251件中 101 - 110件表示
  • 景清 (落語)

    景清 (落語)から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    (以下は3代目桂米朝の口演をもとにしている)景清 (落語) フレッシュアイペディアより)

  • 風邪の神送り

    風邪の神送りから見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    主な演じ手は、3代目桂米朝、8代目林家正蔵など。風邪の神送り フレッシュアイペディアより)

  • 軽業 (落語)

    軽業 (落語)から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    道中噺『伊勢参宮神乃賑』の一編。主な演者として、3代目 桂米朝、6代目笑福亭松鶴等がいる。軽業 (落語) フレッシュアイペディアより)

  • 軽業講釈

    軽業講釈から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    主な演者として、3代目 桂米朝、5代目 桂文枝等がいる。軽業講釈 フレッシュアイペディアより)

  • くしゃみ講釈

    くしゃみ講釈から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    桂米朝、桂枝雀、桂南光、桂吉朝をはじめ桂米朝一門に得意とする者が多い。くしゃみ講釈 フレッシュアイペディアより)

  • 蜘蛛駕籠

    蜘蛛駕籠から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    元々は上方落語の演目で、住吉大社が舞台である。明治時代に3代目柳家小さんが東京に持ち込んだ。主な演者として、東京では5代目柳家小さんや三遊亭小遊三、上方では6代目笑福亭松鶴や3代目桂米朝などが得意としている。蜘蛛駕籠 フレッシュアイペディアより)

  • 子ほめ

    子ほめから見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    上方版は4代目桂米團治から3代目桂米朝に伝えられた形と、2代目立花家花橘から3代目桂春團治に伝えられた形との2系統が存在する(本記事の上方版のあらすじは米團治・米朝式に準拠。花橘・春團治式との主な違いは、伊勢屋の番頭にご馳走をさせられそうになる件りの有無)。サゲは一門や演者によって微妙に異なり、米朝一門では、数え年が一般的でなくなった現代に対応して、本記事に記述したサゲを用い、春團治は江戸版と同じサゲを用いる。子ほめ フレッシュアイペディアより)

  • 地獄八景亡者戯

    地獄八景亡者戯から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    3代目桂米朝の十八番として知られるが、1990年(平成2年)11月の「正岡容三十三回忌追善公演」(東京・イイノホール)を最後に演じなくなった。代わりに米朝一門を中心とした中堅世代が、次へのステップアップとして挑戦するケースが増えている。地獄八景亡者戯 フレッシュアイペディアより)

  • 七段目

    七段目から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    サゲは、古い型では「七段目で(七段目の真似事をやっている時に)落ちたか」「いえ、てっぺんから」となっており、3代目桂米朝はこの型でサゲている。七段目 フレッシュアイペディアより)

  • しの字嫌い

    しの字嫌いから見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    主な演者として、3代目 桂米朝などがいる。しの字嫌い フレッシュアイペディアより)

251件中 101 - 110件表示

「桂米朝」のニューストピックワード