444件中 41 - 50件表示
  • 片平 なぎさ

    片平なぎさから見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    長寿番組『新婚さんいらっしゃい!』(ABCテレビ制作・テレビ朝日系)では、1981年11月15日から1992年5月17日までの10年半にわたって、桂三枝(現・六代桂文枝)の4代目アシスタントを務めた。番組アシスタントとしては、2008年1月6日放送分で事務所の後輩の山瀬まみが更新するまでの最長出演であった。片平なぎさ フレッシュアイペディアより)

  • 笑福亭 鶴光

    笑福亭鶴光から見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    2代目 笑福亭鶴光(しょうふくてい つるこ、本名:小林 幸男(こばやし ゆきお)、1948年1月18日 - )は、大阪府中河内郡長吉村長吉川辺(現 大阪市平野区)出身の落語家。上方落語協会協会員、落語芸術協会上方真打。血液型はO型。大阪市立天王寺第二商業高等学校卒業(演劇部の同級生に4代目林家小染がいる)、松竹芸能所属。出囃子は『春はうれしや』。桂三枝(現・六代桂文枝)、桂春之輔と同期。弟子には笑福亭學光(しょうふくてい がっこ)らがいる。ラジオパーソナリティとしても不動の地位を築いている笑福亭鶴光 フレッシュアイペディアより)

  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画

    ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画から見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    2004年まで、年に1〜2度放映された(不定期)。浜田を司会に、当初は松本や山崎ほか有名人が出演していたが、2000年からはココリコに加え雨上がり決死隊レギュラーとして登場するようになる。ゲームは当初は「ダジャレ合戦」「あたかも読書」「ヘッドホン伝言ゲーム」「古今東西お股にもんまり!」などであったがその後「おぼえてつなげてダンシング」「黒ヒゲしりとりキック一発」などに変遷。後期にはゲームによっては、敗者が「チ○コマシーン」「キ○タマシーン」「○○でドーン!!(ストーンウォッシュ、ヌーブラなど)」などの罰ゲームを受ける。大喜利とは名ばかりで罰を受ける者を決めるだけの単純なゲームもある。また松本が浜田に不利な状況を作った上でお題を出題し、浜田が罰ゲームを受けることもあった。しかし「大喜利」という企画名と、リアクション要素の強いコーナー内容との間の整合性が取れなくなったことから、「対決しまっしょい!」に引き継がれる形で発展的解消を遂げた。この企画はかつて桂文枝(六代)がやっていたゲームが多い為、派生として「TKJ(たたいて・かぶって・ジャンケンポンの略)グランプリ」が過去2回開催された。過去に登場したゲストはジミー大西、ガッツ石松、志茂田景樹、城南電機・宮路社長など。ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画 フレッシュアイペディアより)

  • 立川談志

    立川談志から見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    談志の死去を受けて11月23日、橘家圓蔵(5代目月の家圓鏡)と林家木久扇(初代林家木久蔵)が日本テレビのニュース番組『news every.』に生出演して、故人との想い出を語った。また日本テレビ『金曜夜席』当時からの友人である桂歌丸、上方落語界長老の桂米朝も逝去を悼むコメントを発表した。弟弟子で落語協会会長の柳家小三治は「とんでもない人物だった。今でも兄弟弟子という思いは強い」と語り、兄弟子の死を悼んだ。また、談志に憧れて落語家の道を志した上方落語協会会長の桂三枝(現:6代桂文枝)も談志の訃報が公表された日の緊急会見で「嘘であって欲しいと思いました」と泣き崩れながら故人を偲んだ。立川談志 フレッシュアイペディアより)

  • FNSスーパースペシャルテレビ夢列島

    FNSスーパースペシャルテレビ夢列島から見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    「明石家さんまの愛車車庫入れ」が放送された。今回はほぼ『クイズ!年の差なんて』がメイン。総合司会は桂三枝(現・六代桂文枝)、有賀さつき・八木亜希子の3人。タイトルに「2000万」が入るようになった。フジテレビアナウンサーおよび女性の総合司会起用は2012年時点で1991年が最後となっている。FNSスーパースペシャルテレビ夢列島 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市

    大阪市から見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    急激な電話加入者の増加で、従来の3桁の局番では対応しきれなくなったことを考慮し、日本では東京都都心23特別区(市外局番03地域)に次いで2番目の市内局番4桁化を、1999年1月1日午前2時より行った(携帯電話・PHS番号の11桁化と同時)。その際、CMでは桂三枝(現・六代桂文枝)が「あたまに『6』を付けまして」という周知キャンペーンを行なった。大阪市 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のラジオ (日本)

    2012年のラジオ (日本)から見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    14日・21日 - 落語家でタレントの桂三枝の「六代 桂文枝」襲名を記念し、MBSラジオで記念特別番組を2週連続で放送。2012年のラジオ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • ダウンタウンのごっつええ感じのコント

    ダウンタウンのごっつええ感じのコントから見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    松本扮する紙芝居のおっさんが、創作紙芝居「クマのプー太郎」(当時、放送されていた同名のアニメとは別物)を上演する。芝居の大筋は「プー太郎が木の実を食べ過ぎてお腹を壊す」というものだが、実際は物語に全く関係ない絵(壷振りの絵、消火器の取り扱い方や桂三枝(現・六代目桂文枝)の写真など)が多く混入しており、話がつながらない。最後に「みんなも食べすぎには注意しようね」といっていたが、肝心の食べすぎるシーンも無関係の絵に挿げ替えられており、全く意味がわからないものとなっていた(「愛の早食いディナーショー」というのはあったが)。ダウンタウンのごっつええ感じのコント フレッシュアイペディアより)

  • 明石家さんま

    明石家さんまから見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    笑福亭松之助に弟子入りした当初の芸名は「笑福亭さんま」であった。なお、「さんま」という芸名は、さんまの実家が水産加工業を営んでいたことから命名。その後、「明石家さんま」に改名。「明石家」は師匠・笑福亭松之助の本名「明石徳三」から貰い受けたもので、当時は松之助門下の多くが「明石家」を名乗っていた(「明石屋さんま」は誤字)。亭号を「明石家」に改めた理由としては、落語を演じない者に一門の「笑福亭」を与えることは許されないとした、一門の方針によるというのが通説になっている。しかし師である松之助自身一時落語を離れ、喜劇役者に専念していた時期があったことや、吉本に所属していた月亭可朝、笑福亭仁鶴、6代目桂文枝らのタレントとしての活躍、兄弟子の明石家つる松(後の橘家圓三)は古典落語しか演じなかったこと、それに「明石家」自体が落語家的な亭号からして、落語をしないことが「明石家」を名乗る直接の理由ではないといえる。松之助の兄弟子にあたる6代目笑福亭松鶴は、直弟子の鶴瓶にはほとんど落語の稽古をつけていないし、当時鶴瓶も落語をほとんど演じなかった。対して松之助はさんまには落語を少ないながらも教えている。さんまもデビュー間もない頃は岩田寄席など地域寄席で古典落語を演じ、毎日放送の大喜利番組では着物を着て落語家として出演していた。松之助は長男には明石家のんき、次男にはパーポ明石と芸名を付けている。明石家さんま フレッシュアイペディアより)

  • 西川きよし

    西川きよしから見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    血液型はO型。三稜中学校卒業(14期生)。姉は六代桂文枝と同級生であった。西川きよし フレッシュアイペディアより)

444件中 41 - 50件表示

「桂文枝」のニューストピックワード