251件中 121 - 130件表示
  • はてなの茶碗

    はてなの茶碗から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    三代目桂米朝が子供の頃にラジオから流れてくる二代目桂三木助の口演の記憶をもとに戦後復活させた。はてなの茶碗 フレッシュアイペディアより)

  • ふたなり (落語)

    ふたなり (落語)から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    上方では三代目桂米朝、四代目桂文紅などが主な演者。江戸版では地名などが変更されている。ふたなり (落語) フレッシュアイペディアより)

  • 宿屋の富

    宿屋の富から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    桂米朝によれば、一番富は江戸では最後に突くが、大阪では最初に突いたという。宿屋の富 フレッシュアイペディアより)

  • 四段目

    四段目から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    上方で『蔵丁稚』として完成された演目が、明治以後になって東京に移植された。主な演者には、上方の三代目桂米朝、東京の八代目春風亭柳枝や二代目三遊亭円歌らがいる。四段目 フレッシュアイペディアより)

  • 正岡容

    正岡容から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    作家としては、永井荷風、岡本綺堂、吉井勇らの影響を受けている。また弟子には小沢昭一、大西信行、永井啓夫、三代目桂米朝、都筑道夫、加藤武、小島貞二などがいる。鈴木通夫は京華中学校時代の同級生。正岡容 フレッシュアイペディアより)

  • 桂米蔵

    桂米蔵から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    1967年に3代目桂米朝に入門。現在は山梨県在住。桂米蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 矢橋船

    矢橋船から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    主な演者として、三代目桂米朝等がいる。矢橋船 フレッシュアイペディアより)

  • 七度狐

    七度狐から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    主な演者として、5代目笑福亭松鶴、2代目桂小文治、3代目桂米朝や2代目桂枝雀、3代目笑福亭仁鶴、桂文珍などがいる。七度狐 フレッシュアイペディアより)

  • 松葉家奴・松葉家喜久奴

    松葉家奴・松葉家喜久奴から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    桂米朝が、奴のエピソードをまとめて一席にし、奇人変人 松葉家奴と題して、独演会で披露した事がある。ちなみに、米朝には落語家と言うより、様々な珍芸で知られた、初代桂南天を題材にした南天翁半生記もあり、こちらも独演会で演じたことがある。松葉家奴・松葉家喜久奴 フレッシュアイペディアより)

  • 米沢彦八

    米沢彦八から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    その後、3代目桂米朝、6代目笑福亭松鶴らの復興活動により、1957年(昭和32年)には上方落語協会を設立するまでになった。そして1990年(平成2年)、米沢彦八の功績に敬意を表すため、かねてより建立を発案していた松鶴の5年忌に一門が遺志を継ぎ、松鶴の命日である9月5日に、上方落語協会の総意で生国魂神社に「彦八の碑」を建立。その翌年から、上方落語の伝統を身近な人々に広くアピールする目的で「彦八まつり」が開催されている。米沢彦八 フレッシュアイペディアより)

251件中 121 - 130件表示

「桂米朝」のニューストピックワード