は、富裕層への減税と金融機関への規制緩和に伴い、30年前から拡大しはじめた。インフラ、教育、健康保険制度、さらに社会的セーフティーネットへの投資を減らすにつれ格差は著しくなった。拡大する格差は、アメリカの政治制度・民主的な国家統治が蝕まれることでますます強化されている」「先進工業国の中でアメリカがもっとも格差がひどいのは、規制緩和という政策のせいであり、規制緩和のせいで、不安定性、非効率性、不平等性がアメリカにもたらされた」と指摘している。格差社会 フレッシュアイペディアより)

  • 格差社会

    格差社会から見た弾左衛門

    武士・百姓・町人(江戸時代。ただし弾左衛門のように権勢を極めた被差別民が存在する一方、実権を持たず内職無しには食えない公家・武士も存在するなど権力・貧富の格差と身分の格差には著しいズレがあった)格差社会 フレッシュアイペディアより)

255件中 41 - 50件表示

「格差社会」のニューストピックワード