290件中 21 - 30件表示
  • 桂 歌之助

    桂歌之助 (3代目)から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    歌々志(案山子)の名前の由来は、師匠・歌之助の「歌」に、雀々の「々」、大師匠の桂米朝が考案した「志」(「子」だと弱々しいため)の各字をつなげたもの。桂歌之助 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 月亭天使

    月亭天使から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    この弟子入りにより、天使の大師匠の大師匠に当たる3代目桂米朝は、現役落語家としては極めて珍しく玄孫弟子を持つこととなった。米朝曰く、東西を含めた落語界で存命中に玄孫弟子を持った例は「おそらくいないだろう」とのこと。なお、同年12月には7代目文都の兄弟子・月亭遊方にも一番弟子・月亭太遊が入門している。月亭天使 フレッシュアイペディアより)

  • 桂小米

    桂小米から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    10代目 桂小米‐のちの2代目 桂枝雀 (1939年8月13日 - 1999年4月19日)。本名: 前田達。59歳没。3代目 桂米朝門下で「上方落語の爆笑王」の異名を取り、東京歌舞伎座での落語会を成功させたが、晩年はうつ病に苦しんだ。弟子には3代目 桂南光や桂雀々がおり、弟弟子にあたる2代目 桂ざこばの弟子である桂りょうば(本名:前田一知)は長男にあたる。桂小米 フレッシュアイペディアより)

  • 桂文楽 (8代目)

    桂文楽 (8代目)から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    引退時のエピソードは平成になってからも3代目桂米朝や5代目圓楽の引退時にも引用されるなど現在でも語り草となっている。桂文楽 (8代目) フレッシュアイペディアより)

  • 月亭太遊

    月亭太遊から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    2010年7月をもってコンビを解散し、以後落語家を目指す。2010年12月12日に月亭遊方に入門。太遊の名を授かる。3代目桂米朝にとっては月亭天使に続き二人目の玄孫弟子となった。月亭太遊 フレッシュアイペディアより)

  • 千歳家歳男・松鶴家団之助

    千歳家歳男・松鶴家団之助から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    団之助の弟子に東文章・藤野団楽の藤野団楽(後の落語家の3代目桂米朝の弟子で3代目桂米紫)。千歳家歳男・松鶴家団之助 フレッシュアイペディアより)

  • まんじゅうこわい

    まんじゅうこわいから見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    上方では4代目桂米團治が演じていたものが3代目桂米朝、3代目桂米之助、6代目笑福亭松鶴に伝わった。その後は多くの噺家が演じている。まんじゅうこわい フレッシュアイペディアより)

  • 桂文我 (3代目)

    桂文我 (3代目)から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    復帰の経緯については複数の説があり、3代目桂米朝の証言では、既に2代目春團治は死亡していた(1953年(昭和28年)没)ので、新しい名前を付けることになり、一旦は3代目旭堂南陵の命名で桂若太郎と決まりかけていた。だが「便所の壁に書いたあったんや」(本当は宝塚の芸者の名)と言うので本人が嫌がり、結局この名前で高座にあがることなく「わいは嫌われている蛾の名をつけたろ」と、1955年(昭和30年)に桂蛾太呂(「ガタロ」とは大阪弁で河童のこと)と名乗って復帰したとしている。一方、河本寿栄(2代目春團治未亡人)の回想によれば、復帰に当たっては新しい名前が必要とのことで、2代目春團治の兄弟子であった東京の2代目三遊亭百生に寿栄が話を通し、百生から彼の前座名「我蝶」の一字を2代目春團治に配慮して変えた桂蛾蝶の名を貰ったという。桂文我 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 小松左京

    小松左京から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    題名のない番組(ラジオ大阪、1964年-1968年 桂米朝とのトーク番組)小松左京 フレッシュアイペディアより)

  • 桂 塩鯛

    桂塩鯛 (4代目)から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    当初は米朝に入門を申し出ているが、住み込み修行中の弟子が多いため断られ、その後、2代目桂枝雀にも申し出たものの、米朝同様弟子がいたため断られている。桂塩鯛 (4代目) フレッシュアイペディアより)

290件中 21 - 30件表示

「桂米朝」のニューストピックワード