251件中 91 - 100件表示
  • 桂歌之助

    桂歌之助から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    3代目桂米朝の門下。扇朝を経て、2代目歌之助を襲名。桂歌之助 フレッシュアイペディアより)

  • 入船亭扇橋

    入船亭扇橋から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    入船亭扇橋、柳家小三治、江國滋、大西信行、三田純市、桂米朝、永井啓夫、矢野誠一、永六輔、神吉拓郎、小沢昭一、加藤武ほかによる共著。入船亭扇橋 フレッシュアイペディアより)

  • 中田ダイマル・ラケット

    中田ダイマル・ラケットから見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    米朝・上岡が語る昭和上方漫才」(単行本、朝日新聞社、2000年)中田ダイマル・ラケット フレッシュアイペディアより)

  • ワザオギ

    ワザオギから見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    当時の落語CD・DVD・ビデオ市場は、東京の立川談志・古今亭志ん朝、上方の桂米朝・桂枝雀など、現役あるいは近年多くの音源を残した故人による音源と、特定のホール寄席で演じられたシリーズものを除けば、昭和中期?後期までのベテランクラスの商品をCDで再発売したものがほとんどであり、ましてや新作落語(上方で言う「創作落語」)や若手・中堅演者のものが店頭に並ぶことは(桂三枝(後の六代目桂文枝)、桂文珍などの数少ない例や、他ジャンルなどとのコラボレーション企画は別として)ほとんどなかった。ワザオギ フレッシュアイペディアより)

  • 1080分落語会

    1080分落語会から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    当初、6代目笑福亭松鶴と3代目桂米朝の2人で18時間演じてもらうというものだったが、松鶴に断られたこともあり、最終的には3代目旭堂南陵を含む上方落語協会に所属していた56人全員が参加し、55席の落語と講談を口演。他に大喜利や隠し芸、10代目桂小米、2代目桂春蝶、笑福亭光鶴、3代目桂文我、2代目笑福亭松之助、米朝、橘ノ圓都が参加しての「お題噺」なども行われた。会場はABCホール。1080分落語会 フレッシュアイペディアより)

  • 川上のぼる

    川上のぼるから見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    戦後も学業の傍らアルバイトで活動し、1951年に民放の朝日放送が開局すると、大学生タレント第1号としてラジオで売り出され、『ハリスクイズ』、『ピアス歌のカクテルパーティー』の司会を担当。当時を振り返って同じ局の専属だった3代目桂米朝をして「あの頃一番儲けはった」と回顧している。川上のぼる フレッシュアイペディアより)

  • 桂米二

    桂米二から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    所属事務所は米朝事務所であり、人間国宝である3代目桂米朝の弟子である。定紋は「結び柏」。上方落語協会会員。2004年より「桂米朝落語研究会」世話役。桂米二 フレッシュアイペディアより)

  • 犬の目

    犬の目から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    上方落語では橘ノ圓都が断片的に記憶していたのを3代目桂米朝が仕立て直した。犬の目 フレッシュアイペディアより)

  • 掛取万歳

    掛取万歳から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    断りに使う趣味は上記の他にも、「相撲」(3代目桂米朝)「クラシック音楽」(5代目桂米團治)など、演者によって色々な断りが登場。掛取万歳 フレッシュアイペディアより)

  • 親子茶屋

    親子茶屋から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    主な演者としては4代目桂米團治や3代目桂米朝がいる。親子茶屋 フレッシュアイペディアより)

251件中 91 - 100件表示

「桂米朝」のニューストピックワード