251件中 21 - 30件表示
  • 桂 米團治

    桂米團治 (5代目)から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    5代目桂 米團治(かつら よねだんじ、1958年12月20日 - )は、上方噺家。大阪府大阪市中央区出身。本名は中川 明(なかがわ あきら)。実父は落語家で人間国宝の3代目桂米朝。米朝事務所所属。上方落語協会会員。出囃子は「羯鼓」。前名は3代目桂小米朝。桂米團治 (5代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米團治

    桂米團治から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    現在は米朝一門(米朝事務所)の事実上の止め名。なお、4代目の弟子である3代目桂米朝は5代目を継がず、50年以上途絶えていたのを4代目の孫弟子に当たる3代目桂小米朝(3代目桂米朝の弟子、実子)が継いだ。桂米團治 フレッシュアイペディアより)

  • 露の五郎兵衛

    露の五郎兵衛から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    千日劇場の「お笑いとんち袋」(関西テレビ、3代目桂米朝司会)での名回答者として活躍。露の五郎兵衛 フレッシュアイペディアより)

  • 桂 塩鯛

    桂塩鯛 (4代目)から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    当初は米朝に入門を申し出ているが、住み込み修行中の弟子が多いため断られ、その後、2代目桂枝雀にも申し出たものの、米朝同様弟子がいたため断られている。桂塩鯛 (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • だんだん

    だんだんから見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    畑田富男 - 桂米朝(3代目)だんだん フレッシュアイペディアより)

  • 桂文吾

    桂文吾から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    後妻は2代目笑福亭福松の娘だったといい、5代目文吾の次に3代目福松を襲名する予定があった。しかし、文我、文吾、福松と、大名跡を次々と襲名する裏には、集金目的の興行を打つ意図があったとされる。これを憤った2代目文の家かしくが、高齢にも係わらず3代目福松を先に襲名し、大切な師匠の名跡を守ったのだという。(桂米朝の説。)桂文吾 フレッシュアイペディアより)

  • 落語

    落語から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    江戸期から明治期ごろまでに原型が成立し、戦前までの時期に演出が確立した演目を「古典落語」とする。それ以外の「新作落語」は、多くの場合、作者もしくは初演者以外の噺家がネタにしていることが少なく、斯界全体の共通財産となっていないことが多いが、社会の動向に機敏に反応した時事的な作品や風刺性の濃いものが多いのが特徴である。なお、両者の線引きは必ずしも明確ではなく、多くの演者によって演じられる新作落語(桂米朝作「一文笛」等)のように境界線上にある作品も少なくない。落語 フレッシュアイペディアより)

  • 桂 ざこば

    桂ざこば (2代目)から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    小学校2年生の時、両親が離婚し警察官だった父親に引き取られたが、3ヶ月ほど経って父親は電車に飛び込み自殺した。1963年(昭和38年)、日本橋中学校卒業後の5月に3代目桂米朝に入門。師匠米朝は同時に育ての親にもなり、家族同然の内弟子生活を過ごした。この頃、4代目桂文紅の自宅に居候していた時期もある。朝丸時代(千土地興行、大宝芸能所属)千日劇場やトップホットシアターに出演。千日劇場では師匠米朝が司会する「お笑いとんち袋」(関西テレビの大喜利番組)のレギュラーとなり、トップホットシアターでは自作の「動物いじめ」で売り同劇場の看板芸人となった。「動物いじめ」はレコード化もされたが、ネタの内容に動物愛護団体からクレームが付いた。桂ざこば (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂文團治

    桂文團治から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    没後噺家芝居で使用したかつらなどは借金のかたとして吉本興業に取られ、それを三遊亭志ん蔵が譲り受け、その後は晩年の志ん蔵を世話していた3代目桂米朝が夫人から譲り受けた。桂文團治 フレッシュアイペディアより)

  • 桂小南

    桂小南から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    3代目桂米朝は、東京で下宿生活を送っていた際、初代小南の追っかけをしており、その際の見聞を書き留めている。桂小南 フレッシュアイペディアより)

251件中 21 - 30件表示

「桂米朝」のニューストピックワード