198件中 31 - 40件表示
  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た松竹

    喜劇 夫婦善哉(松竹、1968年) - 八掛見 役桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見たスタジオジブリ

    平成狸合戦ぽんぽこ(東宝/スタジオジブリ、1994年) - 6代目金長 役 唯一の声優としての活動桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見たポプラ社

    『落語と私』二俣英五郎絵 ポプラ社 ポプラ・ブックス 1975 文春文庫、1986桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た小佐田定雄

    『米朝らくごの舞台裏』小佐田定雄著 筑摩書房 2015年4月 ISBN-10: 4480068260桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た石黒浩

    2012年8月、数え年で米寿を記念してサンケイホールブリーゼで「米寿記念 米朝展」を開催。会では石黒浩が制作した米朝アンドロイドロボットが公開された。これは大阪大学の石黒浩(ロボット工学者)とスペシャル4Dクリエーターの遠藤慎也によって製作されたものである。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た遼寧省

    1925年、関東州大連普蘭店(現中華人民共和国遼寧省大連市普蘭店区)に生まれた。4歳のころに奉天(現瀋陽)ヘ転居。実家は兵庫県姫路市の九所御霊天神社の神職であり、祖父の死去に伴い、父が1930年に実家を継承するために一家揃って姫路に帰郷した。米朝自身も上京前に周囲の勧めもあって神職の資格を取得しており、落語家になる前には実家の神社の禰宜(ねぎ)を務めたこともあったという。幼少時代から落語や浪曲に親しみ、父や演芸好きの叔父に連れられて西花月亭や南地花月にもよく通っていた。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た大東文化大学

    旧制姫路中学(現在の兵庫県立姫路西高等学校)卒業後、1943年、大東文化学院(現大東文化大学)進学のため上京。在学中、作家であり落語・寄席研究家でもある正岡容(蓉)主催の珍しい落語会を見たことを機に正岡に入門。正岡一門の一番弟子となった。正岡を通じ5代目笑福亭松鶴や、大阪の映画館主の息子であった矢倉悦夫と知り合いとなった。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た姫路市

    3代目桂 米朝(かつら べいちょう、1925年(大正14年)11月6日 - 2015年(平成27年)3月19日)は、旧関東州(満州)大連市生まれ、兵庫県姫路市出身の落語家。本名、中川 清(なかがわ きよし)。出囃子は『三下り鞨鼓』、『都囃子』。俳号は「八十八」(やそはち)。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た2009年

    現代の落語界を代表する落語家の一人で、第二次世界大戦後滅びかけていた上方落語の継承、復興への功績から「上方落語中興の祖」と言われた。1996年(平成8年)に落語界から2人目の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定され、2009年(平成21年)には演芸界初の文化勲章受章者となった。1979年(昭和54年)に帝塚山学院大学の非常勤講師を務めた。所属は米朝事務所。尼崎市に住んだ。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た紫綬褒章

    1987年4月29日、紫綬褒章を受章する。1988年には上方落語協会の選挙で一旦は会長に選出されたが、当時相談役に退いていた米朝は「いまさら会長になる気持ちはない」と辞退したため、「米朝会長」は幻に終わっている。四天王としては唯一、会長に就任していない。1996年、落語家では5代目柳家小さんに続き2人目、上方落語界では初の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。また、2002年11月3日には、演芸人として史上初の文化功労者顕彰を受ける。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

198件中 31 - 40件表示

「桂米朝」のニューストピックワード