198件中 111 - 120件表示
  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た肺炎

    2013年8月、肺炎のため入院。2015年3月19日午後7時41分、肺炎のため死去。満89歳没(享年91)。諡は、故中川清大人之命(こなかがわきよしうしのみこと)。4月17日に日本政府は、三代目米朝が上方落語界発展に尽くした功績を讃え、没日の3月19日に遡って従三位に追叙することを閣議決定した。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た長男

    多くの弟子を育て、長男の5代目桂米團治もその一人。特に初期の弟子には月亭可朝、2代目桂枝雀、2代目桂ざこばら異能派が多く、TVなどで売れっ子になっていった。むしろ後期の方に桂吉朝ら、師匠の端正な芸風の後継者と目される人材が多い。かつては芸に厳しく怒鳴ってはいたが、近年は大きな包容力で一門を育て上げた。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た文化功労者

    1987年4月29日、紫綬褒章を受章する。1988年には上方落語協会の選挙で一旦は会長に選出されたが、当時相談役に退いていた米朝は「いまさら会長になる気持ちはない」と辞退したため、「米朝会長」は幻に終わっている。四天王としては唯一、会長に就任していない。1996年、落語家では5代目柳家小さんに続き2人目、上方落語界では初の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。また、2002年11月3日には、演芸人として史上初の文化功労者顕彰を受ける。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見たOSK日本歌劇団

    1958年4月に元OSSK(大阪松竹少女歌劇団、のちのOSK日本歌劇団)の駒ひかると結婚。同年12月に長男(米團治)、1960年12月に次男・三男が誕生。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た道頓堀角座

    戎橋松竹で初舞台後、長年千土地興行(後の日本ドリーム観光)に所属し、千日劇場を本拠に道頓堀角座やうめだ花月に出演したが、1968年3月以降はフリーとなり、ホール落語、独演会、一門会を中心に活動するようになる。ラジオパーソナリティーを務めていた近畿放送の「天壇ゴールデンリクエスト」の縁で1966年7月16日、初の独演会「米朝 スポットショー」を京都府立勤労会館で開催、その流れで10月25日に現在でも続く桂米朝落語研究会をスタート。1974年、千土地時代の担当マネージャーを社長に据え芸能事務所米朝事務所を設立。現在一門の多くがここに所属する。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見たハイ!土曜日です

    1958年頃には朝日放送専属となり、放送タレントとしても、1960年代以降は、『ハイ!土曜日です』、『お笑いとんち袋』(関西テレビ)や『味の招待席』、『和朗亭』(朝日放送)など多数の番組に出演して大人気を博した。一方で、落語研究家としても活動を行い、文献から発掘したり落語界の古老から聴き取り調査をしたりして、一度滅んだ噺を多数復活させている。彼によって復活した演目としては「算段の平兵衛」「風の神送り」「矢橋船」などがある。また上方文化の交流を深める「上方風流」を1963年から結成し「上方風流」を発行(1967年まで活動)。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見たお笑いとんち袋

    1958年頃には朝日放送専属となり、放送タレントとしても、1960年代以降は、『ハイ!土曜日です』、『お笑いとんち袋』(関西テレビ)や『味の招待席』、『和朗亭』(朝日放送)など多数の番組に出演して大人気を博した。一方で、落語研究家としても活動を行い、文献から発掘したり落語界の古老から聴き取り調査をしたりして、一度滅んだ噺を多数復活させている。彼によって復活した演目としては「算段の平兵衛」「風の神送り」「矢橋船」などがある。また上方文化の交流を深める「上方風流」を1963年から結成し「上方風流」を発行(1967年まで活動)。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た旧制学校

    旧制姫路中学(現在の兵庫県立姫路西高等学校)卒業後、1943年、大東文化学院(現大東文化大学)進学のため上京。在学中、作家であり落語・寄席研究家でもある正岡容(蓉)主催の珍しい落語会を見たことを機に正岡に入門。正岡一門の一番弟子となった。正岡を通じ5代目笑福亭松鶴や、大阪の映画館主の息子であった矢倉悦夫と知り合いとなった。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た数え年

    2012年8月、数え年で米寿を記念してサンケイホールブリーゼで「米寿記念 米朝展」を開催。会では石黒浩が制作した米朝アンドロイドロボットが公開された。これは大阪大学の石黒浩(ロボット工学者)とスペシャル4Dクリエーターの遠藤慎也によって製作されたものである。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た従三位

    2013年8月、肺炎のため入院。2015年3月19日午後7時41分、肺炎のため死去。満89歳没(享年91)。諡は、故中川清大人之命(こなかがわきよしうしのみこと)。4月17日に日本政府は、三代目米朝が上方落語界発展に尽くした功績を讃え、没日の3月19日に遡って従三位に追叙することを閣議決定した。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

198件中 111 - 120件表示

「桂米朝」のニューストピックワード