444件中 31 - 40件表示
  • 島田洋七

    島田洋七から見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    1975年、洋七は東京進出を考えるが、よしおが「怖い」と尻込み。また洋七がよしおに楽器を持てと強要し大ゲンカとなって解散した。漫才は諦めようかと悩んだが、花月劇場の進行役をしていた洋八を、桂三枝(後の六代目桂文枝)が「あの人はどないや。」と薦めるので洋八を口説き、三代目B&Bを結成。「七転び八起き」または「七転八倒」から、それぞれ洋七・洋八に改名。結成二年目の1977年には第6回上方お笑い大賞銀賞を受賞。翌1978年には第13回上方漫才大賞奨励賞を受賞するなど実力が認められた。しかし1979年、「ヤングおー!おー!」(MBS制作)のチンチラチンコーナーにレギュラー抜擢されなかった事が原因で大阪の活動に限界を感じる(詳細は後述)。この事が最終的に決断した理由だが、頑なに東京行きを決行した理由を洋七は幾つか異なる説明をしている。一つは当時の大阪の若手実力漫才コンビの中では、ほぼ唯一の"非関西圏"の出身でもあり、大阪にいるあいだは"ヨソもん意識"があって大阪に執着は無く、東京なら"ヨソもん"の集まりだからいいだろうと考えたこと。他に星セント・ルイスが大阪のテレビ番組にやってきたが、笑いでは自分たちが勝っていた。セント・ルイスの人気をみて、東京に行った方が売れるんじゃないかと思ったこと。また、大阪では結構売れっ子となっていたのに、郷里の広島や、祖母のいる佐賀では殆ど知られておらず、「いくら売れても大阪ローカルではダメ、東京発の全国ネットのTV番組に出演しなければ意味がない」と悟ったこと。他にもWヤングの平川幸男に「お前らなら売れる。東京に行け」と勧められたという話もある。これらの理由から東京で活躍したいという野望が沸く。当時の吉本は東京に事務所がなかった。島田洋七 フレッシュアイペディアより)

  • 1988年のテレビ (日本)

    1988年のテレビ (日本)から見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    26日 - フジテレビ系で桂三枝(現・六代目桂文枝)と山田邦子の司会によるクイズ番組『クイズ!年の差なんて』が放送開始( - 1994年9月15日)。1988年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 新婚さんいらっしゃい!

    新婚さんいらっしゃい!から見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    司会の桂文枝は、襲名前の桂三枝時代と合わせ第1回の放送から現在まで司会を担当しており、2011年5月時点で実に40年に渡り司会を続けている。これは日本のテレビにおけるバラエティ番組史上の最長の司会記録である。新婚さんいらっしゃい! フレッシュアイペディアより)

  • オール阪神・巨人

    オール阪神・巨人から見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    1975年4月にコンビ結成。コンビ名は毎日放送のテレビ番組『ヤングおー!おー!』内で桂三枝(現・六代桂文枝)がコンビ名募集を行い、その中から採用されたものである。コンビ名の由来は、「2人の23cmという身長差(巨人と半身【はんしん】)に基づく」や、「日本プロ野球のセントラル・リーグで伝統の一戦と称される阪神対巨人から採った」等の説があるが、定かではない。双方ともものまねが得意である。オール阪神・巨人 フレッシュアイペディアより)

  • 吉本新喜劇

    吉本新喜劇から見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    梶原一弘(6代桂文枝の弟子。現:落語家桂三象)吉本新喜劇 フレッシュアイペディアより)

  • 桂小枝

    桂小枝から見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    俗に初代桂 小枝 - (1948年 - )大阪府此花区の生まれ、加古川東高校に通いながら、1966年(6代桂文枝の一つ上の兄弟子)に3代目桂小文枝(後の5代目文枝)に入門し小枝を名乗った、6代文枝といっしょに伊勢まで東の旅を歩いたことがある、すぐに廃業している(師匠が貯めていた小銭入れのお金を勝手に使って破門されたとされる)。廃業のちは板前。本名は脇本博司。桂小枝 フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝

    桂文枝から見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    1947年、4代目文枝に弟子入り。2代目桂あやめ、3代目桂小文枝を経て、1992年、5代目文枝を襲名。3代目桂米朝、6代目笑福亭松鶴、3代目桂春団治と共に「四天王」と呼ばれた。弟子には桂三枝(6代桂文枝)、桂きん枝、桂文珍など。桂文枝 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京系列夕方ニュース枠

    テレビ東京系列夕方ニュース枠から見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    1989年10月のテレビ北海道開局を前にして、同年4月にメガTONネットワークはTXNに改称。番組タイトルも『TXNニュース THIS EVENING』になり、これまでニュースを編成していなかった土日夕方にも進出する。日曜版初代キャスターに落語家でバラエティ番組司会者の桂三枝を起用の他、末期には「ニュース犬」ブーニーを登場するなど平日版ではできない実験的な試みもあった。テレビ東京系列夕方ニュース枠 フレッシュアイペディアより)

  • 奥さん!2時です

    奥さん!2時ですから見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    これを1970年10月から放送時間を1時間に広げたのがこの『奥さん!2時です』である。東京版は歌手の江利チエミを、大阪版は桂三枝(現・六代目桂文枝)、笑福亭仁鶴、森乃福郎を曜日別のメイン司会に、毎日放送の藤本永治アナウンサーを進行役に起用。主婦向けの生活情報やゲストとのインタビューを楽しんだ。奥さん!2時です フレッシュアイペディアより)

  • 熱血!人情派コメディ しゃかりき駐在さん

    熱血!人情派コメディ しゃかりき駐在さんから見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    本作は『花の駐在さん』(1978年4月6日 - 1984年10月7日放送、主演:桂三枝)・『さんまの駐在さん』(1985年4月7日 - 1986年10月5日放送、主演:明石家さんま)・『1、2、駐在さんダァ〜!!』(2002年10月6日 - 2004年3月28日放送、主演:石田靖)に続く「駐在さん」シリーズとして位置づけられており、『なにわ人情コメディ 横丁へよ〜こちょ!』(2004年10月3日 - 2008年3月30日放送)以来、6年ぶりの日曜笑劇場レギュラーとなるキングコングの西野亮廣が4代目駐在さんを演じる。この他、西野の相方・梶原雄太をはじめ、日曜笑劇場初レギュラーとなる月亭八光・内場勝則・宇都宮まきが脇を固め、NMB48の福本愛菜、高野祐衣(第13話よりレギュラー加入)が花を添える。八光は父・月亭八方が『さんまの駐在さん』で演じた役と同じ先輩警官役に挑戦し、第26話では八方との親子共演が実現した。また第10話からは脳動脈瘤で開頭手術を受け舞台復帰していた池乃めだかが『爆笑!ふれあいコメディ こちらかきくけ公園前』以来、2年ぶりにレギュラーに加入し、テレビ復帰を果たした。熱血!人情派コメディ しゃかりき駐在さん フレッシュアイペディアより)

444件中 31 - 40件表示

「桂文枝」のニューストピックワード