桂 米朝

桂米朝 ニュース&Wiki etc.

3代目桂 米朝(かつら べいちょう、1925年(大正14年)11月6日 - )は、旧関東州(満州)大連市生まれ、兵庫県姫路市出身の落語家(上方噺家)。本名、中川 清(なかがわ きよし)。出囃子は『三下り鞨鼓(三下りかっこ)』。俳号は「八十八(やそはち)」。 (出典:Wikipedia)

「桂米朝」Q&A

  • Q&A

    桂米朝師匠の「動物園」の枕で、 羊の小ばなしがない。 「体が羊で顔が人間の子が生ま…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年10月7日 09:35

  • Q&A

    立川談志さんの落語をどう思いますか? 上手いですか? 面白いですか? 饅頭こわい …

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年9月23日 21:17

  • Q&A

    やっぱり立川談誌はすごいんですかね? ただ悪口だけ言っている感じが見受けられます 古…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年9月15日 00:08

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「桂米朝 (3代目)」のつながり調べ

  • 柳家三亀坊

    柳家三亀坊から見た桂米朝 (3代目)

    戦時中は和歌山に疎開。戦後は歌謡歌手の小畑実、村田英雄、島倉千代子等と地方を回る。この頃はヴァイオリンを使った時事小唄、替え歌などで行なった。1960年頃に引退。引退後は和歌山で悠々自適の隠居生活をしていたが、70年代に入り桂米朝によって和朗亭に出演、立体紙芝居を再び披露し始める。(柳家三亀坊 フレッシュアイペディアより)

  • 桂三木助 (4代目)

    桂三木助 (4代目)から見た桂米朝 (3代目)

    同年の9月には「三木助ひとり会スペシャル」という昼夜の独演会を開催し、昼の部には立川志の輔と昇太、夜の部には桂小米朝と立川談志を招くなど、主役である自分が食われかねないゲストとも共演した。また、三木助は元来上方の名跡である事から、桂米朝にも幾つか噺を教わり精進を重ねた。父がかつて芸術祭賞を受賞した芸術祭に対しても意欲を示し、1996年(平成8年)は不参加であったものの、1997年(平成9年)には演芸部門優秀賞を受賞した。さらに吉川潮の協力のもと、父の十八番であった『芝浜』も習得しようと励んでいた。(桂三木助 (4代目) フレッシュアイペディアより)

「桂米朝 (3代目)」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「桂米朝」のニューストピックワード