35件中 11 - 20件表示
  • 鬼嵐力

    鬼嵐力から見た桐山部屋桐山部屋

    朝日山部屋生え抜きの外国出身力士はそれまで8名いたが、関取に昇進した力士は鬼嵐が初めて。他の部屋から移籍してきた力士を含めると、桐山部屋から移籍してきた幕内・?瀬川(モンゴル出身)がいるが、大相撲八百長問題が発生し本場所を迎えないまま引退しているため(2011年5月技量審査場所順席には名前が残っている)、場所に出場した力士は鬼嵐が初めてだった。鬼嵐力 フレッシュアイペディアより)

  • 荒角金太郎

    荒角金太郎から見た桐山部屋桐山部屋

    荒角 金太郎(あらかど きんたろう、生年不明 - 1882年(明治15年)9月21日)は、桐山部屋に所属した元力士。荒角金太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 式守勘太夫 (9代)

    式守勘太夫 (9代)から見た桐山部屋桐山部屋

    9代式守 勘太夫(しきもり かんだゆう、本名:三浦 国男、1942年8月17日 - )は大相撲の元三役格行司。伊勢ヶ濱部屋→桐山部屋所属。式守勘太夫 (9代) フレッシュアイペディアより)

  • 照瀬川邦昭

    照瀬川邦昭から見た桐山部屋桐山部屋

    照瀬川 邦昭(てるせがわ くにあき、1979年7月5日 - )は、大相撲の桐山部屋に所属していた元大相撲力士。本名・正代 邦明(しょうだい くにあき)。熊本県熊本市二本木出身。身長177cm、体重127kg。血液型はB型。得意手は右四つ、寄り、押し。最高位は東幕下43枚目。現在は警視庁巡査。照瀬川邦昭 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴川健吉

    鶴川健吉から見た桐山部屋桐山部屋

    都立高校を中退し、大相撲の行司として桐山部屋に入門。1998年に式守健太として初土俵。2001年には、序二段格に昇進。2002年2月に引退し進学。2007年、大阪芸術大学芸術計画学科を卒業。その後、温泉旅館などで働き、2010年、鶴川建名義で応募した「乾燥腕」で第110回文學界新人賞を受賞。受賞を機にペンネームを鶴川健吉に改めた。2013年、「すなまわり」で第149回芥川賞候補。鶴川健吉 フレッシュアイペディアより)

  • 式守鬼一郎

    式守鬼一郎から見た桐山部屋桐山部屋

    6代 旧名は式守脩。2006年3月の十両格昇進と同時に鬼一郎を襲名した。本名は和智修。大鳴戸部屋に入門し、桐山部屋へ移籍した後、現在は追手風部屋に所属。式守鬼一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 宮城野馬五郎

    宮城野馬五郎から見た桐山部屋桐山部屋

    宮城野馬五郎 (1793年生) - 桐山部屋、小野川部屋に所属した関脇・荒馬大五郎が、2代宮城野となってからの名乗り。宮城野馬五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 照櫻弘行

    照櫻弘行から見た桐山部屋桐山部屋

    日本相撲協会では、地方場所部委員(大阪場所担当)、指導普及部委員などを歴任。また、伊勢ヶ濱部屋から桐山部屋→朝日山部屋と所属部屋を変え(いずれも、立浪・伊勢ヶ濱連合関連の部屋である)、2012年12月の停年退職まで長く後進の指導に当たった。照櫻弘行 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢ヶ濱部屋 (1929-2007)

    伊勢ヶ濱部屋 (1929-2007)から見た桐山部屋桐山部屋

    2006年11月に7代が定年退職を迎えたため、部屋付き親方である10代若藤(元幕内・和晃)が8代伊勢ヶ濱を襲名して部屋を継承した。8代自身も2007年8月に定年を迎えるため、直ちに一門内外からの後継者擁立を進めていたものの、2007年1月場所後に後継者擁立を断念し、同時に部屋を閉鎖した。8代は所属力士2人・世話人1人と共に桐山部屋へ、行司1人は高島部屋へ移籍した。この旧・伊勢ヶ濱部屋からは木瀬部屋(旧・木瀬部屋)と桐山部屋が分家独立を果たしたほか、1997年5月には旧・伊勢ヶ濱部屋の部屋付き親方である13代楯山(元大関・大受)が18代朝日山を襲名して朝日山部屋を継承している。伊勢ヶ濱部屋 (1929-2007) フレッシュアイペディアより)

  • 龍帝衛福

    龍帝衛福から見た桐山部屋桐山部屋

    二所ノ関部屋(関脇・金剛)初の外国出身力士として来日し、入門。2004年3月場所で初土俵を踏む。四股名は「龍帝」。同期入門には幕下付出入門の大岩戸、高見藤や、木村山、磋牙司、里山、白乃波、益荒海、出羽鳳らがいる他、同じ中国出身の真鶴も伊勢ヶ濱部屋(のち桐山部屋を経て現在は朝日山部屋)に入門している。龍帝衛福 フレッシュアイペディアより)

35件中 11 - 20件表示

「桐山国由」のニューストピックワード