251件中 61 - 70件表示
  • 桂米太郎

    桂米太郎から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    1970年4月に3代目桂米朝に入門。噺家になる前はコックをやっており、内弟子時代は料理などを振舞って師匠米朝に重宝された。広島県出身で訛りがあったため、あまり活動はしておらず、「岩田寄席」の世話役を引き受けるなど若手の指導に力を入れた。1982年に32歳で急死。桂米太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 桂音也

    桂音也から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    アナウンサーの落語研究会の発表会で、出番は最初の方が格上だと皆をだまして自分はトリをとった。ちなみにこの発表会には大師匠3代目桂米朝も聞きに来ていた。桂音也 フレッシュアイペディアより)

  • 創作落語会

    創作落語会から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    「一文笛」(作:中川清)演:3代目桂米朝創作落語会 フレッシュアイペディアより)

  • 桂塩鯛

    桂塩鯛から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    6代目笑福亭松鶴が、ざこば(当時:桂朝丸)に塩鯛襲名の話をしたことがあったが、師匠の3代目桂米朝が「わしの弟子の名前はわしが決める」と実現に至らなかった。桂塩鯛 フレッシュアイペディアより)

  • 桂歌之助 (2代目)

    桂歌之助 (2代目)から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    大阪府立大手前高等学校卒業後、建築科の大学を志すも2浪で失敗、子供の頃から好きだった落語家になるために1967年7月に千日劇場に出ていた桂米朝に入門し、桂扇朝を名乗る。1970年にトップホットシアターで初舞台。桂歌之助 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • 西都ハロー・ジロー

    西都ハロー・ジローから見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    米朝・上岡が語る昭和上方漫才」(単行本、朝日新聞社、2000年)西都ハロー・ジロー フレッシュアイペディアより)

  • 桂文我 (初代)

    桂文我 (初代)から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    『上方落語ノート』(桂米朝著、青蛙房、1978年)「上方芝居噺の特質」桂文我 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 宿屋仇

    宿屋仇から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    大阪では5代目笑福亭松鶴、3代目桂米朝が、東京では3代目桂三木助、5代目柳家小さんが得意とした。また、5代目古今亭志ん生は「甲子待」で演じていた。「甲子待」は60日に一度めぐってくる庚申(甲子)の宵に夜明かしをする中国の道教信仰を源流とした風習が背景にある。夜を徹して話をするうちに敵打ちの噺になる(ここでは山賊による殺人)江戸独自の演出である。現在は上方の演出が主流で、甲子待の演出はほとんど演じられていない。宿屋仇 フレッシュアイペディアより)

  • 桂宗助

    桂宗助から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    中学卒業後板前修業を積んだのち、1988年10月に3代目桂米朝に入門。最後の直弟子。高座名は「二番煎じ」の登場人物「宗助」から。翌1989年2月の京都東山安井金比羅会館での「桂米朝落語研究会」にて初舞台。昭和63年の同期入門の落語家で1993年から開いている「はやかぶの会」メンバー。桂宗助 フレッシュアイペディアより)

  • 曽呂利新左衛門

    曽呂利新左衛門から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    『上方落語ノート』(桂米朝著、青蛙房、1978年)「明治の上方新作落語」曽呂利新左衛門 フレッシュアイペディアより)

251件中 61 - 70件表示

「桂米朝」のニューストピックワード