251件中 71 - 80件表示
  • 桂米團治 (4代目)

    桂米團治 (4代目)から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    弟子の3代目桂米朝によると晩年はヒロポンの副作用に悩まされていたという。桂米團治 (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂吉朝

    桂吉朝から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    大阪府立今宮工業高等学校卒業後、1974年1月に3代目桂米朝に弟子入り。弟子入り当初から、高度な落語センスを持ち合わせており注目されていた。「七段目」「蛸芝居」「質屋芝居」などといった芝居噺を得意とし、「地獄八景亡者戯」以外にも「百年目」「愛宕山」「高津の冨」「千両蜜柑」などの師匠米朝ゆずりの大ネタに、現代のセンスに合った「くすぐり」を加え独自の世界を切り開き米団治系の後継者と言われていた。また「ふぐ鍋」「天災」「化け物使い」などの他の一門の持ちネタも自らの持ちネタとし、おもしろさだけでなく、こなせるネタの幅広さは当代一と噂されていた。桂吉朝 フレッシュアイペディアより)

  • 立花幸福・林美津江

    立花幸福・林美津江から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    米朝・上岡が語る昭和上方漫才」(単行本、朝日新聞社、2000年)立花幸福・林美津江 フレッシュアイペディアより)

  • 桂米八

    桂米八から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    1974年3月に3代目桂米朝に入門。1984年11月に芸能肥やしの為に曲独楽の伏見紫水に入門。現在は落語活動よりも曲独楽の活動が中心になっている。フリー米朝事務所系所属。桂米八 フレッシュアイペディアより)

  • 桂吉坊

    桂吉坊から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    大師匠である桂米朝宅での内弟子時代、その童顔から近所の店などでは米朝の孫と間違われた。桂吉坊 フレッシュアイペディアより)

  • 胴乱の幸助

    胴乱の幸助から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    胴乱の幸助(どうらんのこうすけ)は上方落語の演目の一つ。浄瑠璃(義太夫節)の素養がないと出来ない演目。世間知らずの真面目な男が引き起こすとんちんかんな騒動だが、聞き手に浄瑠璃の知識があれば倍楽しめる。オチから見て、時代背景は明治初期と思われる。上方では3代目桂米朝、2代目桂枝雀、3代目桂文我などが、東京では2代目桂小南が得意とした。近年では桂文珍が得意ネタにしている。胴乱の幸助 フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭志ん蔵

    三遊亭志ん蔵から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    1958年まで高座に出ていたが、のちに散歩中にスクーターに足を惹かれて骨折し高座を離れる。晩年は弟子もおらず身寄りがなく、大阪養老院で3代目桂米朝、3代目旭堂南陵に世話になる。三遊亭志ん蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 丑三つ亭

    丑三つ亭から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    主な出演者は宮根誠司(司会)、桂ざこば(判定人)、小佐田定雄(落語作家)、桂米朝(第1回目のみVTR)、林家染丸(第2回目のみ開会の辞)。丑三つ亭 フレッシュアイペディアより)

  • 桂枝雀

    桂枝雀から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    2代目 桂枝雀(1939年8月13日 - 1999年4月19日)は、3代目桂米朝門下。前名は10代目桂小米。本名: 前田達。享年59。桂枝雀 フレッシュアイペディアより)

  • 小佐田定雄

    小佐田定雄から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    中学生の頃に、桂米朝やSF作家の小松左京が出演する番組「題名のない番組」(ラジオ大阪)を聴いて落語に興味を持つ。関西学院大学法学部では古典芸能研究部に没頭。小佐田定雄 フレッシュアイペディアより)

251件中 71 - 80件表示

「桂米朝」のニューストピックワード