290件中 31 - 40件表示
  • 武庫之荘駅

    武庫之荘駅から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    駅名標や広告の看板が障害となり、ホームから駅南側に植樹された桜並木の観桜ができないとする投書が若柳吉古錦(桂米朝 \(3代目\)夫人)より寄せられ、阪急側はそれに応じるかたちで小型のつり下げ看板に改めた。武庫之荘駅 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤 武

    加藤武から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    卒業後、一時、新宿区立大久保中学教諭教に就く(英語を教える)も俳優への道を諦めきれず、1952年、辞職して先に北村が入団していた文学座研究所に入る。早大の同級・北村和夫とともに文学座の看板女優・杉村春子に芸をたたき込まれた。この頃に演芸評論家・作家である正岡容に出会い、小沢や落語家・桂米朝、作家・都筑道夫らと共に歌舞伎と芸のいろはを学ぶ。同年の『狐憑』が初舞台となる。1959年に正式に座員となり、『美しきものの伝説』『富島松五郎伝』などの舞台に出演した。1974年に盟友の小沢昭一や山口崇、永六輔らと芸能座を結成した。しかし、1980年に解散し、文学座に戻った。1985年には吉永仁郎原作の『芝居 月もおぼろに』を演出した。加藤武 フレッシュアイペディアより)

  • 永六輔

    永六輔から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    1960年代には1年間大阪で漫才作家の修行を積み若井はんじ・けんじらの漫才台本を書く。この頃にのちにやなぎ句会で一緒になる桂米朝と出会う。永六輔 フレッシュアイペディアより)

  • 桂米團治 (4代目)

    桂米團治 (4代目)から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    弟子の3代目桂米朝によると晩年は一般販売された覚醒剤・ヒロポンの副作用に悩まされていたという。桂米團治 (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • ラジオわろうてい

    ラジオわろうていから見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    3月22日 - 3代目桂米朝「京の茶漬」(1967年9月25日、道頓堀角座)ラジオわろうてい フレッシュアイペディアより)

  • 筒井 康隆

    筒井康隆から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    この「ネオ・ヌル」グループをスタッフとして、筒井は大会名誉委員長として1975年(昭和50年)8月に、日本SF大会「SHINCON」を神戸で開催。この大会のテーマは後に有名になる「SFの浸透と拡散」であり、山下洋輔によるピアノ演奏、舞台『スタア』(劇団欅)の上演、桂米朝による落語「地獄八景亡者戯」など、企画の大半は筒井の人脈によるものであった。なお、「ネオ・ヌル」出身の作家には、夢枕獏、山本弘、牧野修(亜羅叉の沙名義)、西秋生、高井信、水見稜(井沢昭夫名義)、児島冬樹、林巧らがいる。また、すでに「SFマガジン」でデビューしていたかんべむさしや、第1期「NULL」に参加していた堀晃も「ネオ・ヌル」には参加していた。「NULL」は1977年4月発行の号で終刊。筒井康隆 フレッシュアイペディアより)

  • 正岡容

    正岡容から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    喜怒哀楽が激しく賑やかな人柄と、他に例のない独特の笑い方から「ジャズ」という綽名があった。無類の酒好きで性格はわがまま。酒癖の悪さは有名だった。妻は体調と世間体を気にして酒に水を混ぜていた。本人も「増量」のためサイダーをよく混ぜていたという。機嫌が良い時はよく自分の所蔵の演芸のレコードを弟子に聴かせる、機嫌が悪い時は弟子を破門したり、友人と絶交したりすることは日常茶飯事だったが、しかしすぐに心変わりして仲直りした。桂米朝とは親密な仲で、関西が拠点だったためか破門したことは一度もなく、何かあることに手紙を送るほどだった。正岡容 フレッシュアイペディアより)

  • 上岡龍太郎

    上岡龍太郎から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    2015年、桂米朝の葬儀に参列した際にマスコミ取材に対応し、「(一般聴衆として、米朝さんの高座を)客席からよう見せてもらっとった」「米朝の名は永久欠番でしょうね」などと故人を偲ぶコメントを残している。上岡龍太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 大岡越前 (テレビドラマ)

    大岡越前 (テレビドラマ)から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    この回の脚本家は、寄席評論家正岡容門下の大西信行だが、同門下生に3代目桂米朝がいる。米朝の落語の師匠が4代目桂米團治で、「菜刀息子(ながたんむすこ)」という短い落語を長編の「弱法師(よろぼし)」と改作し、上方落語の評論誌「上方はなし」に残している。また、米朝は、東京で上方落語を演じていた2代目桂小南や一門の弟子に伝え、2代目桂小南は「菜刀息子」として、この部の本放送当時はよく演じていた(NHKの衛星放送番組「落語特選」の素材が残っている)。大岡越前 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • だんだん

    だんだんから見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    畑田富男 - 桂米朝(3代目)だんだん フレッシュアイペディアより)

290件中 31 - 40件表示

「桂米朝」のニューストピックワード