1029件中 41 - 50件表示
  • 受身 (格闘技)

    受身 (格闘技)から見た格闘技格闘技

    受身(うけみ)は、格闘技において投げられたなど、地面にぶつかる際に、身体的ダメージを軽減するための防御の姿勢・動作である。受身 (格闘技) フレッシュアイペディアより)

  • 閂 (相撲)

    閂 (相撲)から見た格闘技格闘技

    閂(かんぬき)は、相撲の取り組み及びプロレスや総合格闘技等の格闘技、さらには合気道等の武道・武術において用いられる技術である。閂 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 大沢昇

    大沢昇から見た格闘技格闘技

    三つの異なる格闘技で活躍し、キックボクシング時代にタイで激闘を展開した事から、現地のファンからビッグハートと称えられ、小さな巨人とも形容されている。通算成績は、国際式ボクシングで11戦10勝1敗、キックボクシングでは67戦56勝50KO8敗3引き分けの戦績を残し、1964年(昭和39年)から1973年(昭和48年)にかけて活躍した。また、指導者としても、竹山晴友をMA日本キックボクシング連盟日本ミドル級チャンピオンに育て上げた。大沢昇 フレッシュアイペディアより)

  • ラスタとんねるず'94

    ラスタとんねるず'94から見た格闘技格闘技

    「貴王」こと石橋と「憲王」こと木梨が格闘家らを集めて闘うという設定の将棋と格闘技を組み合わせた日本で初めてのスポーツ格闘技ゲーム。出場者には各界(格闘技界、男女プロレス界、プロボクシング界、芸能界)の選手が出場。藤原喜明、アンディ・フグや佐山聡、渡辺二郎、井上貴子、豊田真奈美などをはじめ、芸能人枠で当時それほど有名でなかったよゐこもレギュラー出場していた。藤原は最初は貴王側として登場していたものの、途中から憲王側に移行している(理由は、キューティー鈴木と闘いたいから)。また、最終回の特別企画「ジャイアント将棋インテグラル」は、ジェラルド・ゴルドーやスタン・ザ・マンに神取忍やザ・グレート・サスケなど豪華なメンバーを集めて開催された。特にUWF絡みで因縁のあった藤原VS佐山の対決や、レギュラーだったアンディ・フグとスタン・ザ・マンのボクシング対決は当時としては夢のカードだった(この対決は後に1996年9月1日のK-1 REVENGE '96(大阪城ホール)で実際にWMTC世界スーパーヘビー級選手権試合として行われた)。放送期間中、インテグラルを含め全9局(試合)を行ったが、試合が長い為1週では収まり切れず、3週1局(試合)放送という体裁だった。通算成績は石橋(貴王)の7勝2敗であった。ラスタとんねるず'94 フレッシュアイペディアより)

  • 膝蹴り

    膝蹴りから見た格闘技格闘技

    膝蹴り(ひざげり)とは、蹴り技の一種、あるいはその派生技を含めた総称である。主に格闘技、武道、武術等において使用される。ニー・キックとも呼ばれる。膝蹴り フレッシュアイペディアより)

  • 掌底打ち

    掌底打ちから見た格闘技格闘技

    掌底打ち(しょうていうち)は、格闘技や武道における打撃技の一種である。掌打(しょうだ)、掌底(しょうてい)などの略称でも呼ばれる。掌の手首に近い部分で相手を叩く技である。掌底打ち フレッシュアイペディアより)

  • 格闘競技

    格闘競技から見た格闘技格闘技

    格闘競技 フレッシュアイペディアより)

  • ストレッチ技

    ストレッチ技から見た格闘技格闘技

    ストレッチ技(Stretch Hold)は、格闘技、特にプロレスにおける技の分類の一種である。サブミッション・ホールドを細分化した一分野にあたる。ストレッチ技 フレッシュアイペディアより)

  • 喉輪

    喉輪から見た格闘技格闘技

    格闘技でも相手の動きを止める目的で使用される場合があるが、指を使用しての喉への攻撃は、ルールで禁止されていることが多い。喉輪 フレッシュアイペディアより)

  • 川口幸範

    川口幸範から見た格闘技格闘技

    作風としてはいわゆる「格闘もの」の作品が多いが、初連載の『フープメン』はバスケットボールを題材とした作品である。川口幸範 フレッシュアイペディアより)

1029件中 41 - 50件表示

「格闘技」のニューストピックワード