198件中 131 - 140件表示
  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た紅梅亭

    1925年、関東州大連普蘭店(現中華人民共和国遼寧省大連市普蘭店区)に生まれた。4歳のころに奉天(現瀋陽)ヘ転居。実家は兵庫県姫路市の九所御霊天神社の神職であり、祖父の死去に伴い、父が1930年に実家を継承するために一家揃って姫路に帰郷した。米朝自身も上京前に周囲の勧めもあって神職の資格を取得しており、落語家になる前には実家の神社の禰宜(ねぎ)を務めたこともあったという。幼少時代から落語や浪曲に親しみ、父や演芸好きの叔父に連れられて西花月亭や南地花月にもよく通っていた。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た桂米朝座談

    桂米朝座談』(単行本、全2巻、豊田善敬・戸田学編、岩波書店、2005年12月 - 2006年1月)桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た戎橋松竹

    戎橋松竹で初舞台後、長年千土地興行(後の日本ドリーム観光)に所属し、千日劇場を本拠に道頓堀角座やうめだ花月に出演したが、1968年3月以降はフリーとなり、ホール落語、独演会、一門会を中心に活動するようになる。ラジオパーソナリティーを務めていた近畿放送の「天壇ゴールデンリクエスト」の縁で1966年7月16日、初の独演会「米朝 スポットショー」を京都府立勤労会館で開催、その流れで10月25日に現在でも続く桂米朝落語研究会をスタート。1974年、千土地時代の担当マネージャーを社長に据え芸能事務所米朝事務所を設立。現在一門の多くがここに所属する。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た百年目

    持ちネタは多数あるが、代表的なところでは自ら掘り起こした「地獄八景亡者戯」や「百年目」、自作に「淀の鯉」(中川清時代)や「一文笛」がある。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た尼崎市

    現代の落語界を代表する落語家の一人で、第二次世界大戦後滅びかけていた上方落語の継承、復興への功績から「上方落語中興の祖」と言われた。1996年(平成8年)に落語界から2人目の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定され、2009年(平成21年)には演芸界初の文化勲章受章者となった。1979年(昭和54年)に帝塚山学院大学の非常勤講師を務めた。所属は米朝事務所。尼崎市に住んだ。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た脳内出血

    2009年3月、医師から脳梗塞と診断され入院し、7月27日にも脳幹出血と診断され入院したが、いずれも軽度で済み、早期に活動復帰している。同年11月3日、演芸人として史上初の文化勲章受章者となった。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た和朗亭

    1958年頃には朝日放送専属となり、放送タレントとしても、1960年代以降は、『ハイ!土曜日です』、『お笑いとんち袋』(関西テレビ)や『味の招待席』、『和朗亭』(朝日放送)など多数の番組に出演して大人気を博した。一方で、落語研究家としても活動を行い、文献から発掘したり落語界の古老から聴き取り調査をしたりして、一度滅んだ噺を多数復活させている。彼によって復活した演目としては「算段の平兵衛」「風の神送り」「矢橋船」などがある。また上方文化の交流を深める「上方風流」を1963年から結成し「上方風流」を発行(1967年まで活動)。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見たいちばん太鼓

    いちばん太鼓(1985年) - 風間藤五郎 役桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た金沢亭

    1925年、関東州大連普蘭店(現中華人民共和国遼寧省大連市普蘭店区)に生まれた。4歳のころに奉天(現瀋陽)ヘ転居。実家は兵庫県姫路市の九所御霊天神社の神職であり、祖父の死去に伴い、父が1930年に実家を継承するために一家揃って姫路に帰郷した。米朝自身も上京前に周囲の勧めもあって神職の資格を取得しており、落語家になる前には実家の神社の禰宜(ねぎ)を務めたこともあったという。幼少時代から落語や浪曲に親しみ、父や演芸好きの叔父に連れられて西花月亭や南地花月にもよく通っていた。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た演芸

    現代の落語界を代表する落語家の一人で、第二次世界大戦後滅びかけていた上方落語の継承、復興への功績から「上方落語中興の祖」と言われた。1996年(平成8年)に落語界から2人目の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定され、2009年(平成21年)には演芸界初の文化勲章受章者となった。1979年(昭和54年)に帝塚山学院大学の非常勤講師を務めた。所属は米朝事務所。尼崎市に住んだ。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

198件中 131 - 140件表示

「桂米朝」のニューストピックワード