251件中 31 - 40件表示
  • 笑福亭 鶴瓶

    笑福亭鶴瓶から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    「帝塚山・無学」は、師匠6代目松鶴の旧自邸を鶴瓶が改築した純和風ホール。月1回「無学の会」を開催し、一般にも公開している。毎回ゲストを招いているが、前もってゲストの名前を発表されることは無く、毎回シークレットになっている。今までのゲストにタモリ、明石家さんま、木梨憲武、イッセー尾形、 桂米朝、桂春団治ら豪華な顔ぶれを迎えている。また、松嶋尚美を迎えた際は、「無学版きらきらアフロ」として、『きらきらアフロ 2008 DVD』に収録されている。笑福亭鶴瓶 フレッシュアイペディアより)

  • 月亭八天

    月亭八天から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    学生時代、路上で弾き語りをしていた頃、気のない客に好きな落語を話したところ、振り向いてもらえたため、それから落語家を志す。以降4年間、師匠を求めてさすらうが、その間、主に桂雀三郎に多くの稽古を受ける。八方に入門後は、大大師匠の桂米朝や、桂吉朝にもネタを付けてもらう。月亭八天 フレッシュアイペディアより)

  • 小松左京

    小松左京から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    題名のない番組(ラジオ大阪、1964年-1968年 桂米朝とのトーク番組)小松左京 フレッシュアイペディアより)

  • 筒井 康隆

    筒井康隆から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    この「ネオ・ヌル」グループをスタッフとして、筒井は大会名誉委員長として1975年(昭和50年)8月に、日本SF大会「SHINCON」を神戸で開催。この大会のテーマは後に有名になる「SFの浸透と拡散」であり、山下洋輔によるピアノ演奏、舞台『スタア』(劇団欅)の上演、桂米朝による落語「地獄八景亡者戯」など、企画の大半は筒井の人脈によるものであった。1977年(昭和52年)4月には「NULL」の最終号(7号)が刊行。なお、「ネオ・ヌル」出身の作家には、夢枕獏、山本弘、牧野修(亜羅叉の沙名義)、西秋生、高井信、水見稜(井沢昭夫名義)、児島冬樹、林巧らがいる。また、すでに「SFマガジン」でデビューしていたかんべむさしや、第1期「NULL」に参加していた堀晃も「ネオ・ヌル」には参加していた。筒井康隆 フレッシュアイペディアより)

  • 小沢昭一

    小沢昭一から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    麻布中学の門をたたく前は、府立一中受験で失敗しているが、口頭試問の控え室で水晶の標本を面白半分で頭にのせて割ってしまったためだと自嘲気味に述べている。同中学時代から、演芸評論家・作家である正岡容の知遇を得て弟子になる。桂米朝、大西信行、加藤武らとは正岡門下の兄弟弟子の関係。さらに、大西信行、加藤武らと演劇部を立ち上げた。また、フランキー堺、仲谷昇とも同級だった。早大在学中にはやはり、大西信行、加藤武らと共に、日本で初めての学校での落語研究会を創設する(名称は「寄席文化研究会」としたかったが、大学に認めてもらえず「庶民文化研究会」とした)。小沢昭一 フレッシュアイペディアより)

  • 桂小米朝

    桂小米朝から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    2代目 桂小米朝(1938年3月10日 - )は、後の月亭可朝。3代目林家染丸に破門され、3代目桂米朝に再入門した際、自ら小米朝を名乗る。米朝門下であることが一目で分かることと、「小」「米」「朝」が、それぞれ3画、6画、12画と、倍々で験が良い、との理由による。本名: 鈴木傑。事務所はケーエープロダクション。桂小米朝 フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (三代目)

    桂米朝 (三代目)から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    桂米朝 (三代目) フレッシュアイペディアより)

  • 月亭春松

    月亭春松から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    3代目桂米朝は、その著書『上方落語ノート』p266 において、次のように述べている。「『落語系図』は貴重な本だが書き方が乱雑で、古い時代のことは今日の辞典のようなつもりで簡単に引用すると、とんでもない間違いを仕出かすことがある。誤りも少なくない。前後矛盾もあるし、要注意の資料であるが、しかし上方落語史において大事なものであることは間違いない。」月亭春松 フレッシュアイペディアより)

  • 桂文屋

    桂文屋から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    『上方落語ノート』p252-278「明治の上方新作落語」(桂米朝著、青蛙房、1978年)桂文屋 フレッシュアイペディアより)

  • 桂小文吾

    桂小文吾から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    定年後、1995年より桂米朝の励ましを受けて再び落語家に正式に復帰した。戦後間もなくの京都落語界で修業を積んだこともあり、現在の上方ではあまり高座に掛からない貴重なネタを多く引き継いでいる。現在は地元のテレビ局への出演、落語会の開催、米子市児童文化センターにて子供向け落語教室の開講、NPO法人ひまわり倶楽部の理事など、様々な活動をしている。桂小文吾 フレッシュアイペディアより)

251件中 31 - 40件表示

「桂米朝」のニューストピックワード