桂米朝 ニュース&Wiki etc.

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「桂米朝 (3代目)」のつながり調べ

  • 桂右之助

    桂右之助から見た桂米朝 (3代目)

    大阪・豊中生まれ。当初、職を持ちながら寄席に通い、下足番に頼み込んで落語家になったが、どこの門下にも属さなかった。そのため、席亭の計らいで右之助(本名の鹿島卯之助にちなんで)の名をもらった。あまり目立った活躍はなかったが、2代目桂花團治に稽古を付けてもらい、下座として重宝された。晩年、吉本の劇場でヘタリをやったり、京都の落語会や特別な会に出演する一方、橘ノ圓都、3代目笑福亭福松、4代目桂文團治、初代桂南天らと同様、精力的に3代目桂米朝、3代目桂春団治ら若手を指導し、古典落語の継承に努めた。よくやっていたネタは「厄払い」「始末の極意」「みかんや」等があった。喘息のため、故郷の豊中で死去した。(桂右之助 フレッシュアイペディアより)

  • 池田の猪買い

    池田の猪買いから見た桂米朝 (3代目)

    初代露の五郎兵衛作「露休置土産 巻四」(1707)の「野猪の蘇生」が原話。初代桂春團治、二代目三遊亭百生、三代目桂米朝、二代目桂枝雀、二代目桂ざこば、三代目笑福亭仁鶴、桂文珍など多くの演者がいる。(池田の猪買い フレッシュアイペディアより)

「桂米朝 (3代目)」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「桂米朝」のニューストピックワード