290件中 81 - 90件表示
  • 胴乱の幸助

    胴乱の幸助から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    浄瑠璃の義太夫節を知らぬ真面目な男が引き起こす、とんちんかんな騒動を描いた噺。主な演者に上方の3代目桂米朝、2代目桂枝雀、3代目桂文我、桂文珍、東京において上方ネタを演じた2代目桂小南などがいる。胴乱の幸助 フレッシュアイペディアより)

  • 西都ハロー・ジロー

    西都ハロー・ジローから見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    米朝・上岡が語る昭和上方漫才」(単行本、朝日新聞社、2000年)西都ハロー・ジロー フレッシュアイペディアより)

  • 本能寺 (落語)

    本能寺 (落語)から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    長らく途絶えていたのを、3代目桂米朝が花柳芳兵衛(林芳男 元落語家初代桂小春団治)から伝授してもらって、1981年(昭和56年)に復活した。芝居のパロディーではなく、芝居そのものを演じなければならないため、芝居の素養がないと出来ない難しい噺である。なお、小佐田定雄と中川彰の調査でモデルの狂言は「三日太平記」(近松半二作)というのが定説となっている。本能寺 (落語) フレッシュアイペディアより)

  • 柳家三亀坊

    柳家三亀坊から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    戦時中は和歌山に疎開。戦後は歌謡歌手の小畑実、村田英雄、島倉千代子らと地方を回る。この頃はヴァイオリンを使った時事小唄、替え歌などで行なった。1960年ころに引退。引退後は和歌山で悠々自適の隠居生活をしていたが、70年代に入り桂米朝によって和朗亭に出演、立体紙芝居を再び披露し始める。柳家三亀坊 フレッシュアイペディアより)

  • 林家菊丸

    林家菊丸から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    『上方落語ノート』「明治の上方新作落語」p266-275(桂米朝著、青蛙房、1978年)林家菊丸 フレッシュアイペディアより)

  • 桂塩鯛

    桂塩鯛から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    6代目笑福亭松鶴が、ざこば(当時:桂朝丸)に塩鯛襲名の話をしたことがあったが、師匠の3代目桂米朝が「わしの弟子の名前はわしが決める」と実現に至らなかった。桂塩鯛 フレッシュアイペディアより)

  • 佐賀家喜昇・旭芳子

    佐賀家喜昇・旭芳子から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    また、放送に乗せられなかったのは、喜昇は自分の芸に時間の規制を設けられるのを嫌ったらしいこともある。晩年、桂米朝が司会をした朝日放送のテレビ番組の『和朗亭』に喜昇を招き出演させたことがある。尚1975年放送のNHKの「新日本紀行 浪華芸人横丁」でも初めてテレビ出演した時の取材の模様が残されている。佐賀家喜昇・旭芳子 フレッシュアイペディアより)

  • MAGMA30

    MAGMA30から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    報道特別番組「テレビこれから30年」(15日17:00〜/録画放送)…テレビの現状と未来を考えるシンポジウム。司会に桂米朝、パネラーに和田勉、黒木靖夫、桂三枝(現・六代目桂文枝)。MAGMA30 フレッシュアイペディアより)

  • 菊江の仏壇

    菊江の仏壇から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    元々は上方落語の演目で、主な演者としては、5代目笑福亭松鶴、5代目桂文枝や3代目桂米朝がいる。菊江の仏壇 フレッシュアイペディアより)

  • 笑福亭福松

    笑福亭福松から見た桂米朝 (3代目)桂米朝 (3代目)

    世襲の芸人にありがちのことだが、若年時から遊里に出入りし、父の弟子を顎で使うなど傲慢な振る舞いが多く、周囲の憎悪を買うこともしばしばあった。しかし、戦後の上方落語界にあっては生き字引的な存在として重きを成し、3代目桂米朝らに『地獄八景亡者戯』や『天狗さし』を始め、多くの貴重なネタを伝えたことで知られる。初代森乃福郎は直弟子にあたる。その他にも、親子2代わたり稽古を付けてもらった文の家恋しく(後に漫才に転じ文の家恋しく・たより)、文の家都枝・七五三、文の家文福、文の家速達らがいる。笑福亭福松 フレッシュアイペディアより)

290件中 81 - 90件表示

「桂米朝」のニューストピックワード