290件中 71 - 80件表示
  • はてなの茶碗

    はてなの茶碗から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    三代目桂米朝が、子供の頃にラジオから流れていた二代目桂三木助の口演の記憶をもとに戦後復活させた。はてなの茶碗 フレッシュアイペディアより)

  • 米沢彦八

    米沢彦八から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    その後、3代目桂米朝、6代目笑福亭松鶴らの復興活動により、1957年(昭和32年)には上方落語協会を設立するまでになった。そして1990年(平成2年)、米沢彦八の功績に敬意を表すため、かねてより建立を発案していた松鶴の5年忌に一門が遺志を継ぎ、松鶴の命日である9月5日に、上方落語協会の総意で生国魂神社に「彦八の碑」を建立。その翌年から、上方落語の伝統を身近な人々に広くアピールする目的で「彦八まつり」が開催されている。米沢彦八 フレッシュアイペディアより)

  • 親子茶屋

    親子茶屋から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    『親子茶屋』は上方特有の「お茶屋」を舞台とするいわゆる「茶屋噺」のひとつ。原話は、1767年(明和4年)の笑話本『友達ばなし』中の一編「中の町(なかのちょう)」。主な演者に3代目笑福亭福松、2代目立花家花橘、4代目桂米團治、3代目桂米朝、3代目桂春團治らがいる。とりわけ3代目春團治の口演は「演劇的な立体感のある世界を想像させる」と評された。さらに、歴代の桂米團治はこの噺を十八番ネタとしている。親子茶屋 フレッシュアイペディアより)

  • 鬼あざみ

    鬼あざみから見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    上方落語には、東京落語と比べ人情噺が少ないが、それでも『ざこ八』『立ちきれ線香』『大丸屋騒動』『しじみ売り』などの秀作が見られる。また『一文笛』(三代目桂米朝作)などの創作や東京から『淀五郎』を移植するなど人情噺を上方落語に根付かせる動きが見られる。鬼あざみ フレッシュアイペディアより)

  • 七段目

    七段目から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    なおサゲは、古い型では「七段目で(七段目の真似事をやっている時に)落ちたか」「いえ、てっぺんから」となっており、3代目桂米朝はこの型でサゲている。七段目 フレッシュアイペディアより)

  • 四段目

    四段目から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    上方で『蔵丁稚』として完成された演目が、明治以後になって東京に移植された。主な演者には、上方の三代目桂米朝、東京の八代目春風亭柳枝や二代目三遊亭円歌らがいる。四段目 フレッシュアイペディアより)

  • 質屋蔵

    質屋蔵から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    質屋蔵(しちやぐら)は古典落語の一つ。元々は上方落語の演目で、東京に移入された時期は不明。三代目桂米朝、六代目三遊亭圓生が得意とする。質屋蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 東五九童・松葉蝶子

    東五九童・松葉蝶子から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    米朝・上岡が語る昭和上方漫才」(単行本、朝日新聞社、2000年)東五九童・松葉蝶子 フレッシュアイペディアより)

  • 桂千朝

    桂千朝から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    1974年1月に3代目桂米朝に入門。同年4月の京都東山安井金比羅会館での「桂米朝落語研究会」にて初舞台。一時、経済的な理由で6年間廃業していた。米朝事務所所属。剣道2段。桂千朝 フレッシュアイペディアより)

  • 香川登志緒

    香川登志緒から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    幼いころに父を失い母一人で育てられた、子供のころは病弱で外で遊ぶのではなく自宅にいることが多く唯一の楽しみが家族でデパートや百貨店に行くことだった、そんな時に近所のおばさんに「成駒屋行くけど付いて来るか?」と言われてっきり百貨店行くものだと思い付いて行ったら中座の初代中村鴈治郎の芝居であった、それがきっかけで劇場や寄席に興味を持ち通いつめ初代中村鴈治郎、初代桂春團治、横山エンタツ・花菱アチャコなどの芸に親しみ、のちに桂米朝から「大阪の笑芸の古い話を聞きたい時は香川さんに」といわせるほどの、笑いについての知識を身につける。香川登志緒 フレッシュアイペディアより)

290件中 71 - 80件表示

「桂米朝」のニューストピックワード