290件中 91 - 100件表示
  • なにわの源蔵事件帳

    なにわの源蔵事件帳から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    桂米朝:最終回ゲスト。なにわの源蔵事件帳 フレッシュアイペディアより)

  • 軽業 (落語)

    軽業 (落語)から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    道中噺『伊勢参宮神乃賑』の一編。主な演者として、3代目 桂米朝、6代目 笑福亭松鶴等がいる。軽業 (落語) フレッシュアイペディアより)

  • 入船亭扇橋

    入船亭扇橋から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    入船亭扇橋、柳家小三治、江國滋、大西信行、三田純市、桂米朝、永井啓夫、矢野誠一、永六輔、神吉拓郎、小沢昭一、加藤武ほかによる共著。入船亭扇橋 フレッシュアイペディアより)

  • 露の五郎兵衛

    露の五郎兵衛から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    1963年、日本ドリーム観光へ移籍。千日劇場で公開収録された関西テレビ『お笑いとんち袋』(3代目桂米朝司会)の回答者として活躍。1967年4月、吉本興業に移籍。1968年4月に吉本側から改名を促され、前述の初代露の五郎兵衛の流れを汲む2代目露乃五郎を襲名した。本業の落語のかたわら、俳優としてテレビドラマに多く出演した(後述)。露の五郎兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • 桂米蔵

    桂米蔵から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    1967年5月に3代目桂米朝に入門。1976年11月から山梨県在住。桂米蔵 フレッシュアイペディアより)

  • ワザオギ

    ワザオギから見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    当時の落語CD・DVD・ビデオ市場は、東京の立川談志・古今亭志ん朝、上方の桂米朝・桂枝雀など、現役あるいは近年多くの音源を残した故人による音源と、特定のホール寄席で演じられたシリーズものを除けば、昭和中期?後期までのベテランクラスの商品をCDで再発売したものがほとんどであり、ましてや新作落語(上方で言う「創作落語」)や若手・中堅演者のものが店頭に並ぶことは、桂三枝(後の六代目桂文枝)、桂文珍などの数少ない例や、他ジャンルなどとのコラボレーション企画は別としては、ほとんどなかった。ワザオギ フレッシュアイペディアより)

  • 桂萬光

    桂萬光から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    『続・上方落語ノート』(桂米朝著、青蛙房、1989年)p79-81 - 7代目文治門下の萬光について。桂萬光 フレッシュアイペディアより)

  • 桂米平

    桂米平から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    1981年3月21日に3代目桂米朝に入門。同年6月、東山安井金比羅会館での「桂米朝落語研究会」にて初舞台。米朝事務所所属。上方落語協会会員。子供向けの落語会に参加するほか、「立体紙芝居」では絵も担当する。特技は寄席文字書き。体重は100kgを超える。入門当時の愛称は「平やん」。桂米平 フレッシュアイペディアより)

  • 桂米八

    桂米八から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    1974年3月に3代目桂米朝に入門。1984年11月に芸能肥やしのために曲独楽の伏見紫水に入門。現在は落語活動よりも曲独楽の活動が中心になっていた。桂米八 フレッシュアイペディアより)

  • 毎日放送開局40周年記念特別番組

    毎日放送開局40周年記念特別番組から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    出演:3代目桂米朝、安倍晋太郎、高原須美子、ケント・デリカット、草柳文恵、池田幾三、増井孝子、平松邦夫、三好俊行ほか毎日放送開局40周年記念特別番組 フレッシュアイペディアより)

290件中 91 - 100件表示

「桂米朝」のニューストピックワード