29件中 11 - 20件表示
  • 清の盛政夫

    清の盛政夫から見た桐山部屋桐山部屋

    1967年5月場所に引退後は岳父から木瀬部屋を継承し、小結青葉山、十両天剛山を育てた。真面目で事務能力に長けているため、1996年からは協会理事も務めた。2000年4月定年退職。退職前に部屋の所属力士は黒瀬川の桐山部屋に移籍した。その後、出羽海一門の肥後ノ海が木瀬部屋を再興したが、部屋としての連続性はない。しかし、名跡を譲った肥後ノ海とは交流があり、断髪式にも参加した。清の盛政夫 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢ヶ濱一門

    伊勢ヶ濱一門から見た桐山部屋桐山部屋

    桐山部屋(親方は伊勢ヶ濱部屋所属だったが、部屋の力士たちは大鳴戸からの継承・朝日山部屋に吸収)伊勢ヶ濱一門 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の相撲

    2009年の相撲から見た桐山部屋桐山部屋

    ?瀬川正直(桐山部屋 モンゴル・ウランバートル出身) - 7戦全勝2009年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見た桐山部屋桐山部屋

    ?瀬川正直(桐山部屋モンゴル・ウランバートル出身) - 7戦全勝2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 照櫻弘行

    照櫻弘行から見た桐山部屋桐山部屋

    引退後は、地方場所部委員(大阪場所担当)、指導普及部委員などを務めた他、伊勢ヶ濱部屋から桐山部屋、朝日山部屋と所属部屋を転籍し、2012年12月の停年(定年)退職まで長く後進の指導に当たった。照櫻弘行 フレッシュアイペディアより)

  • 大鳴戸部屋

    大鳴戸部屋から見た桐山部屋桐山部屋

    再出発した大鳴戸部屋は、実業団相撲のホープ板井圭介が入門して間もなく幕内に昇進し、小結を務めるなど幕内に定着して活躍した。また、板井よりも先に入門していた維新力も十両に昇進した。しかし、板井は引退後協会に残れず、維新力がプロレスに転向した1990年以降は関取のいない状態が続いた。自身の借金問題などもあり1995年(平成7年)1月に11代大鳴戸は廃業し、行司の式守修一郎(現・6代目式守鬼一郎)を含む弟子達は元小結黒瀬川の桐山部屋に移って部屋を閉じた。大鳴戸部屋 フレッシュアイペディアより)

  • マービンJr.

    マービンJr.から見た桐山部屋桐山部屋

    2006年(平成18年)1月場所に初土俵を踏み、3戦3勝で一番出世を果たす。翌3月場所は6勝1敗で序ノ口を1場所で通過、5月場所は7戦全勝で序二段優勝決定戦に進出するが武蔵川部屋の山崎に敗れ初優勝はならなかった。三段目に昇進した7月場所は全休で序二段に陥落するが、9月場所は6勝1敗で再び三段目に昇進。11月場所は7戦全勝で優勝決定戦に進出するが、後に入幕を果たす桐山部屋の徳瀬川に敗れまたも初優勝を逃した。髪の癖が強く2006年の後半から2007年1月場所の途中にかけては、いわゆる「ボンバーヘッド」になっていて(若い頃の小錦も同様)インパクト大だった。2008年(平成20年)10月1日、心臓の病気のため2008年9月場所限りで引退することが日本相撲協会から発表された。マービンJr. フレッシュアイペディアより)

  • 龍帝衛福

    龍帝衛福から見た桐山部屋桐山部屋

    二所ノ関部屋(関脇・金剛)初の外国出身力士として来日し、入門。2004年3月場所で初土俵を踏む。四股名は「龍帝」。同期入門には幕下付出入門の大岩戸、高見藤や、木村山、磋牙司、里山、白乃波、益荒海、出羽鳳らがいる他、同じ中国出身の真鶴も伊勢ヶ濱部屋(のち桐山部屋を経て現在は朝日山部屋)に入門している。龍帝衛福 フレッシュアイペディアより)

  • 一門 (相撲)

    一門 (相撲)から見た桐山部屋桐山部屋

    この一門は長らく立浪系の他に、楯山部屋出身の関脇・清瀬川を祖とする伊勢ヶ濱系、若松部屋出身の前頭・八甲山を祖とする高島系、大坂相撲の名門で後に東京相撲に合流した朝日山系の4系統からなっていたが、2011年1月に伊勢ヶ濱系最後の部屋であった桐山部屋(小結・黒瀬川)が朝日山系の朝日山部屋(大関・大受)に吸収される形で消滅したため、現在は3系統である。一門 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 木瀬部屋

    木瀬部屋から見た桐山部屋桐山部屋

    9代木瀬は伊勢ヶ濱部屋の所属力士で自身の娘婿となった幕内・清の盛が1967年5月場所で引退した際に年寄名跡・木瀬を清の盛に譲渡して自身は廃業し、清の盛は10代木瀬を襲名して木瀬部屋を継承した。その後、9代木瀬は相撲練成道場の運営に戻り、さらに居合道の道場を興している。10代木瀬は小結・青葉山、十両・天剛山といった関取や、相撲甚句の名手として知られた幕下・大納川を育てた。2000年4月に10代木瀬が定年退職を迎えるため、その直前となる同年2月に部屋は閉鎖され、所属力士は桐山部屋へと移籍した。木瀬部屋 フレッシュアイペディアより)

29件中 11 - 20件表示

「桐山国由」のニューストピックワード