290件中 61 - 70件表示
  • 持参金 (落語)

    持参金 (落語)から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    三代目桂米朝は初代桂南天から教わった。後に米朝から教わった立川談志が東京に移した。持参金 (落語) フレッシュアイペディアより)

  • 犬の目

    犬の目から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    主な演者に、東京の4代目橘家圓蔵、5代目三升家小勝らが知られるほか、漫談調の新作落語を得意とした初代林家三平が演じた音源が残る。上方では、橘ノ圓都が断片的に記憶していたものを3代目桂米朝が仕立て直した。犬の目 フレッシュアイペディアより)

  • 桂米治郎

    桂米治郎から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    生まれは京都、戦後の1949年10月、4代目桂米團治に入門。宝塚若手落語会に出演するなど活動していたが昭和30年代に引退。京都のアマチュアの落語会や特別な会に出演していた。『書割盗人』『口合根間』などの珍しいネタを後世に伝えた功績は大きい。なお師匠連から受け継いだ古い演出方法をそのまま演じていた。兄弟子には3代目桂米之助、人間国宝・3代目桂米朝がいる。桂米治郎 フレッシュアイペディアより)

  • 肝つぶし

    肝つぶしから見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    主な演者に上方の3代目桂米朝、2代目桂ざこば、東京の6代目三遊亭圓生などが知られる。肝つぶし フレッシュアイペディアより)

  • 試し酒

    試し酒から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    主な演者に、東京の7代目三笑亭可楽、5代目柳家小さん、4代目三遊亭金馬らが、上方の3代目桂米朝らが知られる。試し酒 フレッシュアイペディアより)

  • ザコバwith港超

    ザコバwith港超から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    ザコバと港超は関西を代表する落語家の桂ざこば、桂米朝に由来する。ザコバwith港超 フレッシュアイペディアより)

  • 京の茶漬け

    京の茶漬けから見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    短く軽いネタで、3代目桂米朝、3代目桂文我など多くの演者が高座にかけている。京の茶漬け フレッシュアイペディアより)

  • 新聞記事 (落語)

    新聞記事 (落語)から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    『新作和光寺』の題で上方の桂文屋が作ったもの。1906年(明治39年)4月8日の「桂派落語矯風会」で初演。のちに初代桂春團治が現在に伝わるクスグリの多くを加味して得意ネタとしたものが、スタンダードな演じ方の『阿弥陀池』として確立した。主な演者に3代目桂米朝、2代目桂枝雀、桂坊枝、3代目桂歌之助などがいる。新聞記事 (落語) フレッシュアイペディアより)

  • 開帳の雪隠

    開帳の雪隠から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    主な演者に、東京の6代目三遊亭圓生、上方の3代目桂米朝らが知られる。開帳の雪隠 フレッシュアイペディアより)

  • 景清 (落語)

    景清 (落語)から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    (以下は3代目桂米朝の口演をもとにしている)景清 (落語) フレッシュアイペディアより)

290件中 61 - 70件表示

「桂米朝」のニューストピックワード