444件中 71 - 80件表示
  • 谷五郎

    谷五郎から見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    兵庫県立加古川東高等学校、神戸大学農学部卒業。血液型A型。一時期高砂市にある農協職員として勤務の後、パーソナリティに転職。パーソナリティとしての出演には、過去にはラジオ関西の「谷五郎のOH!ハッピーモーニング」や、山陽放送の「谷五郎の旅は続くよ」などがある。またABCテレビの「ナイトinナイト - おっちゃんVSギャル」(火曜日、1986年5月 - 2000年3月、司会・桂三枝(現・六代桂文枝))に出演していた。谷五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 千秋幸雄

    千秋幸雄から見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    テンションの高い喋りが特徴。かつては「いらっしゃーい!」(桂三枝(現・六代桂文枝)のものまね)を持ちギャグにしていた。千秋幸雄 フレッシュアイペディアより)

  • 吉本特別興行

    吉本特別興行から見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    桂三枝(現・六代桂文枝吉本特別興行 フレッシュアイペディアより)

  • 笹岡薬品

    笹岡薬品から見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    ABC制作・TBS系で放映された「凡児のおやじバンザイ!!」・KTV制作・フジテレビ系で放映された「凡児の娘をよろしく」、「恋のトリプルチャンス」(桂三枝(現・六代桂文枝)司会)のスポンサーとしてもその名を知られている。笹岡薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 橘右之吉

    橘右之吉から見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    メディアクラフト牡牛座「桂三枝創作落語大全集」(著・桂三枝(現・六代桂文枝))題字(2004)橘右之吉 フレッシュアイペディアより)

  • サウンドコピー

    サウンドコピーから見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    かつては柳家金語楼や横山エンタツ・花菱アチャコ、桂三枝(現・六代桂文枝)などの吉本に縁の芸人の物真似を多くやっていたが、2000年代あたりは環境問題や動物の絶滅危惧に関するネタを多く披露しており、自費出版CD「みんなのちきゅう」も環境問題を訴える内容になっている。サウンドコピー フレッシュアイペディアより)

  • セーラーズ

    セーラーズから見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    桂三枝(現・六代桂文枝)の命名で「セーラーズ」、一時「セーラーズてる子・あかね」を名乗った。1996年11月に初の女性真打昇進。セーラーズ フレッシュアイペディアより)

  • Laugh&Peace

    Laugh&Peaceから見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    司会を今田耕司&東野幸治が担当し、ダウンタウンと島田紳助が1コーナーずつ「乱入」した。吉本芸人の中でも桂三枝(現・六代桂文枝)、明石家さんま、ナインティナインなどは出演していない。『松本紳助』では『ガキの使い』の成功で菅賢治に借りがあるダウンタウンには出演依頼が出来たが、菅が口説いて『恋のから騒ぎ』出演に至ったさんまには出来なかったとの事。Laugh&Peace フレッシュアイペディアより)

  • 花王名人大賞スペシャル

    花王名人大賞スペシャルから見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    第4?7回:桂三枝(現・六代桂文枝)・楠田枝里子花王名人大賞スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 大安売り

    大安売りから見た桂文枝 (6代目)桂文枝 (6代目)

    長らく埋もれていたのを、昭和40年代後半に長老の橘ノ圓都が若手に伝授したネタである。比較的軽い話でクスグリも多く、上方では多くの演じ手がいる。桂三枝(現・六代桂文枝)も若いころは好んで演じており、その音源がレコード化された。現在では、三遊亭歌武蔵が十八番としている。大安売り フレッシュアイペディアより)

444件中 71 - 80件表示

「桂文枝」のニューストピックワード