290件中 101 - 110件表示
  • 桂雀喜

    桂雀喜から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    大阪府立千里高等学校卒業後、同志社大学へ進学。大学生時代に3代目桂春蝶の家庭教師をしていた。またサークルはハンドボール同好会所属、卒業論文で関西と東京の笑いの違いについて論文を書いたことで落語に興味を持つ。大学卒業後、桂米朝への弟子入り志願で自宅を訪れたが米朝はすでに弟子をとらない方針だったために断られ仕方なく2か月のサラリーマン生活を経たのち退社し、再び米朝宅に訪れたら孫弟子の桂雀三郎を紹介され1993年8月26日に雀三郎に1番弟子として入門。同年10月、「100%無添加雀三郎」にて初舞台。桂雀喜 フレッシュアイペディアより)

  • 桂米裕

    桂米裕から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    桃山学院大学を中退後、大学在学中は落語研究会に所属し活動、1984年、桂米朝に入門。当初は、桂朝丸(現:桂ざこば)に弟子入りを志願したが、ざこばの薦めにより、米朝に弟子入りする。1992年に高野山真言宗で出家。1993年、高野山専修学院を卒業。2002年には、高野山真言宗の本山布教師に就任。桂米裕 フレッシュアイペディアより)

  • 桂米左

    桂米左から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    都島工業高校卒業後、1984年3月27日に3代目桂米朝に入門。同年6月の東山安井金比羅会館「桂米朝落語研究会」にて初舞台。桂吉朝とともに「錦影絵」を継承。米朝事務所所属。上方落語協会会員。長唄囃子望月流名取で望月太八一郎に師事し望月太八三の名を持つ。書道6段。桂米左 フレッシュアイペディアより)

  • 桂団朝

    桂団朝から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    西京商業高等学校(現・京都市立西京高等学校)在学中より寄席に通い、また『素人名人会』に漫才で出場して名人賞を2回受賞したこともある、1987年4月5日に3代目桂米朝に入門。同年8月、京都東山安井金比羅会館での「桂米朝落語研究会」にて初舞台。高座名の「団朝」は、体格が大きくそのようになった。2002年4月より独演会を毎年開くかたわら、リリパットアーミーIIやTeam火の車、「舟木一夫特別公演」、「天童よしみ特別公演」などの舞台もこなす。夫人は松竹新喜劇所属の女優の川奈美弥生。桂団朝 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2014年6月

    訃報 2014年6月から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    6月27日 - 中川絹子、日本の女優、落語家3代目桂米朝の夫人(* 1926年)訃報 2014年6月 フレッシュアイペディアより)

  • 桂文屋

    桂文屋から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    『上方落語ノート』p252-278「明治の上方新作落語」(桂米朝著、青蛙房、1978年)桂文屋 フレッシュアイペディアより)

  • 桂文昇

    桂文昇から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    『上方落語ノート』(桂米朝著、青蛙房、1978年)p255-256 - 3代目文昇に関して。桂文昇 フレッシュアイペディアより)

  • 桂米太郎

    桂米太郎から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    1970年4月に3代目桂米朝に入門。噺家になる前はコックをやっており、内弟子時代は料理などを振舞って師匠米朝に重宝された。広島県出身で訛りがあったため、あまり活動はしておらず、「岩田寄席」の世話役を引き受けるなど若手の指導に力を入れた。1982年に32歳で急死。桂米太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 桂小文吾

    桂小文吾から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    定年後、1995年より桂米朝の励ましを受けて再び落語家に正式に復帰した。戦後間もなくの京都落語界で修業を積んだこともあり、現在の上方ではあまり高座に掛からない貴重なネタを多く引き継いでいる。現在は地元のテレビ局への出演、落語会の開催、米子市児童文化センターにて子供向け落語教室の開講、NPO法人ひまわり倶楽部の理事など、さまざまな活動をしている。桂小文吾 フレッシュアイペディアより)

  • 九所御霊天神社

    九所御霊天神社から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    桂米朝 \(3代目\) - 米朝の実家で、父親がこの神社の神主を務めていた。米朝自身は神主の仮免状を取得している。九所御霊天神社 フレッシュアイペディアより)

290件中 101 - 110件表示

「桂米朝」のニューストピックワード