251件中 51 - 60件表示
  • 桂米治郎

    桂米治郎から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    生まれは京都、戦後の1949年10月、4代目桂米團治に入門。宝塚若手落語会に出演するなど活動していたが昭和30年代に引退。京都のアマチュアの落語会や特別な会に出演していた。『書割盗人』『口合根間』などの珍しいネタを後世に伝えた功績は大きい。なお師匠連から受け継いだ古い演出方法をそのまま演じていた。兄弟子には3代目桂米之助、人間国宝・3代目桂米朝がいる。桂米治郎 フレッシュアイペディアより)

  • 東五九童・松葉蝶子

    東五九童・松葉蝶子から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    米朝・上岡が語る昭和上方漫才」(単行本、朝日新聞社、2000年)東五九童・松葉蝶子 フレッシュアイペディアより)

  • 桂 よね吉

    桂よね吉から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    詫間電波工業高等専門学校卒業。高等専門学校の時代は落研に所属しその頃に桂米朝のレコードを聴いて感動し噺家になることを決意。一度米朝の自宅に行き弟子の直訴をしたが断られた。その後1995年12月13日に桂吉朝に入門。1996年4月10日、太融寺での「吉朝学習塾」にて初舞台。 桂よね吉 フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀家喜昇・旭芳子

    佐賀家喜昇・旭芳子から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    また、放送に乗せられなかったのは、喜昇は自分の芸に時間の規制を設けられるのを嫌ったらしいこともある。晩年、桂米朝が司会をした朝日放送のテレビ番組の『和朗亭』に喜昇を招き出演させたことがある。尚1975年放送のNHKの「新日本紀行 浪華芸人横丁」でも初めてテレビ出演した時の取材の模様が残されている。佐賀家喜昇・旭芳子 フレッシュアイペディアより)

  • 砂川菊丸・照代

    砂川菊丸・照代から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    「上方芸人誌 桂米朝」 朝日新聞社砂川菊丸・照代 フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓龍

    三遊亭圓龍から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    3代目桂米朝から「持参金」を稽古付けてもらい東京落語風にアレンジして演じている。三遊亭圓龍 フレッシュアイペディアより)

  • 不動坊

    不動坊から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    不動坊(ふどうぼう)は古典落語の演目。元々は上方落語の演目の一つで、東京にも移植された。上方では3代目桂米朝、笑福亭仁鶴、2代目桂ざこば、3代目桂南光の、東京では9代目桂文治の得意ネタである。不動坊 フレッシュアイペディアより)

  • 美山なをみ・白川珍児

    美山なをみ・白川珍児から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    米朝・上岡が語る昭和上方漫才」(単行本、朝日新聞社、2000年)美山なをみ・白川珍児 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家三亀坊

    柳家三亀坊から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    戦時中は和歌山に疎開。戦後は歌謡歌手の小畑実、村田英雄、島倉千代子等と地方を回る。この頃はヴァイオリンを使った時事小唄、替え歌などで行なった。1960年頃に引退。引退後は和歌山で悠々自適の隠居生活をしていたが、70年代に入り桂米朝によって和朗亭に出演、立体紙芝居を再び披露し始める。柳家三亀坊 フレッシュアイペディアより)

  • 軒付け

    軒付けから見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    橘ノ圓都が得意としていたのを、戦後、三代目桂米朝に伝わり、さらに二代目桂枝雀、桂文珍などによって演じられるようになった。現在ではあまり顧みられない浄瑠璃を主題としているが、筋の面白さや、面々の掛け合い漫才のような軽妙なやりとりなどが人気を集め現在でも通用するネタとなっている。軒付け フレッシュアイペディアより)

251件中 51 - 60件表示

「桂米朝」のニューストピックワード