290件中 41 - 50件表示
  • 桂米朝 (三代目)

    桂米朝 (三代目)から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (三代目) フレッシュアイペディアより)

  • 美山なをみ・白川珍児

    美山なをみ・白川珍児から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    米朝・上岡が語る昭和上方漫才」(単行本、朝日新聞社、2000年)美山なをみ・白川珍児 フレッシュアイペディアより)

  • 軒付け

    軒付けから見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    橘ノ圓都が得意としていたのを、戦後、三代目桂米朝に伝わり、さらに二代目桂枝雀、桂文珍などによって演じられるようになった。現在ではあまり顧みられない浄瑠璃を主題としているが、筋の面白さや、面々の掛け合い漫才のような軽妙なやりとりなどが人気を集め現在でも通用するネタとなっている。軒付け フレッシュアイペディアより)

  • 立花幸福・林美津江

    立花幸福・林美津江から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    米朝・上岡が語る昭和上方漫才」(単行本、朝日新聞社、2000年)立花幸福・林美津江 フレッシュアイペディアより)

  • 風邪の神送り

    風邪の神送りから見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    主な演じ手は、3代目桂米朝、8代目林家正蔵など。風邪の神送り フレッシュアイペディアより)

  • 冬の遊び

    冬の遊びから見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    冬の遊び(ふゆのあそび)は上方落語の演目の一つ。長らく途絶えていたが三代目桂米朝により復活した。冬の遊び フレッシュアイペディアより)

  • 指南書

    指南書から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    主な演者として、初代森乃福郎や3代目桂米朝などが、東京では4代目(9代目)鈴々舎馬風などがいる。指南書 フレッシュアイペディアより)

  • 文の家都枝・七五三

    文の家都枝・七五三から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    米朝・上岡が語る昭和上方漫才」(単行本、朝日新聞社、2000年)文の家都枝・七五三 フレッシュアイペディアより)

  • 不精の代参

    不精の代参から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    不精の代参(ぶしょうのだいさん)は上方落語の演目の一つ。3代目桂米朝、2代目桂枝雀、2代目桂ざこばが得意とする。不精の代参 フレッシュアイペディアより)

  • 紀州飛脚

    紀州飛脚から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    露骨な描写が多いが、民話の香がただよう大らかさが特色である。現行の話は橘ノ圓都が聞きおぼえていたものを改作したものである。三代目桂米朝、二代目露の五郎兵衛が得意とする。東京では二代目三遊亭円歌が小噺として演じていた。円歌の口演は、江戸落語らしくあっさりした演出で、最後は下の口が横になっているのを見つけた親狐が子狐に「これ、縦におしよ」と注意するというサゲが用いられている。紀州飛脚 フレッシュアイペディアより)

290件中 41 - 50件表示

「桂米朝」のニューストピックワード