171件中 51 - 60件表示
  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た桂雀三郎桂 雀三郎

    孫弟子:月亭八方・桂南光・桂雀三郎・桂雀々・桂塩鯛・桂吉弥など桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た笑福亭松鶴 (5代目)

    旧制姫路中学(現在の兵庫県立姫路西高等学校)卒業後、1943年、大東文化学院(現大東文化大学)進学のため上京。在学中、作家であり落語・寄席研究家でもある正岡容(蓉)(まさおか いるる)主催の珍しい落語会を見たことを機に正岡に入門。正岡一門の一番弟子となった。正岡を通じ5代目笑福亭松鶴や、大阪の映画館主の息子であった矢倉悦夫と知り合いとなった。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た桂三木助

    3代目の死後空名跡となっていた「桂三木助」の襲名を松本昇三(当時、朝日放送の社員)が発案し、香川登志緒(作家)、三田純市(作家)、そして米朝本人を加えて4人で食事の席を設け、そこで松本が襲名を提案した。3代目三木助の師匠であり落語芸術協会の会長であった6代目春風亭柳橋、陶酔した落語協会の8代目桂文楽、三木助未亡人と家族、席亭、安藤鶴夫、久保田万太郎、テレビ局関係者の承諾で襲名間近まで行ったが、文楽から「襲名披露は角座で行うこと」と条件があった。当時、米朝は千土地興行所属で、角座は松竹芸能が経営を行っていたため、柳橋と文楽を呼び寄せていろいろ話し合いがもたれたが、松本の朝日放送の退社などで計画は頓挫した。米朝自身は著書で「文楽さんにも私にも知らされていなかったが(中略)襲名を条件に私をある興行会社の専属にしようという計画だった」「三木助の名前で誘い込もうというのである。それを知った途端に私の思いは冷めた」と述べている。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た桂米紫 (4代目)桂 米紫

    曾孫弟子:月亭八光・桂南天・桂米紫など桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た日本ドリーム観光

    戎橋松竹で初舞台後、長年千土地興行(後の日本ドリーム観光)に所属し、千日劇場を本拠に道頓堀角座やうめだ花月に出演したが、1968年3月以降はフリーとなり、ホール落語、独演会、一門会を中心に活動するようになる。1974年、千土地時代の担当マネージャーを社長に据え芸能事務所米朝事務所を設立。現在一門の多くがここに所属する。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た淡交社

    一芸一談(単行本、淡交社、1991年2月)桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た桑原征平

    弟子:月亭可朝・桂枝雀・桂ざこば・桂珍丸・桂吉朝・桂米團治・桂すずめ(女優:三林京子)など桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た内弟子

    やがて師・正岡の「いまや伝統ある上方落語は消滅の危機にある。復興に貴公の生命をかけろ」との言葉を受け、本格的に落語家を志すようになり、1947年9月に会社勤めをしながら米團治に入門。3代目桂米朝を名乗る。一旦勤めを辞め米團治宅の内弟子となるものの親戚から叱責を受け、姫路市内の郵便局員として1年ほど勤務した。その後、師・米團治の死に遭い、落語のみに精進する事を決意する。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た小佐田定雄

    桂米朝 噺の世界(写真集、宮崎金次郎撮影、小佐田定雄著、向陽書房、2002年4月、ISBN 4-906108-46-6)桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂 米朝

    桂米朝 (3代目)から見た吉田文雀

    吉田文雀(文楽の人形遣い、戦後間もないときからの付き合い)桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

171件中 51 - 60件表示

「桂米朝」のニューストピックワード