234件中 11 - 20件表示
  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た藤田まこと

    大の阪神タイガースファンである。かつては巨人ファンであったが、1987年11月に『七人のHOTめだま』(フジテレビ系)にレギュラー出演した時、江川卓が引退を決意した時の映像が流れたのを見て「今日限りで巨人ファンを辞めて阪神ファンになります!」と鞍替えを宣言し、司会の近藤正臣らの度肝を抜いた。1992年に「阪神が優勝しなければ坊主にする」と公約し、阪神が本当に優勝を逃したため、公約通り坊主頭にした。しかし、芸能活動の中心が関西であるため、阪神ファンを偽っているという話もある。2002年頃、生放送のバラエティ番組で「この番組は関西ではO.A.されてないよな?」と断った上で「私、実は巨人ファンなんです」と言ったことがある。藤田まこと(旧近鉄ファン)も三枝が「巨人ファン」であることを話題にしたことがある。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た栗原小巻栗原 小巻

    象印マホービン「エアーポット・押すだけ」 - 栗原小巻と共演、『パンチDEデート』のパロディで話題に。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た田中好子

    『ドカンと一発!60分』の“三枝のお作法教室”というドッキリコーナーの中で、お吸い物のお椀の中にトカゲのおもちゃを入れキャンディーズをビックリさせようとしたが、お椀の蓋を開けた田中好子が本当に気絶。伊藤蘭、藤村美樹が心配、スタジオも騒然となり、三枝の表情も不安になるが、結局これがドッキリと分かり(田中の気絶は演技で、伊藤と藤村も仕掛け人、つまり三枝が逆ドッキリにかけられた)、キレた三枝が介抱に使ったタライの水をセットにぶちまけた。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見たキャンディーズ

    『ドカンと一発!60分』の“三枝のお作法教室”というドッキリコーナーの中で、お吸い物のお椀の中にトカゲのおもちゃを入れキャンディーズをビックリさせようとしたが、お椀の蓋を開けた田中好子が本当に気絶。伊藤蘭、藤村美樹が心配、スタジオも騒然となり、三枝の表情も不安になるが、結局これがドッキリと分かり(田中の気絶は演技で、伊藤と藤村も仕掛け人、つまり三枝が逆ドッキリにかけられた)、キレた三枝が介抱に使ったタライの水をセットにぶちまけた。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た片平なぎさ片平 なぎさ

    幸せにキッスしたら/あいあいI Love You(1984年)※共演片平なぎさ‐朝日放送「新婚さんいらっしゃい!」より桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た三遊亭圓丈三遊亭 円丈

    タレントとして早くから頭角を現す一方で、本業の落語の評価は高くなかった。三遊亭圓丈の新作落語にヒントを得て、古典ではなく新作にウェイトを置くようになると、こちらでの評価も急上昇していった。立川談志は「ただの若手の人気者だと思っていたが、新作落語で奥義を極めた」と評している。これは古典をほとんどやっていない早い時期に、司会者やタレントで人気が出始めたため、師匠にしっかり稽古を付けてもらえなかったこと、本来の上方落語の世界に出てくる大阪言葉に馴染めなかったことなどが理由とされている。なお、この自作については、後世に語り継がれることを前提としているため、「新作落語」(古典落語の対語)とは呼ばせず、敢えて「創作落語」と呼ぶ(また、新作落語はおおむね、時期が過ぎたらそのネタを「捨て」ざるを得なくなる運命にあり、それに反発したことにもよる)。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た藤村美樹

    『ドカンと一発!60分』の“三枝のお作法教室”というドッキリコーナーの中で、お吸い物のお椀の中にトカゲのおもちゃを入れキャンディーズをビックリさせようとしたが、お椀の蓋を開けた田中好子が本当に気絶。伊藤蘭、藤村美樹が心配、スタジオも騒然となり、三枝の表情も不安になるが、結局これがドッキリと分かり(田中の気絶は演技で、伊藤と藤村も仕掛け人、つまり三枝が逆ドッキリにかけられた)、キレた三枝が介抱に使ったタライの水をセットにぶちまけた。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た岡本夏生岡本 夏生

    好きだから/愛は季節の中で(1992年7月)※共演岡本夏生‐朝日放送「新婚さんいらっしゃい!」より桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た江川卓 (野球)

    大の阪神タイガースファンである。かつては巨人ファンであったが、1987年11月に『七人のHOTめだま』(フジテレビ系)にレギュラー出演した時、江川卓が引退を決意した時の映像が流れたのを見て「今日限りで巨人ファンを辞めて阪神ファンになります!」と鞍替えを宣言し、司会の近藤正臣らの度肝を抜いた。1992年に「阪神が優勝しなければ坊主にする」と公約し、阪神が本当に優勝を逃したため、公約通り坊主頭にした。しかし、芸能活動の中心が関西であるため、阪神ファンを偽っているという話もある。2002年頃、生放送のバラエティ番組で「この番組は関西ではO.A.されてないよな?」と断った上で「私、実は巨人ファンなんです」と言ったことがある。藤田まこと(旧近鉄ファン)も三枝が「巨人ファン」であることを話題にしたことがある。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見たハリセンボン (お笑いコンビ)

    ほっともっと「新・幕の内弁当」(2011年・スリムクラブと共演、2012年ではハリセンボンと共演)桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

234件中 11 - 20件表示

「桂文枝」のニューストピックワード