251件中 11 - 20件表示
  • 桂文蝶

    桂文蝶から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    1921年頃から吉本の傘下に名が見える。その時からすでにヘタリ(囃子方)を勤めていたようで戦後も戎橋松竹、千日劇場、角座などのヘタリをやっていた、戦後は引退同然であったが、のちの四天王(6代目笑福亭松鶴、3代目桂米朝、5代目桂文枝、3代目桂春團治)などに貴重な古いネタを伝承した。2代目桂枝雀も「八五郎坊主」をつけてもらっていると著書で語っている。桂文蝶 フレッシュアイペディアより)

  • 米朝事務所

    米朝事務所から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    株式会社米朝事務所(べいちょうじむしょ)は、人間国宝の桂米朝や、桂ざこば、桂南光、桂米團治など米朝一門の大多数の落語家が所属する、落語芸能事務所。米朝事務所 フレッシュアイペディアより)

  • 桂 歌之助

    桂歌之助 (3代目)から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    歌々志(案山子)の名前の由来は、師匠・歌之助の「歌」に、雀々の「々」、大師匠の桂米朝が考案した「志」(「子」だと弱々しいため)の各字をつなげたもの。桂歌之助 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 橘ノ圓都

    橘ノ圓都から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    晩年、3代目桂米朝には『宿屋仇』『軒付け』『胴乱の幸助』『けんげしゃ茶屋』『掛取』『三枚起請』『ふたなり』など、2代目桂枝雀には『日和違い』『夏の医者』『あくびの稽古』など、桂三枝(のちの桂文枝)に『羽織』『大安売り』、2代目桂歌之助には『寝床』笑福亭仁鶴には『戒名書き』のネタを伝え、他にも3代目林家染丸、3代目桂文我や、あるいは2代目桂小南、6代目三遊亭圓生らの東京の落語家にも多くの稽古を付けた。数え90歳まで高座に上がった。今日でも多くの録音が残されている。最後の舞台は1972年6月2日に京都府立文化芸術会館で行なわれた「橘ノ圓都・桂米朝二人会」(LP化されている)。橘ノ圓都 フレッシュアイペディアより)

  • 三十石

    三十石から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    大阪では明治初期の初代桂文枝が前座噺を大ネタにまで仕上げた。その後、2代目桂小文枝、5代目笑福亭松鶴が得意とし、6代目笑福亭松鶴、5代目桂文枝、3代目桂米朝、2代目桂枝雀なども得意とした。東京では明治期の4代目橘家圓喬や5代目三遊亭圓生が得意とし、6代目三遊亭圓生に受け継がれた。6代目圓生はこの話をより良く仕上げるために、5代目松鶴に教えを請うたという。また6代目圓生は舟歌の件りでいいノドを聴かせていたが、この舟歌の部分も5代目松鶴の教えによる部分が大きいという。三十石 フレッシュアイペディアより)

  • 算段の平兵衛

    算段の平兵衛から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    戦後やり手がなく滅んでいた噺を、3代目桂米朝が先人から断片的に拾い聞きして集め、それを綴り合せて演じた。算段の平兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • 新聞記事

    新聞記事から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    主な演者は上方では、3代目桂米朝や2代目桂枝雀、桂坊枝、3代目桂歌之助など、東京では、4代目柳亭痴楽や3代目三遊亭圓歌などがいる。新聞記事 フレッシュアイペディアより)

  • まんじゅうこわい

    まんじゅうこわいから見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    東京では前座噺の一つに数えられるが、5代目柳家小さん・3代目桂三木助の得意演目でもあり、上方ではこの噺は4代目桂米團治が演じていたものが3代目桂米朝、3代目桂米之助、6代目笑福亭松鶴に伝わり十八番にした。その後は多くの噺家が演じるようになった。まんじゅうこわい フレッシュアイペディアより)

  • 月亭太遊

    月亭太遊から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    2010年7月をもってコンビを解散し、以後落語家を目指す。2010年12月12日に月亭遊方に入門。太遊の名を授かる。3代目桂米朝にとっては月亭天使に続き二人目の玄孫弟子となった。月亭太遊 フレッシュアイペディアより)

  • 笑福亭松鶴

    笑福亭松鶴から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    5代目松鶴の次男。初代松之助から4代目光鶴、4代目枝鶴を経て6代目松鶴を襲名。戦後の上方落語復興に力を尽くし、3代目桂米朝、3代目桂春團治、5代目桂文枝と共に「四天王」として称えられた。また、その強烈な人柄や奇行の数々は、今も語り草となっている。笑福亭松鶴 フレッシュアイペディアより)

251件中 11 - 20件表示

「桂米朝」のニューストピックワード