桂文枝 ニュース&Wiki etc.

六代 桂 文枝(ろくだい かつら ぶんし、1943年7月16日 - )は、日本の落語家、タレント、司会者、社団法人上方落語協会会長。上方落語の名跡『桂文枝』の当代で、前名は桂 三枝(かつら さんし)。本名は河村 靜也(かわむら しずや)。 (出典:Wikipedia)

「桂文枝」Q&A

  • Q&A

    よしもとの序列について。 10年前の知恵袋の質問でこんなの見つけました。 http:…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月21日 18:37

  • Q&A

    桂三枝(文枝さんの相部屋という落語が聞きたいのですが、見当たりません。 どなたかご存…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月16日 09:10

  • Q&A

    この中で最も質の悪い男は誰でしょうか? ①鳥越俊太郎 ②木村拓哉 ③脳念霊菜 ④ゲ…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2016年11月14日 14:24

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「桂三枝」のつながり調べ

  • FNSスーパースペシャルテレビ夢列島

    FNSスーパースペシャルテレビ夢列島から見た桂文枝 (6代目)

    「明石家さんまの愛車車庫入れ」が放送された。今回はほぼ『クイズ!年の差なんて』がメイン。総合司会は桂三枝(現・六代桂文枝)、有賀さつき・八木亜希子の3人。タイトルに「2000万」が入るようになった。フジテレビアナウンサーおよび女性の総合司会起用は2012年時点で1991年が最後となっている。(FNSスーパースペシャルテレビ夢列島 フレッシュアイペディアより)

  • 桂小枝

    桂小枝から見た桂文枝 (6代目)

    俗に初代桂 小枝 - (1948年 - )大阪府此花区の生まれ、加古川東高校に通いながら、1966年(6代桂文枝の一つ上の兄弟子)に3代目桂小文枝(後の5代目文枝)に入門し小枝を名乗った、6代文枝といっしょに伊勢まで東の旅を歩いたことがある、すぐに廃業している(師匠が貯めていた小銭入れのお金を勝手に使って破門されたとされる)。廃業のちは板前。本名は脇本博司。(桂小枝 フレッシュアイペディアより)

「桂三枝」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「桂文枝」のニューストピックワード