前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
171件中 1 - 10件表示
  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た月亭可朝月亭 可朝

    語り口調は端正で上品。容姿も端麗で人気を博す。多くの弟子を育て、長男の5代目桂米團治もその一人。特に初期の弟子には月亭可朝、2代目桂枝雀、2代目桂ざこばなど自身の芸風とはかけ離れた異能派が並んでおり、かつては芸に厳しく怒鳴ったり、鉄拳なども出ることがあったが、近年は大きな包容力で一門を育て上げている。持ちネタは多数あるが、代表的なところでは自ら掘り起こした「地獄八景亡者戯」や「百年目」、自作に「淀の鯉」(中川清時代)や「一文笛」がある。中川絹子夫人は元OSSK(大阪松竹少女歌劇団、のちのOSK日本歌劇団)の「駒ひかる」である。なお、次男と三男は双子である(同じ「武庫之荘」に住んでた大村崑の息子とは同級生)。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た朝日放送

    1958年頃には朝日放送専属となり、放送タレントとしても、1960年代以降は、『ハイ!土曜日です』、『お笑いとんち袋』(関西テレビ)や『味の招待席』、『和朗亭』(朝日放送)など多数の番組に出演して大人気を博した。一方で、落語研究家としても活動を行い、一度滅んだ噺を文献から発掘したり、落語界の古老から聴き取り調査をして多数復活させている。彼によって復活した演目としては「算段の平兵衛」「風の神送り」「矢橋船」などがある。また上方文化の交流を深める「上方風流」を1963年から結成し「上方風流」を発行(1967年まで活動)。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た毎日放送

    特選!!米朝落語全集 (MBSテレビ・ラジオ桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た桂米團治 (5代目)桂 米團治

    語り口調は端正で上品。容姿も端麗で人気を博す。多くの弟子を育て、長男の5代目桂米團治もその一人。特に初期の弟子には月亭可朝、2代目桂枝雀、2代目桂ざこばなど自身の芸風とはかけ離れた異能派が並んでおり、かつては芸に厳しく怒鳴ったり、鉄拳なども出ることがあったが、近年は大きな包容力で一門を育て上げている。持ちネタは多数あるが、代表的なところでは自ら掘り起こした「地獄八景亡者戯」や「百年目」、自作に「淀の鯉」(中川清時代)や「一文笛」がある。中川絹子夫人は元OSSK(大阪松竹少女歌劇団、のちのOSK日本歌劇団)の「駒ひかる」である。なお、次男と三男は双子である(同じ「武庫之荘」に住んでた大村崑の息子とは同級生)。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た柳家小三治

    小三治(オフィス・シマ/ヒポコミュニケーションズ、2009年) ※10代目柳家小三治を追いかけたドキュメンタリー映画桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た坂田藤十郎 (4代目)

    4代目坂田藤十郎(中村扇雀時代からの付き合い)桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た桂雀々

    孫弟子:月亭八方・桂南光・桂雀三郎・桂雀々・桂塩鯛・桂吉弥など桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た桂南光 (3代目)桂 南光

    孫弟子:月亭八方・桂南光・桂雀三郎・桂雀々・桂塩鯛・桂吉弥など桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た月亭八光

    曾孫弟子:月亭八光・桂南天・桂米紫など桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た桂塩鯛 (4代目)桂 塩鯛

    孫弟子:月亭八方・桂南光・桂雀三郎・桂雀々・桂塩鯛・桂吉弥など桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
171件中 1 - 10件表示

「桂米朝」のニューストピックワード