290件中 11 - 20件表示
  • 桂文蝶

    桂文蝶から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    1921年頃から吉本の傘下に名が見える。その時からすでにヘタリ(囃子方)を勤めていたようで戦後も戎橋松竹、千日劇場、道頓堀角座などのヘタリをやっていた、戦後は引退同然であったが、のちの四天王(6代目笑福亭松鶴、3代目桂米朝、5代目桂文枝、3代目桂春團治)などに貴重な古いネタを伝承した。2代目桂枝雀も「八五郎坊主」をつけてもらっていると著書で語っている。桂文蝶 フレッシュアイペディアより)

  • 笑福亭松鶴

    笑福亭松鶴から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    5代目松鶴の次男。初代松之助から4代目光鶴、4代目枝鶴を経て6代目松鶴を襲名。戦後の上方落語復興に力を尽くし、3代目桂米朝、3代目桂春團治、5代目桂文枝と共に「四天王」として称えられた。また、その強烈な人柄や奇行の数々は、今も語り草となっている。笑福亭松鶴 フレッシュアイペディアより)

  • 桂音也

    桂音也から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    神戸大学卒業後、1960年に朝日放送にアナウンサーとして入社。スポーツ番組や歌番組、演芸番組を担当。後輩の道上洋三、乾浩明らと落語研究会を作り趣味で落語を始めた、この会には客として米朝一門の3代目桂米朝、大学の後輩の2代目桂枝雀や漫才作家の三田純市らが見に来ていた、会では主に古典落語を演じていた、これがきっかけで桂枝雀の教えを乞うようになり、1967年よりフリーになり、1970年4月に桂枝雀に入門。同年3月にべかこ(現在の桂南光)が入門していたが、朝日放送時代から枝雀より落語の指導を受けていたので実質的な一番弟子と言える。1939年生まれの師匠枝雀より年上で、フリーのアナウンサーという異色の落語家であり、落語家としては桂音也を、フリーのアナウンサーとしては今井音也を名乗った。「音也」の名は1960年の浅沼稲次郎暗殺事件の実行犯山口二矢に由来していると生前証言していた、何を仕出かすかわからないという意味で付けられ元々あだ名として同業者に呼ばれていた。桂音也 フレッシュアイペディアより)

  • 桂吉の丞

    桂吉の丞から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    2006年3月31日に、大師匠米朝宅での内弟子修行を終える。桂吉の丞 フレッシュアイペディアより)

  • 桂文吾

    桂文吾から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    後妻は2代目笑福亭福松の娘だったといい、5代目文吾の次に3代目福松を襲名する予定があった。しかし、文我、文吾、福松と、大名跡を次々と襲名する裏には、集金目的の興行を打つ意図があったとされる。これを憤った2代目文の家かしくが、高齢にも係わらず3代目福松を先に襲名し、大切な師匠の名跡を守ったのだという。(桂米朝の説。)桂文吾 フレッシュアイペディアより)

  • 桂小春団治

    桂小春団治から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    晩年、NHKに芝居噺を記録保存し、寄席芸(寄席の踊りなど)の伝承に努めると共に、毎日放送「素人名人会」の審査員を務めた。また、讀賣テレビの「YTVサロン」に出演し舞踊を披露、番組後半では3代目桂米朝と対談を行った。桂小春団治 フレッシュアイペディアより)

  • 桂文團治

    桂文團治から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    没後噺家芝居で使用したかつらなどは借金のかたとして吉本興業に取られ、それを三遊亭志ん蔵が譲り受け、その後は晩年の志ん蔵を世話していた3代目桂米朝が夫人から譲り受けた。桂文團治 フレッシュアイペディアより)

  • 月亭文都 (7代目)

    月亭文都 (7代目)から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    学生時代、路上で弾き語りをしていたころ、気のない客に好きな落語を話したところ、振り向いてもらえたため、それから落語家を志す。以降4年間、師匠を求めてさすらうが、その間、主に桂雀三郎に多くの稽古を受ける。ただし、雀三郎には当時「又三郎」という弟子が既におり(現在は廃業し、弟弟子にあたる桂雀喜に新作落語を下している)、入門とは至らなかった。八方に入門後は、大々師匠の桂米朝や、桂吉朝にもネタを付けてもらう。月亭文都 (7代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三十石

    三十石から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    大阪では明治初期の初代桂文枝が前座噺を大ネタにまで仕上げた。その後、2代目桂小文枝、5代目笑福亭松鶴が得意とし、6代目笑福亭松鶴、5代目桂文枝、3代目桂米朝、2代目桂枝雀なども得意とした。東京では明治期に4代目橘家圓喬が上方から東京に移した。6代目三遊亭圓生が子供の頃に聴いた圓喬は、舟歌は歌っていなかったという。その後5代目三遊亭圓生が得意とし、6代目三遊亭圓生に受け継がれた。6代目圓生はこの話をより良く仕上げるために、5代目松鶴に教えを請うたという。また6代目圓生は舟歌の件りでいいノドを聴かせていたが、この舟歌の部分も5代目松鶴の教えによる部分が大きいという。三十石 フレッシュアイペディアより)

  • 桂小南 (2代目)

    桂小南 (2代目)から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    丹波なまりが抜けず伸び悩んでいたところ、師匠の3代目金馬より上方噺に転向するように言われ、それまで習得した江戸噺を封印した。以降、大阪の「富貴」「戎橋松竹」などといった寄席に出かけては、ヘタリ(囃子方)を勤めるかたわら、上方の若手(3代目桂米朝、3代目桂春團治、6代目笑福亭松鶴、5代目桂文枝ら)に混じって、古老落語家から上方噺を教わった。このとき、小南に稽古をつけた橘ノ圓都が自信を取り戻し高座に復帰した、という上方落語復興の一側面を物語るエピソードがある。桂小南 (2代目) フレッシュアイペディアより)

290件中 11 - 20件表示

「桂米朝」のニューストピックワード