前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
234件中 1 - 10件表示
  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見たフジテレビジョン

    多くの芸人(特に吉本の後輩)からものまねされている(大平サブロー、明石家さんま、松本人志など)。また、関根勤や東野幸治のかつての芸名「ラビット関根」や「バッテリー幸治」(フジテレビ系『明石家マンション物語』の番組内のみで使用)、池乃めだか、セーラーズの名付け親でもある。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た明石家さんま

    2012年に桂文枝を襲名するまで長く「桂三枝」で活動し、弟子や吉本の後輩芸人からは「三枝師匠」と呼ばれ、愛称は「サニー」「さんちゃん」であった(「さんちゃん」については、後輩である明石家さんまの愛称となり、そちらの方が一般的な認識となった)。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見たテレビ朝日

    ドカンと一発60分!(1975年、NET ※現・テレビ朝日桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た立川談志

    タレントとして早くから頭角を現す一方で、本業の落語の評価は高くなかった。三遊亭圓丈の新作落語にヒントを得て、古典ではなく新作にウェイトを置くようになると、こちらでの評価も急上昇していった。立川談志は「ただの若手の人気者だと思っていたが、新作落語で奥義を極めた」と評している。これは古典をほとんどやっていない早い時期に、司会者やタレントで人気が出始めたため、師匠にしっかり稽古を付けてもらえなかったこと、本来の上方落語の世界に出てくる大阪言葉に馴染めなかったことなどが理由とされている。なお、この自作については、後世に語り継がれることを前提としているため、「新作落語」(古典落語の対語)とは呼ばせず、敢えて「創作落語」と呼ぶ(また、新作落語はおおむね、時期が過ぎたらそのネタを「捨て」ざるを得なくなる運命にあり、それに反発したことにもよる)。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た桂文枝

    六代 桂 文枝(ろくだい かつら ぶんし、1943年7月16日 - )は、日本の落語家、タレント、司会者、社団法人上方落語協会会長。上方落語の名跡『桂文枝』の当代で、前名は桂 三枝(かつら さんし)。本名は河村 靜也(かわむら しずや)。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た松本人志

    多くの芸人(特に吉本の後輩)からものまねされている(大平サブロー、明石家さんま、松本人志など)。また、関根勤や東野幸治のかつての芸名「ラビット関根」や「バッテリー幸治」(フジテレビ系『明石家マンション物語』の番組内のみで使用)、池乃めだか、セーラーズの名付け親でもある。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た西川きよし

    西川きよし、笑福亭仁鶴と並び、吉本興業の三巨頭と称されている。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見たダウンタウン (お笑いコンビ)

    1990年代前半までは、長者番付関西芸能人ランキング首位を保ちつづけた。近年はダウンタウンなど後進の台頭に加え、上沼恵美子ややしきたかじんがテレビ司会者として活躍するなど、お笑い界や上方芸能界の変化もあって、テレビタレントとしては全盛期の頃の勢いはやや落ち着いたものの、その後は落語家としての活動を中心に据えるようになった。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た資生堂

    最近は抜け毛が多くなり、どんなヘアースタイルにするか悩んでいる。また、白髪を染めるのをやめたようだが、資生堂のunoのCMに出演。生まれて初めて金髪に染めて、話題を呼んだ。CMの中で「いらっしゃーい!」と「金髪ってええな。」とセリフを言った。またこのCMでは、『新婚さんいらっしゃい!』の椅子ごとコケる動作や「オヨヨ」を、同CMでのコンテスト企画で優勝した川島明(麒麟)・藤森慎吾(オリエンタルラジオ)に伝授した。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た加山雄三加山 雄三

    落語界きっての多趣味で、かつては芸能人仲間でボウリング部を立ち上げたこともあった。最近ではブログを毎日更新している。趣味はウクレレ、絵を描く事である。また加山雄三のファンであり、影響で船舶の免許を取得している。なお、自動車の運転免許は持っていない。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
234件中 1 - 10件表示

「桂文枝」のニューストピックワード