251件中 81 - 90件表示
  • 桂朝太郎

    桂朝太郎から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    学生時代に3代目桂米朝の「愛宕山」をラジオで聴いて落語家に憧れる。1965年4月に米朝に入門。初舞台は翌年の1966年に千日劇場であった。千日劇場閉鎖後は神戸松竹座などで修行。所属事務所は松竹芸能。上方落語協会会員。手品。バルーンアート、日本舞踊等を得意としており、自称「いろもん落語家(マジカル落語)」。マジックの師匠はジョニー広瀬。桂朝太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 味の招待席

    味の招待席から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    出演は、落語家で人間国宝の桂米朝(米朝が病気で休んだ際は桂小文枝〔後の五代目桂文枝〕が代わりに出演した)。スポンサーは、サントリーの1社提供であった。味の招待席 フレッシュアイペディアより)

  • 笑福亭福團治

    笑福亭福團治から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    『続・上方落語ノート』(桂米朝著、青蛙房、1985年)「笑福亭福團治」P71-79笑福亭福團治 フレッシュアイペディアより)

  • 桂右之助

    桂右之助から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    晩年、橘ノ圓都、3代目笑福亭福松、4代目桂文團治、初代桂南天等同様に精力的に3代目桂米朝、3代目桂春団治に落語を指導し古典落語の継承に努めた。桂右之助 フレッシュアイペディアより)

  • 本能寺 (落語)

    本能寺 (落語)から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    長らく途絶えていたのを、3代目桂米朝が花柳芳兵衛(林芳男 元落語家初代桂小春団治)から伝授してもらって、1981年(昭和56年)に復活した。芝居のパロディーではなく、芝居そのものを演じなければならないため、芝居の素養がないと出来ない難しい噺である。なお、小佐田定雄と中川彰の調査でモデルの狂言は「三日太平記」(近松半二作)というのが定説となっている。本能寺 (落語) フレッシュアイペディアより)

  • 笑福亭福松

    笑福亭福松から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    世襲の芸人にありがちのことだが、若年時から遊里に出入りし、父の弟子を顎で使うなど傲慢な振る舞いが多く、周囲の憎悪を買うこともしばしばあった。しかし、戦後の上方落語界にあっては生き字引的な存在として重きを成し、3代目桂米朝らに『地獄八景亡者戯』を始め、多くの貴重なネタを伝えたことで知られる。初代森乃福郎は直弟子にあたる。その他にも、親子2代わたり稽古を付けてもらった文の家恋しく(後に漫才に転じ文の家恋しく・たより)、文の家都枝・七五三、文の家文福、文の家速達らがいる。笑福亭福松 フレッシュアイペディアより)

  • 広沢瓢右衛門

    広沢瓢右衛門から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    父は床亭という名の理髪店を経営。尋常小学校を中退し堺東湊の床市という理髪店に修行。その頃兄が浪曲師になる。父も趣味で小屋を借りては浪曲師を集めては浪曲の会を開いていた。子供の頃から楽屋に出入りするようになり理髪店の修行の傍ら浪曲の会に出るようになる。13歳の時に先輩の浪曲師の勧めで理髪店を飛び出し浪曲に入る。1911年に広沢当円(または兄の広沢当昇の門下)の門下で広沢当瓢、1912年に広沢瓢右衛門と改名。浪曲師になってからは主に地方が多く、全国の一座を転々。一時半引退状態となり芙蓉軒麗花のマネージャー、雑貨屋、映画館、ストリップ劇場の経営などをやり生計を立てていた。第二次大戦後、3代目桂米朝、小沢昭一、永六輔等の勧めで復帰、80歳近くなって朝日放送の和朗亭に米朝の推薦で出演し人気を博す。テレビやラジオにも積極的に出演し、朝日放送で「悪声伝」題のドキュメンタリーも放送され本も出版された。広沢瓢右衛門 フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米紫

    桂米紫 (4代目)から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    南京都高等学校卒業後、桂都丸(現4代目桂塩鯛)に一番弟子として入門。桂とんぼの高座名で初舞台。人間国宝である3代目桂米朝の曾孫弟子、2代目桂ざこばの孫弟子。弟弟子に2代目桂鯛蔵 、桂小鯛らがいる。桂米紫 (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • 橘家圓三

    橘家圓三から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    広島県生まれ、大阪市旭区育ち。興國高校卒業、1967年4月、3代目林家染丸に入門、林家染和で初高座。染丸の死後の1968年6月に2代目笑福亭松之助門下に移り笑福亭つる松、明石家つる松。その後、橋本円三、扇屋円三を経て、1971年に橘ノ圓都門下に移り、橘家圓三を名乗る。圓都の死後の1972年8月に3代目桂米朝の預かり弟子となる。橘家圓三 フレッシュアイペディアより)

  • MAGMA30

    MAGMA30から見た桂米朝 (3代目)桂 米朝

    報道特別番組「テレビこれから30年」(15日17:00〜/録画放送)…テレビの現状と未来を考えるシンポジウム。司会に桂米朝、パネラーに和田勉、黒木靖夫、桂三枝(現・六代目桂文枝)。MAGMA30 フレッシュアイペディアより)

251件中 81 - 90件表示

「桂米朝」のニューストピックワード