171件中 11 - 20件表示
  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た上岡龍太郎

    米朝・上岡が語る昭和上方漫才(単行本、上岡龍太郎との共著、朝日新聞社、2000年6月)桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た小松左京

    題名のない番組 (ラジオ大阪、小松左京と)桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た安藤鶴夫

    3代目の死後空名跡となっていた「桂三木助」の襲名を松本昇三(当時、朝日放送の社員)が発案し、香川登志緒(作家)、三田純市(作家)、そして米朝本人を加えて4人で食事の席を設け、そこで松本が襲名を提案した。3代目三木助の師匠であり落語芸術協会の会長であった6代目春風亭柳橋、陶酔した落語協会の8代目桂文楽、三木助未亡人と家族、席亭、安藤鶴夫、久保田万太郎、テレビ局関係者の承諾で襲名間近まで行ったが、文楽から「襲名披露は角座で行うこと」と条件があった。当時、米朝は千土地興行所属で、角座は松竹芸能が経営を行っていたため、柳橋と文楽を呼び寄せていろいろ話し合いがもたれたが、松本の朝日放送の退社などで計画は頓挫した。米朝自身は著書で「文楽さんにも私にも知らされていなかったが(中略)襲名を条件に私をある興行会社の専属にしようという計画だった」「三木助の名前で誘い込もうというのである。それを知った途端に私の思いは冷めた」と述べている。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た筒井康隆筒井 康隆

    対談 笑いの世界(単行本、筒井康隆との共著、朝日新聞社、2003年9月9日)桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た桂枝雀 (2代目)

    語り口調は端正で上品。容姿も端麗で人気を博す。多くの弟子を育て、長男の5代目桂米團治もその一人。特に初期の弟子には月亭可朝、2代目桂枝雀、2代目桂ざこばなど自身の芸風とはかけ離れた異能派が並んでおり、かつては芸に厳しく怒鳴ったり、鉄拳なども出ることがあったが、近年は大きな包容力で一門を育て上げている。持ちネタは多数あるが、代表的なところでは自ら掘り起こした「地獄八景亡者戯」や「百年目」、自作に「淀の鯉」(中川清時代)や「一文笛」がある。中川絹子夫人は元OSSK(大阪松竹少女歌劇団、のちのOSK日本歌劇団)の「駒ひかる」である。なお、次男と三男は双子である(同じ「武庫之荘」に住んでた大村崑の息子とは同級生)。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た桂吉弥桂 吉弥

    滅びた噺の復活や当時の時代背景、風俗、流行などの研究のために多種多様な古書や文書を収蔵した書庫を自宅に持つ(孫弟子の桂吉弥曰く「米朝文庫」)。特に演目の登場人物が取る仕草の研究に余念が無く、酒席でのほろ酔いと酩酊の演じ分け(酒肴の口の運び方、酒の注ぎ方など)から縫い物の糸切りの位置に至るまで、日常生活上のさり気ない動作に徹底的なリアリティを追求している。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た桂ざこば (2代目)桂 ざこば

    語り口調は端正で上品。容姿も端麗で人気を博す。多くの弟子を育て、長男の5代目桂米團治もその一人。特に初期の弟子には月亭可朝、2代目桂枝雀、2代目桂ざこばなど自身の芸風とはかけ離れた異能派が並んでおり、かつては芸に厳しく怒鳴ったり、鉄拳なども出ることがあったが、近年は大きな包容力で一門を育て上げている。持ちネタは多数あるが、代表的なところでは自ら掘り起こした「地獄八景亡者戯」や「百年目」、自作に「淀の鯉」(中川清時代)や「一文笛」がある。中川絹子夫人は元OSSK(大阪松竹少女歌劇団、のちのOSK日本歌劇団)の「駒ひかる」である。なお、次男と三男は双子である(同じ「武庫之荘」に住んでた大村崑の息子とは同級生)。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た関西テレビ放送

    1958年頃には朝日放送専属となり、放送タレントとしても、1960年代以降は、『ハイ!土曜日です』、『お笑いとんち袋』(関西テレビ)や『味の招待席』、『和朗亭』(朝日放送)など多数の番組に出演して大人気を博した。一方で、落語研究家としても活動を行い、一度滅んだ噺を文献から発掘したり、落語界の古老から聴き取り調査をして多数復活させている。彼によって復活した演目としては「算段の平兵衛」「風の神送り」「矢橋船」などがある。また上方文化の交流を深める「上方風流」を1963年から結成し「上方風流」を発行(1967年まで活動)。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た日本経済新聞社

    友あり駄句あり三十年―恥多き男づきあい春重ね(単行本、東京やなぎ句会編、日本経済新聞社、1999年3月)桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た歌舞伎座

    2002年の東京・歌舞伎座の口演を最後に一線を退く(2009年現在は落語会のよもやま噺やテレビ、ラジオ出演のみ)。11月3日、演芸人として史上初の文化功労者顕彰を受ける。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

171件中 11 - 20件表示

「桂米朝」のニューストピックワード