198件中 71 - 80件表示
  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た桑原征平

    弟子:月亭可朝・桂枝雀・桂ざこば・桂珍丸・桂吉朝・桂米團治・桂すずめ(女優:三林京子)など桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た戸田学

    『桂米朝集成 上方落語』(全4巻、豊田善敬・戸田学編、岩波書店、2004年11月 - 2005年2月)桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た鈴木美智子

    米朝・美智子のほろ宵ばなし (ABCラジオ、鈴木美智子と)桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た田島征彦

    じごくのそうべえ - 桂米朝・上方落語・地獄八景より(童心社、田島征彦作・絵、1978年1月、ISBN 4-494-01203-3)桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た松本昇三

    3代目の死後空名跡となっていた「桂三木助」の襲名を松本昇三(当時、朝日放送の社員)が発案し、香川登志緒(作家)、三田純市(作家)、そして米朝本人を加えて4人で食事の席を設け、そこで松本が襲名を提案した。3代目三木助の師匠であり落語芸術協会の会長であった6代目春風亭柳橋、3代目が陶酔していた落語協会の8代目桂文楽、三木助未亡人と家族、席亭、安藤鶴夫、久保田万太郎、テレビ局関係者の承諾で襲名間近まで行ったが、文楽から「襲名披露は角座で行うこと」と条件があった。当時、米朝は千土地興行所属であり、千土地と松竹との関係から角座にも定期的に出演はしていたが、原則として角座は松竹芸能が芸人の配給や番組の編成を取り仕切っていた。角座で襲名披露を行うということは、移籍することが必須条件であった。このため、柳橋と文楽を呼び寄せていろいろ話し合いがもたれたが、松本の朝日放送の退社などで計画は頓挫した。米朝自身は著書で「文楽さんにも私にも知らされていなかったが(中略)襲名を条件に私をある興行会社の専属にしようという計画だった」「三木助の名前で誘い込もうというのである。それを知った途端に私の思いは冷めた」と述べている。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た矢野誠一

    1967年5月2日、矢野誠一の企画で東京で初の独演会「桂米朝 上方落語の会」紀伊國屋ホールで開催。この会には安藤鶴夫、小沢昭一、永六輔、立川談志ら著名人も会場に駆け付けた。この会がきっかけで米朝の名が東京でも知られるようになる。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た吉田文雀

    吉田文雀(文楽の人形遣い、戦後間もないときからの付き合い)桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た久保田万太郎

    3代目の死後空名跡となっていた「桂三木助」の襲名を松本昇三(当時、朝日放送の社員)が発案し、香川登志緒(作家)、三田純市(作家)、そして米朝本人を加えて4人で食事の席を設け、そこで松本が襲名を提案した。3代目三木助の師匠であり落語芸術協会の会長であった6代目春風亭柳橋、3代目が陶酔していた落語協会の8代目桂文楽、三木助未亡人と家族、席亭、安藤鶴夫、久保田万太郎、テレビ局関係者の承諾で襲名間近まで行ったが、文楽から「襲名披露は角座で行うこと」と条件があった。当時、米朝は千土地興行所属であり、千土地と松竹との関係から角座にも定期的に出演はしていたが、原則として角座は松竹芸能が芸人の配給や番組の編成を取り仕切っていた。角座で襲名披露を行うということは、移籍することが必須条件であった。このため、柳橋と文楽を呼び寄せていろいろ話し合いがもたれたが、松本の朝日放送の退社などで計画は頓挫した。米朝自身は著書で「文楽さんにも私にも知らされていなかったが(中略)襲名を条件に私をある興行会社の専属にしようという計画だった」「三木助の名前で誘い込もうというのである。それを知った途端に私の思いは冷めた」と述べている。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見た中村扇雀

    四代目坂田藤十郎(二代目中村扇雀を名乗っていた頃からの付き合い)桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

  • 桂米朝 (3代目)

    桂米朝 (3代目)から見たロボット

    2012年8月、数え年で米寿を記念してサンケイホールブリーゼで「米寿記念 米朝展」を開催。会では石黒浩が制作した米朝アンドロイドロボットが公開された。これは大阪大学の石黒浩(ロボット工学者)とスペシャル4Dクリエーターの遠藤慎也によって製作されたものである。桂米朝 (3代目) フレッシュアイペディアより)

198件中 71 - 80件表示

「桂米朝」のニューストピックワード