234件中 21 - 30件表示
  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た里見まさと

    実はまったくの野球オンチという説もある。『ヤングおー!おー!』時代「なんか、おもろい話ないか?」と後輩芸人に聞くのが常だったが、里見まさとが甲子園に行って、おもろいオバハンに会った話をしだすと、何も言わずにいなくなってしまい、まさとが「自分で聞き出してあれは何や、ああいうヤツ嫌いやわ」とキレだした。いつも温厚で静かなまさとの変貌に楽屋は凍りついたという(KTV『さんまのまんま』より)。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た川島明

    最近は抜け毛が多くなり、どんなヘアースタイルにするか悩んでいる。また、白髪を染めるのをやめたようだが、資生堂のunoのCMに出演。生まれて初めて金髪に染めて、話題を呼んだ。CMの中で「いらっしゃーい!」と「金髪ってええな。」とセリフを言った。またこのCMでは、『新婚さんいらっしゃい!』の椅子ごとコケる動作や「オヨヨ」を、同CMでのコンテスト企画で優勝した川島明(麒麟)・藤森慎吾(オリエンタルラジオ)に伝授した。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た渡辺鐘

    桂三度(2011年入門。放送作家、ピン芸人・世界のナベアツ)桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た西川のりお

    芸人仲間での飛行機の移動中、大声で騒ぐ後輩に「お前ら!もうちょっと社会人らしゅうせえー!!」と言ったことが、明石家さんまらにしばらくネタにされる(しかし三枝に言わせると、実際は穏やかな口調で「お前らももう社会人なんやからもうちょっと静かにしたらどうや?」と諭すように語ったのだが、さんまらに誇張され、「いらっしゃーい」の髪を掻き揚げるポーズも組み合わされてしまった)。さんまは若手時代、「さんま!ちょっとこーい!」「どーゆーこっちゃ!」などと三枝から叱られたことを膨張させ、現在でも持ちネタにしている。また、西川のりおが楽屋で「アイツ、いつかぶっころしたんねん」と呟くのを複数の芸人が聞いているという。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見たスリムクラブ

    ほっともっと「新・幕の内弁当」(2011年・スリムクラブと共演、2012年ではハリセンボンと共演)桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見たオリエンタルラジオ

    最近は抜け毛が多くなり、どんなヘアースタイルにするか悩んでいる。また、白髪を染めるのをやめたようだが、資生堂のunoのCMに出演。生まれて初めて金髪に染めて、話題を呼んだ。CMの中で「いらっしゃーい!」と「金髪ってええな。」とセリフを言った。またこのCMでは、『新婚さんいらっしゃい!』の椅子ごとコケる動作や「オヨヨ」を、同CMでのコンテスト企画で優勝した川島明(麒麟)・藤森慎吾(オリエンタルラジオ)に伝授した。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た東野幸治

    多くの芸人(特に吉本の後輩)からものまねされている(大平サブロー、明石家さんま、松本人志など)。また、関根勤や東野幸治のかつての芸名「ラビット関根」や「バッテリー幸治」(フジテレビ系『明石家マンション物語』の番組内のみで使用)、池乃めだか、セーラーズの名付け親でもある。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た藤森慎吾

    最近は抜け毛が多くなり、どんなヘアースタイルにするか悩んでいる。また、白髪を染めるのをやめたようだが、資生堂のunoのCMに出演。生まれて初めて金髪に染めて、話題を呼んだ。CMの中で「いらっしゃーい!」と「金髪ってええな。」とセリフを言った。またこのCMでは、『新婚さんいらっしゃい!』の椅子ごとコケる動作や「オヨヨ」を、同CMでのコンテスト企画で優勝した川島明(麒麟)・藤森慎吾(オリエンタルラジオ)に伝授した。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た池乃めだか

    多くの芸人(特に吉本の後輩)からものまねされている(大平サブロー、明石家さんま、松本人志など)。また、関根勤や東野幸治のかつての芸名「ラビット関根」や「バッテリー幸治」(フジテレビ系『明石家マンション物語』の番組内のみで使用)、池乃めだか、セーラーズの名付け親でもある。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文枝 (6代目)

    桂文枝 (6代目)から見た上沼恵美子

    1990年代前半までは、長者番付関西芸能人ランキング首位を保ちつづけた。近年はダウンタウンなど後進の台頭に加え、上沼恵美子ややしきたかじんがテレビ司会者として活躍するなど、お笑い界や上方芸能界の変化もあって、テレビタレントとしては全盛期の頃の勢いはやや落ち着いたものの、その後は落語家としての活動を中心に据えるようになった。桂文枝 (6代目) フレッシュアイペディアより)

234件中 21 - 30件表示

「桂文枝」のニューストピックワード