444件中 21 - 30件表示
  • ヤングおー!おー!

    ヤングおー!おー!から見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    1969年7月3日に番組スタート。桂三枝(現・6代桂文枝)とMBSアナウンサー(当時)の斎藤努がDJを務めていたラジオ番組『歌え!MBSヤングタウン』のテレビバージョンである。初代司会は、落語家の笑福亭仁鶴と三枝が担当。進行役は斎藤が務めた。ヤングおー!おー! フレッシュアイペディアより)

  • 新作落語

    新作落語から見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    それを打破すべく、斬新な感覚で創作する落語家たちが現れる。先駆けとなったのは、1980年の三遊亭圓丈作「パニック・イン・落語界」であった。大阪の吉本興業が東京に進出して落語協会、芸術協会を破壊していくというナンセンスなストーリーであるが、奇抜な発想と機知に富んだ内容で寄席ファンに驚きをもって迎えられたのである。以後圓丈は「パパラギ」・「いたちの留吉」・「グリコ少年」・「肥辰一代記」などの傑作を発表する。他に、川柳川柳「ガーコン(歌で綴る太平洋戦史)」・「ジャズ息子」、桂三枝(現・六代桂文枝)「ゴルフ夜明け前」・「ぼやき酒屋」・「妻の旅行」、5代目鈴々舎馬風「会長への道」、三遊亭歌之介「寿の春」・「田畑くん」・「お父さんのハンディ」・「B型人間」・「爆笑龍馬伝」などの新作が生まれ、ベテランでは6代目笑福亭松鶴「後引き酒」、2代目桂枝雀「茶漬えんま」等一連の創作活動がさかんとなる。現在は春風亭昇太、柳家喬太郎、三遊亭白鳥、林家彦いち、上方では笑福亭仁智、桂蝶六らにより発展を続けている。新作落語 フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝の茶屋町ホテル

    桂文枝の茶屋町ホテルから見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    かつて同局の看板番組「MBSヤングタウン」のパーソナリティを長年にわたり担当した後、在阪局発の全国ネットテレビ番組の人気司会者としてや落語家で全国に浸透した桂三枝(現・六代桂文枝)が古巣のMBSラジオでレギュラー番組を始めるということで話題となっていた。桂文枝の茶屋町ホテル フレッシュアイペディアより)

  • 三枝のホントにホント

    三枝のホントにホントから見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    『三枝のホントにホント』(さんしのホントにホント)は、1981年4月14日から同年7月28日まで東京12チャンネル(現・テレビ東京)で放送されたクイズ番組である。桂三枝(現・六代桂文枝)の冠番組。放送時間は毎週火曜 19:00 - 19:54 (JST) 。三枝のホントにホント フレッシュアイペディアより)

  • 上方落語

    上方落語から見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    昭和40年代に入ると、松鶴、米朝、春團治、3代目小文枝らが積極的に採り続けてきた弟子たちが、テレビ時代・深夜放送ブームを背景に台頭。可朝、笑福亭仁鶴、桂三枝(現在の6代目桂文枝)、笑福亭鶴光、2代目桂春蝶、笑福亭鶴瓶、桂朝丸(現在の2代目桂ざこば)らが注目を浴びる。とくに仁鶴は、初代桂春團治を意識した爆笑落語で人気を集め、1972年(昭和45年)には、テレビラジオのレギュラー番組にひっぱりだこで、一躍スターダムにのしあがった。松鶴ら師匠連は、若手のマスコミ進出を上方落語を広く認知してもらう最良の手段として容認しており、結果入門者が増加するなどし、その意味でも仁鶴の功績は大きい。上方落語 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤努

    斎藤努から見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    その一方で、若手時代には、同期の水谷と共にスポーツアナウンサーとしても活動。1968年4月からは、週の後半(木 - 土曜日)にプロ野球中継の実況を担当した関係で、『歌え!MBSヤングタウン』への出演を週の前半(月 - 水曜日)に限っていた。この時に週後半の司会を任された桂三枝(現在の六代 桂文枝)とは、後に『ヤングおー!おー!』などの番組でたびたび共演している。斎藤努 フレッシュアイペディアより)

  • 三枝・やすしの花マル家族

    三枝・やすしの花マル家族から見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    『三枝・やすしの花マル家族』(さんしやすしのはなマルかぞく)は、1987年1月15日から同年6月18日までテレビ東京系列局で放送されていた情報バラエティ番組で、桂三枝(現:六代桂文枝)と横山やすしの冠番組。放送時間は毎週木曜 20:00 - 20:54 (JST) 。三枝・やすしの花マル家族 フレッシュアイペディアより)

  • MBS開局60周年アワー 音楽の時間ですょ 目指せ1179曲てアンタ!?

    MBS開局60周年アワー 音楽の時間ですょ 目指せ1179曲てアンタ!?から見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    『MBSヤングタウン』:桂三枝(現・六代目桂文枝)#、斎藤努●MBS開局60周年アワー 音楽の時間ですょ 目指せ1179曲てアンタ!? フレッシュアイペディアより)

  • 当たるトラ年! 今年も大躍進 必殺&タイガース

    当たるトラ年! 今年も大躍進 必殺&タイガースから見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    なお、放映当時の藤田は近鉄バファローズファン、桂三枝(現・六代桂文枝)は読売ジャイアンツファンだった。番組のラストでは両者が「こんなくだらない時間を過ごしたことはなかった」とこっそりボヤきあうところで終わっている。その後、三枝(現・六代文枝)は関西大学の先輩でもある村山実の監督の就任をきっかけに阪神ファンに転向、藤田は近鉄・オリックス合併騒動を経て野球ファンそのものをやめている。当たるトラ年! 今年も大躍進 必殺&タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 上方落語をきく会

    上方落語をきく会から見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    これでは上方落語も滅んでしまうと思い立った、ABCラジオの松本昇三と澤田隆治が企画し、引退同然だった4代目桂文團治と橘ノ圓都を上置きに、両派の顔をそろえて始めた。反響は大きく、年に23回のペースで時には東京からの来演も交えながら着実に実績を重ねた。昭和30年代には、松鶴、米朝、春團治、文枝のいわゆる上方落語四天王を中心に、60年代後半になると、笑福亭仁鶴、2代目桂枝雀、桂三枝(現・6代桂文枝)、2代目桂春蝶といった次世代の若手たちの登竜門になり、空前の落語ブームといわれた時代の中心の落語会となった。上方落語をきく会 フレッシュアイペディアより)

444件中 21 - 30件表示

「桂文枝」のニューストピックワード