桐山国由 ニュース&Wiki etc.

桐山部屋(きりやまべや)は日本相撲協会にかつて存在した相撲部屋。1995年創設。 (出典:Wikipedia)

「桐山国由」最新ニュース

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「桐山部屋」のつながり調べ

  • 黒瀬川國行

    黒瀬川國行から見た桐山部屋

    1995年に元関脇・高鐵山の大鳴戸親方が廃業したことにより、大鳴戸部屋の所属力士が宙ぶらりんになりかけた。この状況から11代大鳴戸に打診された形で、20代桐山が伊勢ヶ濱部屋から独立して急遽、桐山部屋を創設し、大鳴戸部屋の力士を引き取ることになったが、この時の独立の経緯から師匠である伊勢ヶ濱親方(元大関・清國)と不仲になったとされている。2000年には元前頭・清の盛の木瀬親方が停年(定年)を迎えたため、木瀬部屋(元肥後ノ海が興した部屋とは別系統)を吸収合併。(黒瀬川國行 フレッシュアイペディアより)

  • 大鳴戸部屋

    大鳴戸部屋から見た桐山部屋

    再出発した大鳴戸部屋は、実業団相撲のホープ板井圭介が入門して間もなく幕内に昇進し、小結を務めるなど幕内に定着して活躍した。また、板井よりも先に入門していた維新力も十両に昇進した。しかし、板井は引退後協会に残れず、維新力がプロレスに転向した1990年以降は関取のいない状態が続いた。自身の借金問題などもあり1995年(平成7年)1月に11代大鳴戸は廃業し、行司の式守修一郎(現・6代目式守鬼一郎)を含む弟子達は元小結黒瀬川の桐山部屋に移って部屋を閉じた。(大鳴戸部屋 フレッシュアイペディアより)

「桐山部屋」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「桐山国由」のニューストピックワード