171件中 31 - 40件表示
  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た桂文楽 (8代目)

    3代目の死後空名跡となっていた「桂三木助」の襲名を松本昇三(当時、朝日放送の社員)が発案し、香川登志緒(作家)、三田純市(作家)、そして米朝本人を加えて4人で食事の席を設け、そこで松本が襲名を提案した。3代目三木助の師匠であり落語芸術協会の会長であった6代目春風亭柳橋、陶酔した落語協会の8代目桂文楽、三木助未亡人と家族、席亭、安藤鶴夫、久保田万太郎、テレビ局関係者の承諾で襲名間近まで行ったが、文楽から「襲名披露は角座で行うこと」と条件があった。当時、米朝は千土地興行所属で、角座は松竹芸能が経営を行っていたため、柳橋と文楽を呼び寄せていろいろ話し合いがもたれたが、松本の朝日放送の退社などで計画は頓挫した。米朝自身は著書で「文楽さんにも私にも知らされていなかったが(中略)襲名を条件に私をある興行会社の専属にしようという計画だった」「三木助の名前で誘い込もうというのである。それを知った途端に私の思いは冷めた」と述べている。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た桂すずめ

    弟子:月亭可朝・桂枝雀・桂ざこば・桂珍丸・桂吉朝・桂米團治・桂すずめ(女優:三林京子)など桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た橘ノ圓都

    1944年2月の応召直後病に倒れ、病院で終戦を迎えた。この頃、橘ノ圓都が慰問で病院に訪れ出会うことになる。大学には復学せず、神戸市で会社員となり一介の落語愛好家として落語会や素人落語の上演会を主催するなど、上方落語復興に力を入れていたが、矢倉が3代目桂米之助となったことが縁で後に師匠となる4代目桂米團治に教えを請う機会が生じた。この時に「高津の富」を教わる。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た上方噺家

    3代目桂 米朝(かつら べいちょう、1925年(大正14年)11月6日 - )は、旧関東州(満州)大連市生まれ、兵庫県姫路市出身の落語家(上方噺家)。本名、中川 清(なかがわ きよし)。出囃子は『三下り鞨鼓(三下りかっこ)』。俳号は「八十八(やそはち)」。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た月亭八方

    孫弟子:月亭八方・桂南光・桂雀三郎・桂雀々・桂塩鯛・桂吉弥など桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た桂吉朝

    弟子:月亭可朝・桂枝雀・桂ざこば・桂珍丸・桂吉朝・桂米團治・桂すずめ(女優:三林京子)など桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た藤岡琢也

    藤岡琢也(幼少の頃からの付き合いで小学校の後輩。手を繋いで遠足に行ったこともある)桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た桂三木助 (3代目)

    3代目の死後空名跡となっていた「桂三木助」の襲名を松本昇三(当時、朝日放送の社員)が発案し、香川登志緒(作家)、三田純市(作家)、そして米朝本人を加えて4人で食事の席を設け、そこで松本が襲名を提案した。3代目三木助の師匠であり落語芸術協会の会長であった6代目春風亭柳橋、陶酔した落語協会の8代目桂文楽、三木助未亡人と家族、席亭、安藤鶴夫、久保田万太郎、テレビ局関係者の承諾で襲名間近まで行ったが、文楽から「襲名披露は角座で行うこと」と条件があった。当時、米朝は千土地興行所属で、角座は松竹芸能が経営を行っていたため、柳橋と文楽を呼び寄せていろいろ話し合いがもたれたが、松本の朝日放送の退社などで計画は頓挫した。米朝自身は著書で「文楽さんにも私にも知らされていなかったが(中略)襲名を条件に私をある興行会社の専属にしようという計画だった」「三木助の名前で誘い込もうというのである。それを知った途端に私の思いは冷めた」と述べている。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た大村崑大村 崑

    語り口調は端正で上品。容姿も端麗で人気を博す。多くの弟子を育て、長男の5代目桂米團治もその一人。特に初期の弟子には月亭可朝、2代目桂枝雀、2代目桂ざこばなど自身の芸風とはかけ離れた異能派が並んでおり、かつては芸に厳しく怒鳴ったり、鉄拳なども出ることがあったが、近年は大きな包容力で一門を育て上げている。持ちネタは多数あるが、代表的なところでは自ら掘り起こした「地獄八景亡者戯」や「百年目」、自作に「淀の鯉」(中川清時代)や「一文笛」がある。中川絹子夫人は元OSSK(大阪松竹少女歌劇団、のちのOSK日本歌劇団)の「駒ひかる」である。なお、次男と三男は双子である(同じ「武庫之荘」に住んでた大村崑の息子とは同級生)。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た笑福亭松鶴 (6代目)

    入門当時には衰微を来たしていた上方落語の復興を願い、共に上方落語四天王と讃えられた6代目笑福亭松鶴、3代目桂小文枝(後の5代目桂文枝)、3代目桂春団治らと東奔西走して尽力した。現在の上方落語の隆盛は米朝・松鶴らの功績であるというのが衆目の一致する処である。一言に東奔西走といっても、地方においては昭和40年代(1965年 - 1974年)であってもなお、落語に対する理解は低く、米朝が高座に上がって落語を始めても、客からは「何を一人で喋ってるんだ? 遊んでないで早く落語を始めろ!」と野次が飛んでくる有様だった。地方ではテレビの『笑点』でやっている大喜利が落語であると、その程度の認識であり、その苦労は並大抵のものではなかったのである。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

171件中 31 - 40件表示

「桂米朝」のニューストピックワード